三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

「鉄人」のゴルフ

(鉄人のスコアは、記憶だけなので一部間違っているかもです。特にパット数が怪しいかな。)


今日は楽天1人予約に「鉄人」とあだ名した78歳のゴルファーが入って来られ、成立したので出かけて行きました。

鉄人はお盆休みは実家のある埼玉に帰省されていて、この予約は埼玉からされたそうですが、今朝は急用ができ、いつもだったら1時間前に到着するように来られますが、遅れてスタート前に到着になってしまいます。
そのため、いつものように打ちっぱなしの練習ができないままスタートになってしまいました。


鉄人によると、朝の練習をしていないと身体が慣れるまでは球筋が安定せず不安だということですが、なるほど前半はいつものショットが見られず、パーなしゴルフになってしまいます。


しかし、スルーで後半になり、やっと途中からいつものショットが復活しましたが、時すでに遅しという感でした。


実は私が知っているゴルファーの中では、鉄人が「エージシューター」に一番近いゴルファーだと思っています。その理由は、78歳でも飛距離が出ることと疲れを知らない体力をお持ちだということからです。
普段でも練習場で500球を打つそうで、その話を聞いて鉄人の体力にまず驚きました。


その上、年配者は「肘が痛い」とか「膝が痛い」「腰が痛い」は定番なのに、鉄人はどこも痛くないと言っていて、まさしく「鉄人」という名にふさわしい方なのです。


年齢的にも78という「エージシュート」になるスコアは、アマチュアでも十分に可能なスコアであり、鉄人がきちんとスコアメークさえすれば、間違いなく「エージシュート」達成は可能だと思っています。


しかし、悲しいかな、鉄人は体力の若さと同じようにゴルフの考え方も若々しく、まるで私がよく主張するアベレージゴルファーの勘違いと同じ考えをお持ちです。
つまり、もっと飛距離が出せないと、もっとショット力が上がらなければスコアアップは出来ないという考えです。


私が見る限り、ショット力は悪くはありません。練習場で500球も打つほどのショット練習をしているのだから、悪いはずはないのです。
しかし、そのショット力を生かすような準備が足らないように見えます。


練習場とコースで決定的に違うのは、練習場はフラットで足場がしっかりしている場所から打てるけど、コースは球のライもいろいろですが、スタンス場所も違うことを自覚されていないように見受けられます。


柔らかい芝の上で、バックスイングすると右足に体重がかかり、微妙に芝に沈むことを予測していないようです。
そのため、上手くフェースに当たらないことも多く、「なぜ?」と首を捻ることになりますが、このわずかの沈み込みをしっかり打つ前に認識しておかなくてはならないのです。


つまり、なんとなくスタンスを取るのではなく、しっかり足場を固めるという手順は練習場では不要でもコースでは必須の準備になります。
その上で、あまり大きな体重移動はしないで打つことも大事です。スエーするほどの体重移動は練習場では打てても、コースではミスの原因になります。
右の股関節で体重を受け止めるというスイングの基本的な土台作りが必要なのです。


また、左足下がりのライからはどうしても球を上げようとする動きが見られ、結果、低いトップ球が出てミスに繋がってしまいます。
右側が微妙に沈み込んだところで身体で上げようとする動き(右肩が下がってしまう)になれば、誰でもトップ球しか出ないのは当たり前です。


つまり、シチュエーション毎での準備・打ち方をできていないのがミスショットの原因で、それは練習場で何百発打っても解決はしません。
たまたま良いショットがでるのは、地面がしっかりした場所でスタンスできていた、つまりフェアウェーから打てていたわけで、ラフに打ち込んだ時にミスが多いのは態勢づくりに問題があるという証拠です。


またアプローチでも考え方が間違っているようです。グリーンを外した時点でミスっているわけで、それを直接カップインさせようと思うことがそもそも大叩きの原因になります。
グリーンを外せば、まずグリーンオンさせて2パットで凌ぐという考え方が必要なのに、無理にピンを狙って、18番のように出来もしないロブショットに挑戦するなど、無謀というものです。


またパー3でも1オンできなかったホールは無難に2オンを狙えばよいものの、無理にピン手前を狙って4ホール中3ホールでは2オンさえもできていません。
ここもピン位置を考え、奥にでも乗せてパットを頑張るという戦略が必要なのに、無理に狭い場所を狙って2オンも逃せば、ダボ以上の危険性が出てしまいます。


アプローチに使うクラブもウェッジオンリーで、もっと転がすことも選択肢に入れた方が、ずっと簡単にゴルフができるようになるはずです。


こうしてざっと見てみても、練習場でのショット練習では解決しないことばかりということを理解しなければ、いつまでも80切りはおろか90切りも儘ならない結果になってしまいます。


鉄人のゴルフは、ミスの原因はスイングではなく、事前の準備や考え方にあるというアベレージゴルファーの勘違いそのもののように感じました。
その原因は、やはりテレビで見るトッププロのゴルフをイメージしているためで、それができるならすぐにプロになれるはずです。
しかし現実はそうでないのです。


せっかく「エージシュート」を狙える逸材なのに勿体ないと思った今日のゴルフでした。


鉄人は見てくれているかな?  
辛口なコメントおよび勝手なスコアアップ失礼しました(汗)


アベレージゴルファーの思い込み

ゴルフのブログを書いている方は多く、私はいろんな方のブログを覗いています。ほとんどの方はゴルフのスコアアップを目標にしているように感じますが、そのための取り組み方つまりアプローチの仕方は、ゴルフのアプローチの打ち方同様に人それぞれです。


自分に合うクラブを探して将来的なスコアアップを目指す人もいれば、プロのようなスイングを目標にスコアアップを目指す人もいて、その過程を楽しんでいる様子が伺えます。
アマチュアゴルファーであれば、結果に繋がらなくても趣味として自分が興味をもったアプローチの仕方で取り組むことは、本当に楽しいだろうなと思うし、結果がすぐに出ないからこそ楽しみも長く続くというものです。


私もスコアアップを目標にしていますが、そのアプローチの仕方は「最小限の投資で最大の効果を!」が目標で、できるだけ安易な方法でスコアアップを目指すことにしています。


私はゴルフギアの知識がありません。というか興味がないというのが本音のところです。
それでも以前は、これでもクラブの情報などを雑誌などでかなり調査していました。


毎週ゴルフ雑誌を購入し、月刊誌も発売と同時に購入していた時期もあり、その頃はいわゆるマスコミが発するゴルフ情報にはかなり詳しかったのです。
しかし、そんな雑誌を読み続けていると、同じような企画もあるし、その内容が前回とは微妙に違ったものであることに気づきました。


要は雑誌を売るためには同じようなものでは売れないため、その時々での旬なゴルファーの打ち方などを紹介することになり、結果として以前に書いたこととは違うことをシャーシャーと書いていると思ったのです。


またクラブもまず「飛距離」ありきで、このドライバーは飛ぶというステマ的な紹介記事が多いように感じていました。
広告にも「+10ヤード」などという謳い文句がありますが、だったら毎年10ヤード飛距離が伸びているなら今頃は誰でも300y越えは当たり前だというあり得ない現実に気づいたのです。


それからは、一切ゴルフギアに関する興味もスイング理論に関する興味も失ってしまいます。
つまりゴルフ関連産業の金づるにされてたまるかという反発心が湧いたのです。


当時は、いわゆる「シングルゴルファー」になるためには、プロのようなショットを打てる技術が必要だと勘違いしていました。
だからこそ雑誌でスイングを研究していたのですが、もしプロと同じようなショットが打てるなら私もプロになれたはずです。
でも私はアマチュアゴルファーだし、アベレージゴルファーだったのです。


ゴルフはシンプルなルールです。
ティーからボールを打ち出し、より少ない打数でカップインさせればよく、そこにはルールに適合した道具でルールに適合した打ち方を使うのであれば、どんな方法でも構わないことに気づきました。
つまり、プロのようなスイングでなくても、グリーン方向に飛んでいくように打てればOKだと思ったのです。


ゴルフ雑誌などでは「真っすぐ飛距離を出すスイング」などと特集を組んでいましたが、例えプロのようなスイングを会得しても曲がってOBを打ってしまえば、それは無駄なスイングです。


以前は、真っすぐ目標に向かって飛ぶ球を理想にしていました。そのためには曲がりの少ない距離が出るドローボールを打たなければならないという固定観念が、ゴルフ関連業界から刷り込まれていたのです。


しかし、ゴルフ関連業界の呪縛から逃れてみると、考え方が柔軟になります。
目標が〇ヤード先のグリーンであれば、左曲がりだろうと右曲がりだろうと、はたまた地面を転がっていこうとも、結果がグリーンに届けばいいのではと思えるようになったのです。


残り〇ヤードだったら〇番アイアンを使うという固定観念もなくなりました。届かないクラブでは届かせられませんが、届く距離のクラブだったら何を使ってもよいはずです。
アマチュアには、他の者より短いクラブで打つ方が上手いという錯覚もありますが、敢えて長いクラブで打つこともあります。
何を使うかは問題でなく、結果が大事だと思うようにしました。


例えティーショットをミスっても、「上がってナンボ」と思うようにし、ボギーを全力で獲りに行くよう頑張ります。
ボギーが無理ならダボでも仕方ないと割り切り、ミスを取り戻そうとは思わなくなるとスコアが安定しだしました。


「シングルゴルファー」であっても、一部のトップアマを除けば現実はオーバーパーの世界です。
平均82のスコアだったら、まずシングルハンディになっているはずです。
82というスコアは10オーバーであり、18ホール中10回のボギーでも可ということに気づき、その余裕を上手く配分してラウンドすることにしました。


ハーフで5回のボギーは許されると思いながらラウンドすると、9ホールのうち半分以上は無理してパーを取りに行く必要がないので気楽なのです。
無理さえしなければ、良ければパーが来るし、大きなミスさえしなければボギーが普通に取れるようになります。


要は欲を出さずに謙虚にラウンドすることが大事であり、ゴルフ関連業界のように「より遠くに!」ということを願えば、力も入ってミスを引き起こすことが分かります。
つまり、ゴルフ関連業界はアベレージゴルファーのスコアメークを阻害するようなことばかり主張しているわけで、だからそのとおりに実践しても上達できないのは当たり前なのです。


まず、自分のゴルフというものを客観的に見つめ直し、スコアメーク方法をもう一度考え直してみれば、誰でもすぐにスコアアップは叶うことになります。
「最小限の投資で最大の効果を!」という意味は、お金もですが労力もという意味で、疲れないゴルフを目指すこと、つまり無駄な力を入れないゴルフスイングを心掛けることがアベレージゴルファーには重要という意味なのです。


省エネゴルフをやってみてはいかがでしょうか?


簡単なゴルフをする方法

私はアプローチイップスになり、競技ゴルフ時には簡単なアプローチが打てなくなりました。
当初は、「なぜ簡単な寄せなのに失敗するのだろう?」と不思議に思っていましたが、同じようなことが続くと「これはおかしい。もしかしたらイップス?」という思いが湧いてきます。


実はイップスは初めての経験ではなく、小学校から社会人になるまで取り組んでいた卓球競技では大学1年生の夏の合宿で発症して苦しんだ経験があったのです。
その後、テニス競技に熱中したときも、ある日突然にラケットの面が分からなくなったり、ソフトボールに取り組んいたときは一塁への送球ができなくなったこともありました。


そのため、アプローチに向かう際に自分の身体が思わぬ動きをしてしまうのは、イップスだと気づいたのです。
卓球でのイップスはラケットの持ち方をペンホルダーからシェークハンドに変え、当座を切り抜けましたが、所詮付け焼刃な対応で自信を失って競技から離れてしまいました。


テニスの場合は、試合に出ることを止めました。それは重圧がかかるとそうなると思っていたので、無理してキツいことはしなければ良いと考えたからです。


ソフトボールでは内野手でしたが、1塁への送球をオーバースローは止めてサイドスローの投げ方に変えました。
時間的余裕があるとイップスが出ますが、余裕がなければ出ないため、捕球したらどんな場合でもそのまますぐに一連の動作で投げるようにしたのです。


昨年「アプローチの達人」とあだ名した70歳の元シングルさんとラウンドした際に、イップスの悩みを相談し、「チッパーでも買おうかな。」と言ったら「グリーン周りはUTで転がせばどう?特に冬場は有効でプロも使っているよ。」とアドバイスされました。


そのため、23度UTを手に入れ、チッパー代わりに使い始めたら、イップスそのものが影を潜めてしまいます。
「ゴルフはゴロフ」という青木プロの言葉がありますが、それまで「転がすほうが簡単」という知識はあっても練習したことはなく、SWで上げるアプローチオンリーでした。


その理由は「転がしは距離感が難しいけど、上げると地面の影響は受けないため、どんな状況でも対応できる。」と思っていて、転がすより上げるほうが簡単だと思っていたのです。


しかし「アプローチの達人」のアドバイス通りにUTで転がしてみると、なるほど簡単にアプローチができます。
それは、ウエッジだと上手く球を拾えるかという心配が先に来ますが、その心配がUTでの転がしでは無くなるのです。
つまり、タッチの強弱と方向性だけを気にすればよく、ダフったりトップしたりする心配がないのが気に入りました。


私がアプローチに使うUTは23度の物を使っています。


ロフトがある分、カラー近くのエッジなどからでは、カラー部分を飛び越えることができるためで、パターだとカラー部分での転がりが予測できませんが、23度のロフトがあるとグリーン面だけでの速度を気にすればよいのです。


またパターだとそれなりに打たなくてはいけないけど、UTだとフェースの反発力があるため、小さなスイングで転がせるのも気に入っています。


ドライバーショットなどでは飛距離をゴルファーは求めますが、グリーン上でも飛距離というか遠くまで簡単に転がるクラブは便利なのです。
パターでフルショットしてもせいぜい50yほどですが、UTだと200yほども飛ぶほどフェースの反発力は高いため、グリーン上でのヒットする力も少なくて済みます。


チッパーはアプローチにしか使えないけど、UTはアイアン代わりにも使え、23度UTを入れることで5Iを抜くことにしました。
アイアンより簡単に飛距離が出せるし、ダフりなどのミスにも強いのが気に入っています。


私は1人予約でいろんな方々とラウンドしていますが、まだUTで転がす人は見たことがありません。
先週、グランビリオで一緒になった方からは「まるでミケルソンみたいだ。」と感心されますが、自分もそうだったようになぜアベレージゴルファーは使わないのかと今更ながら不思議な感じです。


ショットには飛距離を求めるのに、転がしでは求めないのは相反する考えのように思え、特にグリーン周りからは簡単な力で転がっていくUTやフェアウェーウッドを使ってみればと思います。


過去の自分がそうだったように、「頭では知っていても、それを実践できないゴルファー」が多いように感じます。
確かにウェッジで上手く寄せたら格好良いのでしょうが、UTでコツンと打ってカップを狙うのもまた決まれば格好良いと思います。
ウェッジのチップインより、UTの転がしの方が入る確率は断然高いのですから。


ゴルファーの思い込み「アプローチはウェッジを使う。」は、結局ゴルフを難しくしているだけです。
ケースバイケースですが、UTもしくはウッドクラブでのグリーン周りでの転がしをもっと取り入れてみると、またゴルフの幅が広がるはずです。
もっと簡単なゴルフをしてみませんか?