三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

先輩ゴルファーの名言(迷言?)

今週は月曜日に熊本南CC、火曜日と水曜日に阿蘇大津GC、木曜日が阿蘇グランビィリオホテルゴルフ場と4連チャンのラウンドでした。
スコアは79・84・81・77とショットが好調な割にイマイチな結果でしたが、結果が伴わない原因はパターの不調でした。


来週も月曜日から木曜日までラウンドが決定していましたが、火曜日のラウンドにキャンセルが出てしまいました。
来週のプランは「2人目まで無料」プランだったので、すぐに2人の予約が埋まり、開催見込みだったのです。
しかし、昨夜になってキャンセルがあったので、このままではほぼ間違いなく不開催になってしまいます。


残念ながらすでに「2人目まで無料」プランの募集時期は過ぎていて、ネット上では「1人目無料」プランに変わっていました。
これでは成立する見込みはなくなったのです。


キャンセルしたのは大分のゴルファーのようで、はっきり言って迷惑です。2人目に入っていなければ、誰かがすぐに入ってきたはずで、枠を抑えるだけ抑えて時期が過ぎてキャンセルするなど、せっかくのキャンペーン企画を潰すようなものです。


予約したからには、都合をつけるのがマナーだと思います。最初から「1人目無料」プランや通常のプランであれば、自由にキャンセルするのは問題ないと思います。
しかし、期間限定の「2人目まで無慮」プランに応募して2人目枠を押さえておいて数日前にキャンセルするのは無責任だと思います。


それは「2人目まで無料」であれば、ラウンドしたいと希望するゴルファーはたくさんいたはずで、キャンペーン期間中のキャンセルならすぐに枠は埋まってしまっていたはずです。


キャンセルがあったのが5日前なので、病気などの理由とは思えません。体調が悪くなったのであれば直前のキャンセルも仕方ないと理解できます。


今回の場合は、都合を考えないままとりあえず枠を抑えたという典型で、いつもだったら許されることでも、今回のような特別な場合は他人に迷惑をかけてしまいます。
同伴者の私はもちろんラウンドできなくなるので迷惑を被りますが、誰か無料だったらラウンドしたいと思う別のゴルファーもきっといたはずです。
そんなゴルファーにまで迷惑をかけているのです。


こんなゴルファーはラウンドの際でも自分勝手で回りが見えないゴルファーではないのかと感じます。


指宿のチャンピオンは今年68歳になるはずです。ゴルフが大好きで、7月初めに北海道で5連チャンした際は、「ゴルフは仕事だから」と言っていました。
もちろんプロではないので、本当の仕事ではないのですが、仕事と同じように取り組んでいるという意味だと感じました。
仕事であれば、ラウンドするのは当たり前で、きついから止めるとかの意識は働かないとのことです。


ゴルフは個人の遊びですが、周りにはたくさんの人がいる遊びです。自分だけ楽しければよいというものではありません。


朝早くからコース整備をする人たちがいるから奇麗なコースでラウンドできるわけですし、早朝からフロントに立つ人たちがいるから早朝に来場してもチェックインできるのです。
ラウンド中には、レストランで我々のための食事を準備したり、ラウンド後に気持ちよく汗を流すためのお風呂を清掃している人々がいます。


トイレの洗面台が汚れないのも、定期的に清掃される方々がいるおかげです。
彼ら彼女らは仕事なのである意味当然ですが、我々ゴルファー側も「仕事」という意識で取り組むと、これまで見えなかった部分も見えてくるかもしれません。
ビジネスの同僚や取引先の相手に、そんな行為が許されるのかと自問すればよいのです。


信用を無くせば、ビジネスの世界では致命的だと分かります。
取引先の受付で嫌われるような相手とは、取引したくはないはずです。
同僚の動きを邪魔するような行動は、慎まなければなりません。
会社人としての自分の行動は会社を代表するもので、責任が伴います。


普段は立派なビジネスマンがゴルフ場に来ると周りが見えない愚か者になりがちです。
遊びだろうとビジネスだろうと、周りに配慮を持つことの大事さが分かっているかいないかの違いで、そのゴルファーのレベルが違ってくるのです。


ゴルファーに勘違いされることの一つに、スコアが良いのが立派なゴルファーだという認識です。
本当は、周りに迷惑をかけないスマートに行動できるゴルファーが立派なゴルファーなのです。


昨日、一昨日と前組に回りが全く見えない4人組がいました。彼らはビジネスシーンでも同様な気が効かない人たちなのでしょうか?




アプローチが好調でパットもまずまず

今日は楽天1人予約の「2人目まで無料」プランで阿蘇グランビィリオゴルフ場に行ってきました。
大津GCやグランビィリオは時々、期間限定で「1人目無料」プランが募集されますが、なんと2人目まで無料プランが出ていたのです。


1人目無料は、ほとんどが2人目が入らずに流れることが多く、5回に1回くらいの確率でしかラウンドは成立しません。
しかし2人目まで無料で2人でラウンド成立ということであれば、すぐに2人の予約が入ってくることになります。


今日の同伴者は70歳になったばかりという方で、「28日も一緒ですよ。」と話しかけられました。
前組のプレーが遅くて待ち待ちのラウンドだったのですが、グリーン回りやパターを慌てて打ってミスを量産されていて、今日は100叩きだったようです。


自分のゴルフは、昨日からのテーマである「パットを距離合わせして2パットで凌ぐ。」を心がけてラウンドしました。

今日もショットは好調でしたが、北海道在住のブロガーであるヒカルさんのデータ取りを参考にすると

•パーオン率:50.0%
•ボギーオン率:88.8%
•リカバリー率:66.6%
•パー以内率:72.2%
•フェアウェイキープ率:92.8%
•パーオン時平均パット:2.11


となり、結構パーオンは逃しているのだと分かります。
ただパーオンを逃したホールでも、3ホールはピンに近いカラーだったので、どちらかと言えばバーディー逃しのホールでした。


パット数は30ですが、8番パー4でセカンドが50センチに付くスーパーショットだったのと、6番パー4、15番パー4、18番パー4がそれぞれグリーンからこぼれた5m以内のチップショットで狙って入らず、結果タップインのパットだったのです。


ホールごとのパットのみを書くとアウトは


1番 1mの下りスライスラインを1パット
2番 2段グリーンの下から10mのパットを右に1m外しての2パット
3番 右から上りの8mのパットを30cm左に外しての2パット
4番 アプローチを60cmに寄せての1パット
5番 下りの7mを10cmショートしての2パット
6番 カラーからのチップを10cmに寄せての1パット
7番 2mの軽い上りを打ち切れずカップ手前で止まる2パット
8番 6Iでセカンドを50センチに寄せる1パット
9番 軽い下りの7mを1mオーバーして返しを入れての2パット


の合計14パットでした。このうちプレッシャーのかかったのは1番の1mと7番の2mそれに9番の1mです。
今日は1mを決めきったのが好調の要因ですが、決めたい7番の2mを打ち切れなかったのは残念です。


インのパット状況は


10番 5mを右に外してタップインの2パット
11番 6mを50cmショートしての2パット
12番 寄せた1mを決めての1パット
13番 寄せた40cmを決めての1パット
14番 真っすぐの5mをパンチが入り1.5mオーバーし、返しを左に外した3パット
15番 エッジからチップし30センチに寄せての1パット
16番 2段グリーンの下から10mほどを1.8mオーバーして返しを右に外す3パット
17番 5mを右に外しタップインの2パット
18番 チップで10センチに寄せた1パット


の合計16パットでした。
今日のテーマ「パットを距離合わせして2パットで凌ぐ。」をベースに考えると、2番・3番・5番・7番・10番・11番・17番はテーマ通り確実の2パットで凌いだホールです。
この中で7番はパーパットをショートしたのでミスですが、11番は1打目を右ラフに入れ、2打目を刻み、3打目でカラーに外し、4打目のカラーからの下りのアプローチをトップして7mほど転がったので、ダボは覚悟して2パットで凌ぐと思ってのパットでした。


これらのホールはスコアは別にして、テーマ通りの距離合わせのパットは打てたようです。
問題は、14番のパットです。
オーバーした9番のパットは下りだったのでショートして下りを残すよりは上りを残した方が良いというものですし、16番の3パットは2段グリーンの下からしっかりヒットしたら思いがけず上の段で転がってしまったためで、この3パットは3打目のアプローチショットを突っ込み切れなかったミスが原因なので仕方ないと思っています。


しかし14番はセカンドの7Iでピンの右5mにナイスオンし、バーディーが来るかもと思いながらパットに臨みました。
平坦でほぼ真っすぐなラインと読んでいたのに、ヒットする際に思わずパンチが入ったのです。
自分の意識とは別の動きが出てしまったわけですが、この感覚は以前は時々あったものの、最近はほとんどなかったので驚きです。


今日の70台のスコアの一番大きな要因は、フェアウェーキープ率です。ダボを叩いた11番以外は全てフェアウェーキープでした。
同伴者から「真っすぐ飛ぶんだね~!」と感心されるほどで、我ながら今日のショットを手応えはありました。


フェアウェーを外した11番は左に池が続く左曲がりの長いパー4で、グランビィリオ西コースで1番難しいホールです。
池越えを狙ってもやはり池がグリーン手前に切れ込んでいるので、ここは最初から3オン狙いとしていました。


セカンドでフェアウェーに刻み、52度で右の傾斜を使って寄せようと考えたショットがわずかに短くカラーで止まってしまったのです。
ここは素直に当初の予定通りに中央にグリーンオンして2パットのボギーを取りに行くべきでした。
同伴者の方は元から2オンは無理な飛距離で、余計なことはせず普通にボギーは取れていました。
3打目地点で余計な欲を出したことが敗因です。


反省することはたくさんありますが、しばらくは「パットを距離合わせして2パットで凌ぐ。」というテーマを守っていこうと思います。





後半息切れしたけど

今日も楽天1人予約の「誰でも1人目無料」プランで、阿蘇大津GCを2日連続でラウンドしました。
朝起きたときは激しい雨でしたが、予報では曇りとなっていて、スタート時には天気は回復するだろうと予測していました。


予想通り、スタート時には小雨になっていて、特に激しい雨には合わず、後半は太陽の日差しも時々見られる状況でした。


今日の同伴者は、先週一緒だった方と以前ご一緒した方、それに初めて一緒になった方です、
この初見の方は、ほとんど会話をされず、昼食も一緒に摂られることはなかったため、なぞに包まれたままでした。


ドライバーショットは飛距離はあるけど安定性が今日はなかったようですが、曲げても寄せ1を取ったりと雰囲気だけはアスリートでした。
真っ黒に日に焼け、短パンから見えるたくましい脹脛を見て、「ランニングかなにかされてます?」と尋ねたら「ゴルフ焼けです。」とその時だけは答えが返ってきました。


我々が昼食を取っている間は、練習グリーンで4~5mのパター練習をずっとされています。正体を知りたかったのですが、みんなの輪に入ってこようとせず、常に離れていたので他のメンバーと「上手いのか下手なのか不明だよね。」とささやき合っていました。


他の2人は100が切れるか切れないかのレベルで、時々ナイスショットをされますが、なかなかパーが取れなかったようです。


今日のテーマは「パットを距離合わせして2パットで凌ぐ。」でしたが、そのテーマは概ね達成出来ました。
3パットは1回もなく、前半17パット後半14パットの計31パットでしたが、内容はかなりお粗末でした。


前半の3ボギーは、グリーンを外しアプローチも3m内にしか寄らず、パットもわずかにカップ淵という内容でした。
11番パー3だけ3mのパーパットが入りましたが、その他は全て「惜しい!」と言われるようなパットで、「お先に」でタップインするパーもしくはボギーでした。


後半のスタート1番パー4でセカンドをダフリ、アプローチで60cmに寄せたのに、入る気がしないまま打って左に外します。
しかし2番パー4、3番パー4、4番パー3と3連続で寄せ1のパーが来ました。
2番は難しい奥からPWで上手く転がし50センチに寄せパー、3番は1打目2打目ミスの後の9Iで手前にオンし、長い12mのパーパットが入ってしまいます。


しかし5番パー4でグリーン右からのアプローチを寄せきれず、3mのパーパットもカップ淵に止まるボギーが出てしまいます。
6番パー5は、3mのバーディーパットを右に外すパーでしたが、続く7番パー3でやってしまいます。


8Iでのショットは大きく右に曲がった手応えでした。しかしグリーンに行ってみると、短く刈った大きなカラー?部分にあり、10mほどの上りのアプローチになりました。


この簡単なアプローチをトップしてしまい、今度は難しい反対側からのアプローチは寄らず、2mのボギーパットもわずかに手前で切れ、ダボになってしまいました。
これでガックリしてしまい、疲れがどっと出てしまいます。


8番パー4のティーショットは大きく振り遅れ、右のOB方向でしたが、幸いコース内に残っていました。
しかし、既に気落ちしていて、このセカンドをダフリ、三打目もダフってバンカーインでした。
バンカーショットはピン奥1.5mに付き、下りだったので打たなくて済むラインで、どうにかボギーで凌ぎました。


最終18番パー5は、2打目までは計算通りでしたが、3打目の9Iをフェアウェーから大きく引っ掛けてしまい、アプローチも3mにしか寄らず、パーパットもカップわずかに届かずという今日の一日を象徴するような終わり方でした。


70台が狙える内容でしたが、つまらないミスから上がりの3ホールで4オーバーと崩れ、結局後半は6オーバーになり、通算も81というスコアでした。


今日のテーマ「パットを距離合わせして2パットで凌ぐ。」はきっちりと果たせましたが、もう少し強く打っていればという場面が多かったのは事実です。
弱いとラインに乗っていてもカップ周りの芝目に負けてしまいます。安全に刻むパットは大崩れはしませんが、爆発的なスコアも出ないことになります。


決めなければない1m以内のパットをいかにきっちり沈めるか、それが「問題なのです。
プロでさえも1mのパットは痺れるといいます。イップスの原因が、入って当たり前の距離を神経擦り減らしながら打ち続けることで、そんな無意味な重圧は避けたいと思う心のガード反応なのでしょう。


明日は阿蘇グランビィリオGCでのラウンドです。
積極的にパットを攻めるのか、それとも無難に2パットで凌ぐのか、本当はメリハリのあるパットをしたいのですが、とりあえず明日までは無難なパットをしてみようかなと思っています。