三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

今日はお得なラウンド(新千歳カントリークラブ)

今日は楽天の1人予約で、「1人目誰でも無料」のプランで新千歳CCを予約していたら3人の応募があり、幸運にも無料(税金など430円は必要)でラウンドできました。


同伴者は地元の方と神奈川から来たというお二人です。
途中からキタキツネが付いて回り、餌をねだろうとしていましたが、残念ながら餌やりは禁止のようです。

ここはPGMのコースですが、北隣に同系列のグレート札幌CCがあり、また南隣には千歳CCという紛らわしい名称のゴルフ場もあるので、間違えないようしっかり確認して8時前には到着しました。


今日はコンペが入っているようで、たくさんの来場者がいましたが、ここには2つのコース(オリカコースとハマナスコース)があるため、ラウンド中は全く混んでなく、8時45分スタートでしたが順調にお昼過ぎにはラウンドは終了しました。

コースは適度のアップダウンがあり、強風のためクラブ選択が難しかったのですが、大叩きが幸いなく、それなりにスコアメークができました。

ただ決めたい距離のパーパットを今日は全く決めれず、5番から8番まで連続ボギーにしたことは反省点です。
全てパーが取れてもおかしくないカラーからの寄せのパットがことごとく弱く、丁寧に行こうという消極的な意識が災いしたようです。


幸い、11番のロングとティーショットを右に曲げた1番でパーオンして1mと4m入れてバーディーが来ましたが、それ以外は2mほどの入れたいパーパットを外しまくるという内容でした。


ドライバーショットを含むティーショットは、1番以外はほとんどがフェアウェーヒットでき、セカンドもほぼグリーンオンかカラーにオンするという好調さで、もう2~3打は縮められる内容だったと思います。


終盤はスコアを守ろうという意識が強くなり、積極性がなかったことが反省事項です。
明日は地元の岩見沢雉が森カントリークラブで、じっちゃま達との勝負の予定です。
たぶん36ホールでしょうが、前回の勝ちパターンを踏まえ、積極的なショットを打たないと、また負けてしまいます。


じっちゃま達のアプローチの正確性は自分より上手く、同じ土俵にしてしまっては勝つことができません。
まず飛距離のアドバンテージで先にパーオンすることで、じっちゃま達のアプローチの精度を狂わせることが勝ちパターンになります。


特にチャンピオンは、ほぼボギーオンを1ピン以内に寄せてくるので、こちらが最低でもパーは間違いなしというショットをしなければ、易々とパーを拾ってくることになります。
流離いのゴルファーも最近は寄せの精度が高く、寄せ勝負では2人の後塵を拝する結果になります。
どこでも良いので、パーオンするというのがまず勝利の方程式のようです。


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。