三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

久しぶりの百花園のラウンドは疲れた

今日は久しぶりに百花園ゴルフ場へ行ってきました。
百花園ゴルフ場は熊本市北部の合志市にあるショートコースで、熊本では土日はビギナーの登竜門になるゴルフ場ですが、平日はお年寄りがとても多いゴルフ場です。


1番から4番までが320y~330yほどのパー4で、5番から7番までがパー3、8番が300yほどのパー4、最終9番がパー3になりますが、手引きカートを引っ張って歩くスタイルのパブリックのゴルフ場になります。

    (7番のティーからの光景。グリーンはセンター奥)


名物ホールは7番パー3でHDCP1のホールになります。平坦で真っすぐですが、左に小山の傾斜があり、右手前と左サイドにバンカーがある230yの難関ホールです。
7番以外のパ―3は130y~160yほどの距離ですが、グリーンが硬めでなかなかパーオンは難しいホールになります。


そのため常連の年配者は、手前から転がすというテクニックを駆使し、ドライバーの飛距離は出なくても見事にスコアを纏めてくる達人も多いのです。
常連の中には80歳を過ぎた方も多く、ハーフ(1回)の料金が70歳以上は千円という安さなので、散歩代わりにラウンドするというお年寄りもかなりいます。


百花園はほとんどアップダウンがなく平坦なコースのため、90歳近くの方も来られていて、見た目が若々しく、年齢を聞いて驚くような答えがあることもあり、将来の自分もこんなに元気にラウンドできていれば最高だなと思うことも多いのです。

 (阿蘇の山々に向かって打つ4番パー4。平坦でフェアウェーは広い)


コースは平坦の絨毯のような芝が生えていますが、曲げると林の中に打ち込んだり、OBもあったりとビギナーにはかなり難しいコースともいえますが、ほとんどの方のゴルフデビューが百花園というケースが多く、私のデビューもここ百花園でした。


5番パー3で人生初のパーを獲った思い出がありますが、1番パー4のティーショットの記憶以外は、パーを獲った記憶だけで、どんなショットを打ったかも全く記憶していません。


久しぶりに歩きのラウンドになり、休憩なしに続けてラウンドをしましたが、さすがに3回目は疲れてしまい、かなり混んでホール毎に待ち待ちになった関係もあり、6番でホールアウトしてそのまま同伴者に挨拶して切り上げました。


6番からクラブハウスまでが途中で切り上げるのには一番近いため、途中で止める人はほとんどここまでは来て、終わるケースが多いのです。


今日は携行用の小さなキャディーバックにドライバー、23度UT、6I、8I、9I、PW、52度ウェッジ、パターの8本だけ入れて行きました。
ミドルホールでは全てドライバーが打てるし、上手く当たったら残りはほぼウェッジの距離になりますが、風があるときは1番手上げて打つ練習をしました。


1回目は、1番~5番まで1アンダーでしたが、6番~9番までボギーが続き、結局3オーバーで終わりました。


2回目は、1番パー4でドライバーショットを左の土手に打ち込み、セカンドはつま先下がりのラフから6Iでグリーンの右手前にオンし、左奥のカップに25mほどもある長いパットを上手く寄せてパー発進して波に乗りました。
ショットが好調で、3番と9番以外はパーオンし、バーディーチャンスを迎えましたが、最難関の7番だけ真っすぐなラインでのバーディーゲットでした。
それ以外は、微妙に切れる高麗グリーンに翻弄され、カップ手前で切れたり切れなかったりと苦戦しましたが、グリーンを外してもカラーだったので難なくパーを重ね、1アンダーで終えることができました。


百花園ではなかなかパープレーは難しいのですが、アンダーを出すとそれなりに嬉しいものです。


しかし、疲れが出た3回目は1番でドライバーショットをチョロってしまい、セカンドも右のラフ、そこからのアプローチをざっくりしてしまい、グリーン手前から左奥のピンにどうにかアプローチを寄せて1パットのボギースタートでした。


2番で4mのバーディーパットを入れて持ち直すかに見えましたが、3番で奥に外しアプローチを1m弱に寄せてのパーパットがカップに蹴られてしまい、ボギーになります。
4番ではアゲインストの風で大きめの9Iで打ったら見事にオーバーし、奥からのアプローチも寄せきれずのボギー、5番では左端のピンを狙ったら左のバンカーインになりボギー、6番でも140yを6Iで距離合わせしようとしたら止まらずに奥に外します。
ここはアプローチを寄せてパーでしたが、ここで同伴者に「ここで終わりますので。ありがとうございました。」と挨拶し、終わりました。


久しぶりに歩いて、足が痛くなってしまい、歩くことの大切さを思い知らされました。
12月~2月までは高麗グリーンがメチャ速くなるため、毎年、百花園で練習をするのが恒例行事です。
今シーズンも、週一程度でラウンドする予定です。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。