三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

今日はお得なラウンド(新千歳カントリークラブ)

今日は楽天の1人予約で、「1人目誰でも無料」のプランで新千歳CCを予約していたら3人の応募があり、幸運にも無料(税金など430円は必要)でラウンドできました。


同伴者は地元の方と神奈川から来たというお二人です。
途中からキタキツネが付いて回り、餌をねだろうとしていましたが、残念ながら餌やりは禁止のようです。

ここはPGMのコースですが、北隣に同系列のグレート札幌CCがあり、また南隣には千歳CCという紛らわしい名称のゴルフ場もあるので、間違えないようしっかり確認して8時前には到着しました。


今日はコンペが入っているようで、たくさんの来場者がいましたが、ここには2つのコース(オリカコースとハマナスコース)があるため、ラウンド中は全く混んでなく、8時45分スタートでしたが順調にお昼過ぎにはラウンドは終了しました。

コースは適度のアップダウンがあり、強風のためクラブ選択が難しかったのですが、大叩きが幸いなく、それなりにスコアメークができました。

ただ決めたい距離のパーパットを今日は全く決めれず、5番から8番まで連続ボギーにしたことは反省点です。
全てパーが取れてもおかしくないカラーからの寄せのパットがことごとく弱く、丁寧に行こうという消極的な意識が災いしたようです。


幸い、11番のロングとティーショットを右に曲げた1番でパーオンして1mと4m入れてバーディーが来ましたが、それ以外は2mほどの入れたいパーパットを外しまくるという内容でした。


ドライバーショットを含むティーショットは、1番以外はほとんどがフェアウェーヒットでき、セカンドもほぼグリーンオンかカラーにオンするという好調さで、もう2~3打は縮められる内容だったと思います。


終盤はスコアを守ろうという意識が強くなり、積極性がなかったことが反省事項です。
明日は地元の岩見沢雉が森カントリークラブで、じっちゃま達との勝負の予定です。
たぶん36ホールでしょうが、前回の勝ちパターンを踏まえ、積極的なショットを打たないと、また負けてしまいます。


じっちゃま達のアプローチの正確性は自分より上手く、同じ土俵にしてしまっては勝つことができません。
まず飛距離のアドバンテージで先にパーオンすることで、じっちゃま達のアプローチの精度を狂わせることが勝ちパターンになります。


特にチャンピオンは、ほぼボギーオンを1ピン以内に寄せてくるので、こちらが最低でもパーは間違いなしというショットをしなければ、易々とパーを拾ってくることになります。
流離いのゴルファーも最近は寄せの精度が高く、寄せ勝負では2人の後塵を拝する結果になります。
どこでも良いので、パーオンするというのがまず勝利の方程式のようです。


 

スロープレーへ鈍感なゴルファー

今日のコンペでは、前半の7番パー3で進行係から注意を受けました。
それまでも、いろいろ進行が遅いことに気にはしていて、カートの運転は主にやるようにして、「そのまま乗ってください。」と声をかけていました。


しかし、7番のグリーン横に進行係のカートが止まり、ホールアウトしたときとうとう「1ホール空いていますので、できるだけ急いでください。」と注意されましたが、私は自覚していたので「急ぎましょう。」と同伴者に促しました。


すると同伴者から「そんなに遅れてる?」「前が速すぎるんじゃ?」という声が聞こえてきます。


7番では進行係がグリーン横に止まったので、これはまずいと思い、集中できず1mのパットをダフってしまいます。
そんなとほほな心境なのに、同伴者のこの不満の声に「カチン」としてしまいました。


自分の思いとしては、ゴルファーたるもの常に進行に気を配り、もし進行係を見たら遅れていると自覚して、できるだけ急ごうというものです。
ましてや進行係から注意されるということは、ゴルファーにとって「恥」だと思っていましたが、そうではないゴルファーが多いのだと呆れてしまいました。


何度も言いたくないけど、カートに乗るたびに3人を待たせて後ろでクラブをガチャガチャと収納する行為が目立ちます。
これ見よがしに、クラブを持って乗っているのを見せても全く効果がなく、言わなければ分からないのかと悲しくなります。
進行係から注意されるのも「恥」だけど、同伴者から何度も注意されるのも「恥」だと思うけど、当人は全く分からないから始末に負えません。


スコアメイクができないくせに、自分の番になってやおらパットのラインを何度も確認して球をリプレイスすることも気になりました。
ショットの際も、何度も打つ方向を確認しています。


こうした行為をやめろとは言いません。それどころかきちんと確認することは必要な行為だと思います。
しかし、自分の番になって初めてその手順をされると、その前に十分その時間はあっただろと言いたくなります。


プロの真似をしたがるのか、他人のプレー中は確認できることさえせずに、ボーっと突っ立ていて、自分の番になってから時間を取る行為はスロープレーの元凶です。
そんなゴルファーに限って、1番最後にカートに乗るのにみんなを待たせて後ろでガチャガチャとクラブを収納しているのです。


あんたが毎ショットごとに最低5秒は無駄に時間を使っているから、110叩くとして計550秒つまり9分強も無駄に時間を使っているのですよと言いたい気分でした。


今日はそんなことばかりに気が向いて、集中できずゴルフになりませんでした。楽しくもないつまらないラウンドで、お金をどぶに捨てた気分です。



成長なしのラウンド

今日は札幌ボギークラブのコンペに参加するため、千歳市のシャムロックCCに行ってきました。
シャムロックCCはコースが平坦で広く、スコアが出やすいゴルフ場と聞いていましたが、私としては気に入らないゴルフ場です。


気に入らないその1は、ピン位置の表示がないことです。前中後などのアバウトな位置情報もなく、手前から見てると奥か手前かが微妙に分かりづらいのです。


その2は、コース図がなかったことです。
ホームページにはコースの情報が載っていたため、てっきりコースにも用意されていると思っていたら、まったく情報がありません。
始めて行ったゴルファーはどこを狙って行けばよのか、この先はどうなっているのかが分からないと、どうしても思い切ったショットができないのです。
フェアウェーに例えば狙い場所としてのIPの旗でもあればまだしも、だだっ広いため余計に狙いどころがボンヤリしてしまいます。


また見えない場所に池があったりと、コース図がなければ知らないゴルファーにはフェアではないホールもありました。
グリーンが堅めで、手前からのボールは奥まで転びやすく、この辺りの情報(コンパクションやスティンプメーターの速さの表示)も欲しかったところです。


コースはただ広ければよいというものではありません。プレーヤーにどのルートを通らせるかを選択させ、チャレンジして成功したものにはご褒美を、そうでなければペナルティーを与えるのが正しいコース設計だと思います。
コースは良いのに、その情報を全く与えないのにはゴルフ場側の責任で、何を考えているんだろうと首を傾げさせられます。


もう一つ、不思議に思ったのがパー3のホールで、後続組に打たせる習慣がないということです。
後半の12番パー3では、カートが5台も滞っていました。


グリーンオンしたら、後続組を打たせ、その後にパターをすれば少なくとも5台も滞ることはないはずです。
土曜日の午後という、ただでさえ混雑する時間帯に、延々と待たされるのは眠くなるほどで、もう帰りたいと思ったほどでした。


4人組がティショットを打って、何人かがアプローチし、その後パターをしてカートに乗り込むまで8分程度はかかります。
つまり5台いれば、40分も待たされるのです。


こんなゴルフはゴルフじゃないと思った今日のラウンドでした。
冷たい風も吹き始め、こんなゴルフ場には二度と来るもんかと思った日になりました。