三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

久々の予選通過(小橋絵利子プロの現状)

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯は、富山県の小杉カントリークラブ(6,605Y Par72) で昨日予選第2日目が行われ、応援している小橋絵利子プロは通算1アンダー29位タイで、3試合ぶりの予選通過を果たしました。


今年、小橋プロはLPGAツアーに25試合に出場していますが、予選通過はこれまで7試合に留まり、獲得賞金額は4,753,500円で賞金ランキングは91位という状況です。


今年の前半はQTランキング17位という資格で参戦しましたが、6月末のアースモンダミンカップ終了後のリランキングでは46位に下がり、現在はそのリランキングの資格により出場資格を得ている状況です。


今年からLPGAツアーにはリランキング制度が取り入れられ、6月までの17試合はQTランキングにより出場資格が与えられますが、7月から9月末までの13試合は今年の賞金獲得額によるリランキングの上位者が優先出場資格となり、そして9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン終了後に2回目のリランキングが行われ、10月からの7試合の優先出場資格が見直されます。


これまでLPGAツアーへの出場は、シード獲得者は年間を通じて出場資格が与えられますが、シードを逃した選手はQT(クオリファイトーナメント)へ出場してその結果によるQTランキングが決まり、そのQTランキングにより優先出場資格が年間を通じて与えられていました。


しかし今年から制度改正が行われ、シード選手への年間出場資格は変わりませんが、前年のシードを逃した選手は6月までの優先出場資格はQTランキングにより決まり、7月~9月は第1回リランキングの順位、10月以降は第2回リランキングによる順位で優先出場権が得られるようになったのです。


小橋プロは6月までのツアーにはQT17位の資格で参戦していましたが、7月以降はリランキング46位という資格で参戦しています。
LPGAツアーは試合ごとに出場者数は若干異なりますが、ほぼ110名程度の出場枠があり、うち50人がシード選手であり、残りにアマチュア枠があったり主催者推薦枠や予選会の出場枠などがありますが、ほぼQT順位の50位以内だと出場できる計算です。


そのため、今年はほとんどの大会に出場できていますが、第2回目のリランキングへ向けての暫定順位は43位なので、10月以降の大会に出場するためには出場できる試合での予選通過はとても重要になります。


賞金シード枠の50位との賞金額差はこの大会前まで1,100万円ほどあり、このままでの賞金シード入りは絶望的ですが、試合に出場できていれば優勝のチャンスは誰でもあるのです。
優勝できればその大会以降の1年間の出場資格が得られるし、例えば今大会で2位に入れば1,760万円(優勝は3,600万円)の賞金が獲得でき、一気に賞金シード枠に滑り込むことも可能なのです。


そのチャンスを得るためにも、第2回目のリランキングで上位に入ることは必須だといえます。その意味で、賞金額が高い今大会での予選通過は大きく、今日と明日でスコアを伸ばして1つでも順位を上げてもらいたいところです。


スカイAの生中継で、久しぶりに小橋プロのティーショットが写りました。残念ながら左ラフに打ち込んでしまいましたが、このホールはパーで凌げたようです。
2番でバーディーが来ましたが、3番でボギーを打ち、通算スコアは変わらないものの29位タイから31位タイに順位は落としています。
決勝ラウンドで上位に入るためには、スコアを伸ばすことが重要ですが、周りが伸ばす中で焦って攻めるとスコアを崩すことに繋がります。
小橋プロの持ち味である堅実なゴルフを展開してもらいたいものです。


解説者の情報によればコーチを新しく付けたような話もありますが、3試合ぶりの予選通過はその効果なのかもしれません。
予選を通過できたこれまでの7試合のうち3試合が、実はこの1か月間の大会というのも今後に期待が持てるところです。
一時のどん底の状態は抜けたのかもしれませんが、まだまだ不安定な状況には変わりがないようです。
まずは9月末のリランキングに向けて、この大会で少しでも上位に食い込み、獲得賞金額を上積みできるよう頑張ってほしいものです。


頑張れ!小橋絵利子プロ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。