三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

百花園ゴルフ場へ練習に行く

今日は土曜日なので、通常は何もしないでテレビでゴルフ関係の番組を見るのが日課になります。
しかし水曜日に百花園ゴルフ場でラウンドしていたので、土日の割引券(平日料金になる)を持っていて、それを使って練習ラウンドに行きました。


晴天だったら百花園Gは賑わうのでしょうが、今日は天気が下り坂で時折霧雨も降る天気だったためか、思いのほか来場者が少なかったようです。
それでも、9時に到着して15分ほど待ってスタートすることができました。


同伴者は3人でしたが、それぞれが顔見知りのようで、そのうちのお一人とは水曜日も同組になっていて、「常連さんですか?」と尋ねたら「ほぼ来ています。」という答えがありました。


その方は、ハーフで終わられましたが、もう2人とは結局2回目も3回目も一緒になります。
しかし、3回目の6番が終わって、お上手な1人が後ろの人と回ると言い出し、もう1人の方まで抜けてしまい、3回目から一緒になった年配の方と7番から9番まで2サムで回ることになりました。


抜けた方は百花園のやはり常連さんで、百花園の年間チャンピオンを決めるチャンピオンシップで惜しくも優勝を逃された方のようです。
ショットはほぼ真っすぐに距離も出て飛び、パットも常に強気で打たれていて、1回目も2回目もそれぞれほぼパープレーに近いスコアでしたが、3回目で一緒になった年配の方の動きが気になったようで、それまで決めていたパットが入らなくなり、とうとう嫌気が差したのかもしれません。


5番のグリーンで、ピンを持った年配の方に、もう少し後方に避けてくれと言われたので、かなり途中から気になっていたようです。


その方は、1回目の5番のティーインググランドで待っていた際に「最近はマナーなどをやかましく教えてくれる人がいないから、、。若い人だと教えればすぐに気を付けてくれるのに、、。」と言っていました。
1回で終わった方が、「自分はあまり気にならないけど、気にする人は気になるみたいですね。」と答えていましたが、「〇〇さんはティーショットのルーティンに入っているときに手袋を必ず『ベリっ』っと音を立てる。」とボヤいていました。


「自分はルーティンに入った後に、動かれたり音を立てられるのが嫌なんだ。」とも言っていましたが、確かにそのとおりで百花園では他人に無頓着な人が多いのも事実です。


また「1ホールか2ホール見ていれば、まぐれでパーを獲ったのが実力で獲ったパーなのかすぐに分かる。」とも言っていて、年配の方のプレー内容があまり気に入らなかったのかもしれません。


しかし、年配の方はまさしく百花園シングルみたいなプレーぶりで、手前から転がして乗せるショットで2バーディーを取られていて、下手だったわけではなかったのです。
確かにティーショットは飛ばないけど、セカンドを手前から転がして乗せるというまるで「指宿のチャンピオン」のようなゴルフです。
百花園のグリーンを知り尽くしているようで、どこからでも寄せてきます。


抜けられた方にとっては、年配の百花園シングルを認めがたい気持ちだったのかもしれません。


とにかく今日は3回とも上手な人ばかりで、それなりに緊張感を持ってラウンドできました。
しかし、本来はアプローチの練習に来ていたのに、1回目は7番だけグリーンを外すという内容で、全くアプローチの練習にはなりませんでした。
2回目も2回グリーンを外し、結局3回全てボギーにしてしまいます。


3回目こそ、1回だけ寄せ1がありましたが、アプローチ自体は上手く打ててなく、たまたまパターが入っただけでした。


58度ウェッジでのアプローチはまだ慣れてなく、どうしても距離が不足してしまいますが、座りが良いため構えてからの安心感はあります。
もう少し練習して、武器になればいいなと思っています。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。