三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

ゴルフレッスン教材の嘘っぽさと自分の気づき

私がゴルフ関連のサイトを開くため、ブラウザの検索エンジンを開けば至る所にゴルフレッスン関連のCMが付いて回ります。
これは運営側が意図して行っているわけでなく、パソコンを使っている人の興味を示すデーターを収集して、自動的に現在の興味を持っているCMを表示するようになっているのです。


車の記事を開くと、中古車のCMが張り付くし、税務署のHPなどを開くと申告用のソフトウェアのCMが貼り付きます。
なんだか、自分の興味を知られているようで気味が悪いものですが、無料で検索エンジンを使っているのだから、これはこれで仕方ないのでしょう。


普段は無視しているのですが、ある著名なゴルフコーチの名前が入ったサイトをちょっと開いてみました。
なぜかというとその表題が「ドライバーは250y飛ばしたい。コツを掴めば飛距離はどんどん伸びます。〇〇コーチが一から教えるゴルフ練習法」と書いてあったからです。


比較的有名なレッスンコーチであり、某有名プロに繋がったことでレッスンプロという職種を最初に確立したパイオニアかもしれません。


そのページを開いてみると、まず最初に大きな文字で「ゴルフをさんざん練習しても100が切れない時に見るレッスン動画」とあります。
「今ならプロゴルファーが実践する秘密の練習法を7日間限定で無料で公開します。」とあり、ご丁寧にもクリックしたときから24時間のカウントダウンが始まる凝りようです。


お勧めの対象者は、
 「今よりも30y飛距離を伸ばしたい」
 「スコアを縮めてベストスコアを更新したい」
 「正しいスイング動作を体感したい」
 「トップ・ダフりといった初心者的ミスをなくしたい」
 「スライスの球筋を無くしたい」
 「100切りを達成したい」
 「シングルプレーヤーになりたい」
などと網羅されています。


これだけ見ても、怪しさぷんぷんです。


この手のレッスン教材で、もっとも読む者に誤解を与えることが「飛距離が伸びるとスコアが縮まる」といいう謳い文句です。
本当に飛距離が伸びればスコアは伸びるのでしょうか?


例を挙げてみると、一般的な350yパー4のホールがあるとします。280yの飛距離がある者は残り70yに対し、220yの飛距離の者は残り130yということになります。
130yの距離は8Iや7IもしかするとUTで打つことになりますが、届かない距離ではありません。
それに対して70yはほとんどの人がウエッジなどでのコントロールショットになる中途半端な距離になるはずです。


この場合、どちらがより難しいと感じるでしょうか?
350yパー4という設定は、レギュラーティーからの一般的な距離のミドルホールだと思います。
70yをきちんとコントロールできるゴルファーは、スコア100などは打たないゴルファーです。
そこにはアプローチ練習を重点的に繰り返した上級者しかいないはずです。


上級者が上級者たる所以は「中途半端な距離合わせが上手い」のであるとともに「パターなどの距離感が良い」のであって、決して飛距離が出るわけではないのです。


自分のゴルフで、残り50yから何ストローク平均して打つかを調べてみると、自分のレベルが分かります。
シングルクラスの上級者は、悪くても3打、良ければ2打でホールアウトします。
つまり「1打でオンし、2パットもしくは1パット」または「2打でオンし、1パット」という内容です。


それに引き換え、100切りができないゴルファーは、良くて3打悪ければ5打も6打もかかるはずで4打でホールアウトするのが平均的です。
上級者の3打とは1打しか違わないところが大きな差であり、1ラウンドは18ホールあるからすぐに18打の差がついてしまいます。
75ストロークでラウンドする上級者に対し、この部分だけで93ストロークになってしまいます。


この上に1打目のドライバーショットを飛ばそうと力んでミスすることも1ラウンド中に何度かあるはずで、OBを2回も出してしまえば4打が加算されてしまいます。
セカンド以降でもOBを打ったり、チョロったりするミスがあり、そこでも4~5打はロスするはずで、これらを足してもすぐに101以上というスコアになってしまいます。


つまり100が切れない理由は「飛距離」ではなく「距離感の無さ」なのです。飛距離は「もろ刃の剣」であり、飛ばないゴルファーはドライバーショットを曲げてもOB手前で助かりますが、飛距離のあるゴルファーはOBまで届いてしまいます。
これはコースを平面的に見てみると分かることで、100yだったらOBまでは絶対に届かないけど300yだとわずかな打ち出し角度の誤差があると届いてしまうというシビアな世界なのです。


私が飛距離をわざと落とそうと思った理由は、HDCP9のときに同じゴルフサークルのメンバーで同じゴルフ場に所属していた老齢の女性ゴルファーと何度もラウンドしたときです。
今は違いますが当時の所属コースはチェリー宇土で、当時は宇土見上CCと言っていました。コースは2グリーンで狭く、現在の広い1グリーンよりパーオンが難しいコースでした。
コース幅も狭く、曲げると1ペナ若しくはOBとなる県内屈指の狭さで、その代わりに宇土のメンバーにはいろんな大会で上位になるゴルファーが多く所属していました。


当時はどうしても数発のOBが出ていた頃で、好調なラウンドをしていてもどこかでOBを打ってスコアロスをするというゴルフでした。
女性はHDCPが13程度でしたが、飛距離が全くでない方でした。
もちろん前方のレディースティーを利用されますが、これがまずOBを打たれないのです。
そのため、ボギーときどきパーというゴルフ内容で、終わればいつも同じようなスコアになっていました。


なぜ彼女はOBを打たないのだろうと真剣に考えました。
すると発見したことは、彼女のスイングスピードの遅さが原因だということです。スイングスピードが遅いから、球に余計なサイドスピンがかからないため、少しくらい方向性が悪くてもOBまでは届かなかったのです。
例えると、距離は出なくても本当にクラブヘッドで球を運ぶようなスイングでした。


改めて、研修会のメンバーで県のシニアの大会で常に上位に入る方のゴルフを観察すれば、飛距離よりも方向性というゴルフをされています。
それでも75前後でラウンドされていて、改めてスコアは飛距離でないことに気づきました。


練習場に行って、スイングスピードを遅くして振ってみました。実はこれが簡単そうで意外に難しかったのです。
ゆっくり振ると、スイングプレーン自体がぶれてしまい、上手く球に当たりません。
それまでいわばマン振り状態のスイングだったので、どうしても球を前にすると力が入ってしまったりもします。


そこで考えたのが「自分は女性だ!」と思い込む方法でした。力のない女性であれば、力で飛ばそうと思わず、スイングで飛ばしたいと思うはずです。
当時、イメージしたのは女子プロの古〇美保プロのスイングであり、ダウンスイングでゆっくりクラブを下ろす練習をしました。


この練習は結果的に非常に役立って、ショットの安定性に貢献しています。
以前習っていたコーチからずっと「フィニッシュを決めなさい!」と注意されていましたが、どうしても最後は体勢が崩れ、ピタっとフィニッシュの形が散れなかったのですが、このダウンスイングに力を入れなくなってから、スムースにフォロースイングができてフィニッシュの形が取れるようになったのです。


力を入れない分、球に余計なサイドスピンもかからなくなり、大きくスライスすることもなくなりました。
そのうえ、きちんと当たると飛距離もそんなに落ちなかったのです。
それどころか平均飛距離は、曲がらない分、結果的には上がってきます。


そうなってくると、狭い宇土見上CCのコースでも安定したショットが打てるようになり、グロス競技である研修会でも連続優勝したりしてHDCPが6まで上がり、シニアプロを目指そうかとさえ思いあがりました。
そんな中でイップスにかかってしまったのです。
調子に乗った罰としてゴルフの神様が与えたのでしょう。


イップスのことは別の機会に書きますが、少なくとも飛距離を伸ばせばスコアが伸びるというのは、ゴルファーの迷信です。
曲がらないスイングを目指すことの方が重要で、なぜ自分の球が曲がるのかを考えてみれば良いのです。


力任せにスイングしているゴルファーは、フィニッシュが決まらないはずで、フィニッシュが決まるようなスイングをすることが大事です。
その場合は、スイングスピードを落としてみるとフィニッシュが決まるようになります。


自分の中で「もっと振れるけど、この辺りで勘弁してあげる」みたいな気持ちで打つことで。それがいわゆる「8割ショット」と表現されるものかもしれません。


「もっと飛ばせるけど、わざと飛ばさない」と思っていれば、飛距離のあるゴルファーと一緒にラウンドしても「そんなに力んで飛ばしてもいつか大けがするよ!」と内心で思えるから面白いものです。


この余裕が大事なことで、負けないぞとばかりに競ってドライバーを振り始めると元に戻ってスコアを崩してしまいます。
ゴルフはリズムが大事な競技であり、自らリズムを崩すような愚挙は避けるべきです。


ゆっくりスイングの肝は、ダウンで力を入れないことで、これはいろんなレッスン書に書いてありますが、意識して実践しなければなかなか分かりづらいところです。
誰でも、しっかり振ることの方が簡単なので、スイングスピードをコントロールするのが難しいということに気づいていません。


練習でゆっくり振ることからいろいろ見えてくることも多いのです。





人間ドッグに行ってきた

今日は朝から近くの病院で人間ドッグを受診しました。
毎年恒例の行事であり、2月に行くことは以前から決まっていました。


今回は特に大腸検査のうち、全大腸検査を受けることにしました。
いつもはS字結腸検査ですが、病院側から勧められて全大腸検査にしたのです。


大腸検査に関わらず、この歳になればいつどこに癌が発症しているか分からず、念を入れてオプションになる腫瘍マーカーも追加でお願いしました。


8時20分に病院の検診センターに行くと、さっそく身長や体重の測定があり、体重は昨年より3Kg 落ちていましたが、身長も加齢のせいか2センチも短くなっています。


その後、聴力検査や肺活量、腹部エコー検査などを行っていよいよ最後の全大腸検査の順部に入ります。
全大腸検査では、2リットル余りの薬を飲んで大腸をきれいにする必要があり、これがなかなか大変です。


2時間ほどかけて薬を飲み、トイレには15回ほど入ってやっと便が透明になり、いよいよ全大腸検査の始まりです。


その前に胃カメラの検査があるのですが、毎回、胃カメラを飲み込めず、眠らせる薬を使ってやってもらっています。
昨年までは肩に注射されていたのですが、今回は点滴されることになりました。



左手の静脈を探して点滴の管を通されます。「この薬は何ですか?」と尋ねたら「生理食塩水です。後ほど、眠らせる薬を使います。」と言われ、重病人のように点滴袋を持って内視鏡検査室に向かいました。


喉に麻酔をされ、いよいよ検査台の上に横たわります。
最初に胃カメラがあり、その後に全大腸検査があるのですが、胃カメラの前にはもう意識を無くしていました。


しかし全大腸検査が始まると、その痛さで目が覚めてしまいます。以前行った際は、全く傷みは感じなかったのに、今回は麻酔が覚めるほどの痛むがあります。
身体を右に左に返され、そのたびに激痛が走り「あいたた!」と叫びますが容赦なく検査が進められました。


やっと終わると、麻酔も全く冷めていて、着替えに入った場所の隣では、先に終わったおじさんのいびきが聞こえていました。


看護師から大丈夫なら説明がありますと言われ、歩いて医師のところまで行くと、医師から良性だと思うけどポリープ3か所を切除したからと言われてしまいます。
だから痛かったのかと思いましたが、果たして腸の中に痛点はあるのだろうかと疑問に思いました。


例年だと12時には終わる1日ドックですが、今日は8時20分から終わったのが16時と1日かかりのドックになりました。


とりあえず、分かっただけでの説明では、いくつか数値が基準より上回っていましたが、ほど基準値と大差なく、様子観察ですねと言われました。


毎年1回の恒例行事ですが、無事に終わってもうしばらくはゴルフができるようです。



アプローチの打ち方を変える

昨日は熊本クラウンゴルフ場でラウンドし、久しぶりにアプローチを上手く打てたので、忘れないように打ち方を書いておきます。


この打ち方が、以前コーチから教わったもので、ガードバンカーとグリーンの間のラフなどで使う打ち方だと言われました。
ガードバンカーの先は、たとえラフの芝が伸びていても、たくさんのバンカーショットの影響で芝の下の砂が多くなっていて、普通に打つとザックリしやすいため、ウェッジのヒール側を浮かせ、クラブフェースのトゥー側で球をヒットするというものです。


ヒール側を浮かせると、不思議なことにザックリは起こりません。
ザックリの原因は、普段は先にヒールが地面に接地するのですが、目標より手前側で地面に接地することで引っかかってしまうことから発生します。
通常は芝の上でソールが若干すべるため、小さなミスはミスとして出ないのですが、芝の薄いライや砂が多いライの場合は、少しでも手前にクラブが入ると、てきめんに突っかかり、結果としてダフるという現象が起きます。


ダフリを恐れるとトップが出るという悪循環が起こりやすくなり、冬場の芝が薄い時期はパターで転がす方がより安全です。
しかしパターでは無理な場合もあり、その時はこれまでは恐々ウェッジを選択し、ミスを量産していました。


昨日はアプローチ練習場で、ダフリを恐れるからアプローチを打てないのだから、ダフらないアプローチをしてみるとどうだろうと考えたのです。


通常はウェッジのソールのヒール部分を接地して構えますが、このアプローチの場合は全く逆にヒール部分を接地させないのです。
やってみれば分かりますが、ヒール部分を接地させないためには、球をつま先に近づけ、グリップをやや持ち上げ、クラブをほぼ真下に垂らすという構えにする必要があります。


この構えをすると、フェースのトゥー側だけが地面に接地することになり、クラブフェースの先っぽだけで打つ感覚です。
打ち方は、パターと同じでコックを使わず、真っすぐ引いて真っすぐ打つだけです。
まさしくパターの延長のような打ち方になります。


アイアン系のクラブのスィートスポットはヒール側にありますが、トゥー側で打つといわゆる芯を外した打ち方になり、勢いの落ちた「死に球」になるため、普段のアプローチの距離感より倍以上を打っても飛びません。
そのため、10yほどのアプローチには微妙な距離感は必要なく、ある程度アバウトにガツンと打てるのです。


イップス持ちは、微妙な手加減ができなくなり、それどころか思いもかけない動きが自分の意思に反して出てしまうのが特徴です。
しかし、この打ち方は力の強弱とかスイング幅などの微調整が不要となり、パターのように最大距離がある程度決まっているので、その中でヒットする力を変えるだけで済みます。


欠点と言えるかどうか分かりませんが、飛ばないということが欠点で、せいぜい15yまでしか打つことはできません。
しかし、その欠点がアバウトに振れるという簡単さに繋がり、イップス持ちには最高の打ち方になるようです。


もちろんアバウトに打つため、通常のアプローチのようにチップインを狙ったりするシチュエーションには向きません。
距離も方向もアバウトなのがこの打ち方の特徴なので、以前教わった時は、いわば非常事態での危険回避という場面で使う技というものでした。


しかしイップス持ちには、まずダフらないという安心感がなにより大きいのです。その上、パターと同じで大きく振っても20yは飛ばないから少なくともグリーン回りからはグリーンのどこかにオンさせることは可能です。


余計な転がりもあまりないため、下り傾斜のアプローチでも有効になり、使い場面はかなり多くなります。


初心者の頃、ゴルフ学校でアプローチを教わったとき、「もっと球の近くに立て!」と注意されてました。
そのときは近くに立つと、「クラブを構えられないんだけど、、、。」と当惑していましたが、今思えばヒールを上げたパター打ちをしろと言われていたのかもしれません。
クラブフェースの構え方まで言われなかったので、初心者へのアドバイスにしては不親切だったのですが、20人くらいを1人でレッスンするシステムでは自分から質問しない以上、細かいことまでは手が回らなかったのでしょう。


その後に3年あまり習ったコーチからは、いろんなことを教わりました。マナーや振舞いなども激しく注意され、昼食休憩でアルコールを取ることも禁止されていましたが、昨日は久しぶりにその禁を破ってしまいました。
もっとも最初の頃は、時々は破っていましたが、、、。