三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

エージシュート達成も夢でない「鉄人」のゴルフ

昨日は「鉄人」とあだ名する78歳の老ゴルファーが一緒でした。なぜ「鉄人」とあだ名したかというと、この年齢でも我々と一緒にレギュラーティーを使用されるのです。


今年70歳になった「アプローチの達人」は、飛距離が落ちてゴールドティーをいつも使用されますが、「鉄人」はゴールドティーは使わず、レギュラーティーからドライバーをかっ飛ばされます。


私は同世代の中では、そんなに飛ばないという方でなく、反対に「飛びますね!」と言われることも多いのですが、鉄人にはときどきオーバードライブされるほどです。
78歳にして、最近まで練習場でのドライバー練習で500球も打っていたそうですが、最近は練習場に行く回数を増やし、その分だけ打つ球数は少なめにして1球ごとに集中して練習されているとのことです。


「鉄人」と知り合って1年以上が経ちましたが、以前と比べるとかなりの上達ぶりが見て取れます。
以前は、飛距離は出るもののポカも多く、どうしても90切りがなかなかできないようでしたが、昨日も85ストロークというスコアで、前回も同じ85ストロークでした。


コースの難易度の高い大津GCで安定して85を切ることができれば、80切りもそんなに遠い目標ではないことになります。
「アプローチの達人」のように飛距離は出なくても、アプローチで寄せ1を取って80切りを達成しているのを常に身近に見られているので、ショートゲームの重要性を最近はかなり意識されているようです。


スタート前には、以前は打ちっぱなし練習だけでしたが、最近は私が練習しているバンカーにも来て、一緒にバンカーショットの練習をされています。
練習場でも50yなどの短い距離のショット練習を、重点的にやっているようで、まだまだ78歳にして発展途上のゴルファーなのです。


練習場にはほぼ毎日行かれているようですが、ラウンドは週1程度とのことで、ラウンドの経験値がやはり不足しているようです。
78歳にしてまだ現役の技術者としてアジアを中心に活躍されていて、なかなか週2のラウンドは顧客の手前できないと話されていました。


「土日に仕事をして、平日は2回お休みにしてラウンドすればどうですか?そうすればきっと近い将来にエージシュートができますよ!」と話しました。
「エージシュート達成の暁には、達人と3人でお祝いをしましょう!」と話すと「韓国に行ってお祝いしましょうかねw」と笑って答えられました。


韓国には仕事で良く行かれているようで、行けば「毎日焼き肉などの接待漬けで反対に辛い!」と話されていたので、「カバン持ちとして一緒にお供させてください。」と以前には冗談でお願いしたほどです。


本人も最近のラウンドではなにか手応えを感じているようで、「あそこで無駄に叩いたダボをボギーで抑えていたら、前半は40ストロークだったのに、、。」と悔やまれるようになりました。


その力量があるので、ラウンドの経験値を上げ、コースマネジメント力が付けば、きっとエージシュートを達成されることでしょう。
「アプローチの達人」や私が目の前で80切りをしているのを見て、そんなに特別なことはしていないことが理解されるようになり、要は無駄なスコアロスを防ぐことができれば80切り可能だと理解されてきたようです。


これまで70台のスコアは自分には到底無理だとか、80切りのためには特別な技術が必要などという考えがあったようですが、身近で同じような内容のゴルフを展開している我々が80切りしているのを見て、自分も特別なことをしなくても達成可能だと気づかれたようです。


78歳なのでエージシュート達成のためには78ストロークが必要になりますが、ショットの質や飛距離を見ると、十分達成は可能なレベルだと思っています。


エージシュートを達成して、韓国旅行でお祝いするのも、そんなに遠い将来のことではないのかもしれません。

今日もパットが入らない、、、


今日は1人予約に「アプローチの達人」と「鉄人」それに先週ご一緒した北区在住の50歳代の方が入って来られ、阿蘇大津GCで4バックでのラウンドになりました。

(過去のラウンドを調べてみましたが、月・火はBグリーンが多めで、水・木は半々、金曜がAグリーンが圧倒的に多い傾向にあります。)


先週は月曜日から木曜日まで大津では4連チャンでしたが、全てBグリーンになり、今日もBグリーンでした。
そのため、グリーンの傾斜やラインはどうにか読めますが、タッチが分からず、決めたいパットを外しまくります。


鉄人から「今日も一筋外すね!」と言われる始末で、他の同伴者からも「バーディーチャンスを決めていれば、アンダーも見込まれるのに、、、。」と慰めにもつかないコメントをもらいます。


終わってから鉄人にパットのことを尋ねましたが、「打ち方とかに問題はない。要はハートの問題!」と断言されてしまいます。
長めのパットはそれなりに打てますが、短いパットを芯で打てず、どうしてもミスヒットをしてしまうため、微妙なラインが入らないのです。


弱目に打ってカップ手前で曲がったと思えば、次は同じような距離を強めに打って曲がらずに抜けてしまうなど、チグハグなパットを打っていることも入らない原因です。


せっかく何度もバーディーチャンスを作るのに、1度も決めきれないまま、結局終了前の8番で7mから3パットし、最終ホールもカップに蹴られるボギーにしてしまいました。

(バンカー練習場に新しい砂が入っていました。やはり砂が厚めに入ったバンカーはバンカーらしい気がします。)

(今日もたくさんの来場者のため、ハーフ2時間半を超えるペースでした。9時6分スタート予定で、昼食休憩が50分、終了したのが15時半という時刻でした。)

(天気は雲が広がっていますが、雨の心配はなく、気温も24度まで上がっています。)


今日は11番パー3でピンまで145yをフォローとはいえ、手前でいいと短めの8Iでのショットが、大きくグリーンオーバーしてしまいます。
確かにしっかり当たった感がありましたが、まさかの160yオーバーという当たりで、我ながら??という状況でした。


17番パー4でも残り130yをここもフォローだったので、手前にショートしても良いと思って9Iで打ちましたが、150yも飛んでしまいます。
前半は、結局この2ホールで距離が合わないショットがボギーに繋がりましたが、フォローとはいえなぜそんなに飛んだのか自分で分からないのです。


いつも飛ぶなら納得もしますが、ときどき馬鹿飛びしてしまうのはなぜなのでしょう?
普段が芯を外しているショットをしているから、たま~に芯を食って飛び過ぎになるのか、まだ自分で理解していないのです。


そういえば、今日は3番パー4でもドライバーが、当たっても手前だったバンカーに打ち込んでしまったことがありました。
それ以外は、普段の飛距離でしたが、なぜここだけ飛んだのかこれも原因不明なのです。


いろいろ戸惑うことが起こったラウンドになりました。

来週のラウンド予定

10月も中盤を過ぎ、スポーツの秋というような爽やかな季節になりました。

そのためか、先週は楽天1人予約の成立する確率が高くなり、月曜日から金曜日まで5日連続でラウンドすることができました。


月曜から木曜日までの4日間は阿蘇大津GCで、金曜日は阿蘇グランビリオGC西コースでのラウンドでしたが、全て「1人目無料」プランの利用です。


経験的に「1人目無料」プランによる成立は、1週間に2回もあればよい方で、1回も成立しないこともあるのです。
誰かが先に予約しているところに入れば開催はほぼ確実ですが、私の場合はほとんどが「1人目無料」プランの1人目として2人目以降の予約が入るのを待っているためです。


これは同じゴルフ場でも「1人目無料」プランが平日は毎日数件はあるため、1人目には誰かが入っていても2人目がいない場合が多く、ずらりと1人目だけがいる状況が毎回あるのです。


大津GCやグランビリオは、毎日4~5件の「1人目プラン」を募集しているので、他の「1人目無料」プラン利用の常連さんに尋ねても、「ほぼ5回に1回くらいの成立率ですね。」と言われます。


私の場合は、「アプローチの達人」や「鉄人」といった1人予約で知り合いになった方々が、ときどき入って来てくれるので、比較的に成立率は高いのかもしれませんが、もともと成立すればラッキーという程度の考えでもあります。


ラウンド予定日の前日の正午までに成立しなければ、翌日にラウンドできるゴルフ場を探して3人目や4人目で入ることになりますが、ほとんど宇土チェリーや菊池CCになる場合が多く、このためホームコースの赤水を除くと、大津・グランビリオ・宇土・菊池というゴルフ場でのラウンドが多くなりがちです。


私が3人目や4人目で入るゴルフ場選択の基準が、安価なゴルフ場ということなので、安価なプランを時々出す菊池と火曜日の宇土はねらい目になります。
菊池はステーキ付きで4,999円というプランが時々出ますが、通常は6千円程度ということになります。
宇土は火曜日だけ食事付き4,500円というプランがあり、これも時々利用しています。


ラウンドを回数を重ねるためには、できるだけ安価でなければ財布が持たないためですが、料金の安いゴルフ場だから簡単なゴルフ場ということもなく、どこもそれなりに難しいゴルフ場であり、料金の高いゴルフ場と比較してもそん色はないと思っています。


料金の差は、いわゆる格式といったプレーの内容とは関係ない場所にあり、私自身はそんなところには価値を見出せないため、気にしないのです。


そんな中で大津GCは、無料プランを出しているゴルフ場としてはコスパが高いゴルフ場だと思います。
コース管理は毎日されていて、まず景色がきれいなゴルフ場です。グリーンもそれなりに速く、池がらみのホールも多く、昨年は日本ミッドアマの会場になるような本格的なチャンピオンコースです。


経営がオリックスに変わり、集客が平日でも多いのは、やはりコースの質と料金の比較でお得感が高いのだと思います。
コンペを開催しても、大津だと誰も文句は言わないだろうという雰囲気があり、それなのに食事付きで平日は6千円台だというリーズナブルな料金であるため、幹事には使いやすいゴルフ場なのです。


クラブハウスも豪華で、誰を連れて行っても恥ずかしくないゴルフ場ともいえます。
過去には、福岡ソフトバンクの納会ゴルフも数回行われたようで、サインの寄せ書きが休憩室の壁に貼られています。


さて、来週は月曜日から金曜日まで大津GCの1人予約に入れていて、火曜日以外には2人目が入っています。
月曜日には「アプローチの達人」と「鉄人」それに先週ご一緒した50歳代の方が入って来られ、ほぼ開催決定は間違いないとことです。


火曜日と水曜日は現在の予報では天気が崩れそうなので、火曜日は誰も入っていませんが水曜日の2人目の方がキャンセルになるかもしれません。
木曜日には3人目まで入っていて、金曜日は2人目が入っていますが、天気さえよければ追加で予約が入るはずです。


1人予約は前日の夜に急にラウンドしたいと思って探される方が多いようで、2人目が来ていて成立すると3人目が入ってくるケースが多いようです。
2サムでのラウンドかと思ってゴルフ場に行ってみると、夜のうちに3人目や4人目が予約されて4バックということもあり、前日の夜でも予約できることが人気の1つです。


今週も無料プランだけで3ラウンド程度は大丈夫そうなので、大津に行くことになりそうです。
後は天気次第ですが、秋の好天が続くことを祈っています。