三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

札幌ボギークラブ

北海道の岩見沢に出発するのはまだまだ先だと思っていましたが、あっという間に春になり、来週はもうバンテリンレディスが開催される時期になりました。
そろそろ北海道でのラウンドの計画を立てようと思い、楽天やバリューゴルフの1人予約を眺めてみましたが、まだ6月はそんなに予約は入っていない状況です。


それで熊本にKDG(「熊本でゴルフ」というネットサークル)があるように、岩見沢市にもゴルフサークルがあるのではと思い、ネットで検索してみました。
残念ながら岩見沢市のネットサークルは見つからなかったのですが、札幌で活発に活動されているゴルフサークルを見つけました。


「札幌ボギークラブ」という名のサークルで、メンバーも100名近く在籍されています。
既に4月から6月までのサークルコンペの日時も決定していて、6組から7組の枠で募集がしてあり、中にはすでにキャンセル待ちになっている日もありました。


KDGでは毎月1回開催の月例にも2組からせいぜい3組の参加者数ですが、札幌ボギークラブでは月に3~4回のコンペを開催されているのにも関わらず、常時6組の参加があるような状況で、北海道ゴルファーのゴルフ熱の高さが伺えます。


私も以前、ゴルフサークルのお世話係をした経験がありますが、コンペを開催するのはかなりエネルギーが必要なのです。
場所の選定から予約枠の確保、参加者の組み合わせ表作成、各参加者のHC管理、賞品の買い出しやニアピン等フラッグの準備そして当日の受付です。


本当はスタート前は練習をしたいけど、コンペの担当者になると1番最初にゴルフ場に来て、ずっと参加者を待つことになります。
参加費を徴収して、組み合わせ表を渡し、遅刻しそうなメンバーの組み合わせを後ろに回したりするなど、スタート室とのやり取りも出てきます。
スタート前にはあいさつや新顔メンバーの紹介、そしてニアピンやドラコンホールの発表などをして、パター練習をする暇もなくスタートする羽目になってしまいます。


終わったら、コンペルームに賞品を並べたり、スタート室に結果を貰いに行ったりした後、表彰式を行います。
全員が帰った後、ゴルフ場にあいさつしてやっとその日の役目が終わることになり、自分のスコアどころの話ではないほどの慌ただしい一日になります。
もちろん、一人ですべてを行うわけでなく手伝ってくれる人も多いのですが、幹事の苦労が分かっていない人は能天気に文句ばかり言ってくる人さえいます。


「〇〇と一緒は嫌だから別の組に替えてくれ」とか「〇〇のHCがおかしい」とかはよくあることで、そんな苦情はたいていスルーすることになります。


幹事をしていて一番困るのが、当日来ない人がいることです。電話をしても応答がなく、きっと急いで向かって運転中なので出れないのだろうと善意に解釈し、できるだけ後ろの組に回すため、組み合わせの変更を後ろの組の人に頼んだりします。
そうやって自分の練習もできないまま、ロビーで遅れてくる人を待つことになります。
ヤキモキしても、時間までにやってくる人だったら良い方で、中にはこちらからの電話にやっと出て、「今日だったっけ?間に合わないからキャンセルして。」とのんきな声を聴かされることもあります。


また終わってから同伴者の悪口をさんざん聞かされ、「次からは絶対自分と組み合わせるな!」と怒る人もいます。


当時のサークルは、ゴルフ初心者教室の卒業生で作っていたもので、ゴルフ経験者だという理由だけで会長から幹事を依頼されていたものです。
月1回のコンペでしたが、さすがに1年経過後に幹事をお役御免にしてもらい、その後はサークルコンペへの参加も足が遠のきました。


メンバーのほとんどは退職後の趣味で始めようとゴルフ学校に入校し、3か月間たった週1の練習でほとんど上達しないまま卒業を迎え、ゴルフの「ゴ」も知らないままコンペに参加する人たちばかりでした。
在職中はそれなりに社会的地位もあったであろう方々なのに、やはりわがまま一杯の方がどうしても一定数はいます。
幹事の経験が一回でもあればその大変さが分かるのでしょうが、ゴルフと同じで回りが見えない「わが道を行く」タイプは、幹事を引っ掻き回すことになりがちです。


長々と以前の愚痴を書きましたが、それだけゴルフコンペの幹事は大変なのです。ボランティアで自分のスコアは諦めて、参加者のお世話を裏方でしているのが幹事なのです。
コンペに参加するときは、幹事に感謝し、できるだけ受付などを手伝うようにしています。


きっと札幌ボギークラブはみんなで協力しあえるような雰囲気のよいサークルなのでしょう。
そうでなければ月3~4回のコンペに6~7組の参加者があるはずがありません。
さっそく6月の3つのコンペに参加希望を出しました。
隨縁、ハッピーバレー、シャムロックと岩見沢からでも参加できる距離にあるゴルフ場です。


北海道ではできるだけ異なったいろんなゴルフ場をラウンドしてみたいと思っています。
「ゴルフメンバーズ」というサイトで、すでに千葉の方々とシェークスピアとグレート札幌でのラウンドを決めています。


もし札幌ボギークラブのコンペに参加できるなら、北海道のゴルフ場のうちまず5つが達成できます。


別行動の南阿蘇のゴル友と指宿のチャンピオンと3人で4~5つのゴルフ場には行くだろうから、あと残り10コース程度を一人予約で探すことにします。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。