三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

タッチの差でセーフ

今日は熊本地方は天気予報どおり朝から雨で、兄とのラウンドを延期して正解でした。

気温も低めで、やや肌寒く、現在は16時近くになっていますがまだ雨は上がらず、ラウンドには向かない天候だったのです。


兄とのラウンドは水曜日に延期でしたが、明日もラウンドしたいと思い、先週も行ったチェリー宇土に予約を入れようと思っていました。


もともと阿蘇のグランビリオゴルフ場の1人予約を入れていましたが、誰も入って来なさそうで、グランビリオには他のスタート時間でも1人だけも多く(全員1人目無料プランです)、成立は無理だと思っていました。


前日の正午が成立のためのタイムリミットなので、11時まで待ちましたが誰も来ません。それでグランビリオはキャンセルして、1人だけ予約が入っていたチェリー宇土に予約を変えようと思ったのです。


パソコンを開き、キャンセルの手続きをしようとしたら、なぜか同伴者が1人入っています。
1人予約の場合、同伴者が入るとメールでのお知らせがあるのですが、メールさえも届いていないような2人目の予約が入ったばかりだったようです。
もし、キャンセルのページを開くのが1~2分でも早かったら、2人目が入ったことに気付かないままキャンセル手続きをしてしまったところだったので、タッチの差でセーフでした。


2人目に入って来られたのは「アプローチの達人」で、明日の天気が回復するかどうか最新の天気予報を確認して予約を入れられたようです。
達人は雨の場合はラウンドされない方なので、ギリギリまで天気予報を確認されていたのでしょう。


幸い、タイミングが良かったため入れ違いにならなかったのですが、私が出てしまった後では達人だけがの残され、不成立になってしまうはずでした。


しかし、どうにか12時を過ぎて明日のグランビリオは成立したので、明日は早朝から阿蘇に向けて出発の予定です。
スタートは8時17分と早めですが、7時台の時間帯はちょうど阿蘇への二重峠越えの県道が、通勤の車で大渋滞する時間になりそうです。


自宅からグランビリオまでは早朝だと1時間10分ほどですが、二重峠付近は7時頃から混み始めるため、自宅を6時前には出ろうと思っています。
そうすれば大渋滞前には峠越ができる計算なので、ゴルフ場にはかなり早めに着くことになります。


グランビリオには練習用の施設が打ちっぱなし練習場と練習グリーンだけしかないため、あまり早く着いても時間を持て余しそうです。
明日は西コースなので、達人と2人だけなら、前組に誰もいないことが条件ですが12時までには余裕で終わりそうです。
ただグランビリオには、韓国からの宿泊客が多くいて、朝から大声でスタート室の係員に何かを要求している光景をよく見ます。


彼らは、無理なことでも言えばどうにかなるという考えがあるようで、スタート時間の変更は当たり前で、全くルールを守らない困った方々のようです。
先日は、一方通行の西コース2番で、コースを逆行してくる2台のカートがいました。たぶん、道を間違えたのでしょうが、すでにティーグランドで打とうとしている我々の組をしり目に、堂々と反対側からカートを走らせて来るのです。
ティーグランドの横を通るときに、何か会釈や手を上げるなどするならまだしも、仲間内だけで大声で韓国語で怒鳴り合っていました。


またコース内のバンカーには足跡だらけで、入れると大変です。レーキで平らに直すという意識は彼らには全くありません。
こんなゴルファーに誰がしたとも思いますが、国民性なのかもという思いも最近の諸問題を見ていると頷けるものです。


とにかくマナーなど欠片もない、韓国人観光客ゴルファーには困ったものです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。