三重苦ゴルファーの日記

68歳になった飛ばない・寄らない・入らないの三重苦を持つシニアゴルファーの日記です。

真冬のラウンド

 今日は阿蘇ハイランドの早朝枠を「アプローチの達人」が予約し、私を同伴者登録してあったため、まだ暗い中を阿蘇まで行ってきました。


 今日の天気予報では穏やかな晴れ間が広がり、気温は16℃ほどまで上がり暖かいとありましたが、それは早朝の阿蘇には当てはまらず、ゴルフ場の駐車場に着いた6時40分頃は零下2℃ほどで、その後の夜明け頃には-3℃ほどまで下がります。

 練習グリーンでスタート前に確かめた際には、表面は凍った粒で白くなっていたものの、その下の芝は硬くなく表面だけが凍っているだけのグリーンでしたが、さすがに-3℃になる冷え込みで、2番グリーンからは凍り付いてしまっていました。

(1番ホール横の練習グリーンは表面だけ凍っている感じでした)

(温泉施設の湯を貯める槽から、暖かそうな湯気が立ち上がっていました)

(1番はコース全体が白く凍り付いていました。こんな日でもカート乗り入れ可だったので助かりました)


 カートに乗せていた達人のペットボトルのお茶が凍り気味になっていたほどで、「こんな寒い中をご苦労なことだ」と自嘲しながらのラウンドになりました。


 1番パー4こそ残り50yのセカンドショットはピン奥に転びましたが、大きく跳ねた感はなく大丈夫そうでしたが、2番パー4のセカンドはピンに向かっていたもののグリーン上で大きく跳ね上がり、危うく3番コースまで行ってしまうほどのオーバーでした。


 そのことがあって3番パー4では先に打った達人の球が手前から跳ねて届かないと思ったものがグリーンオンしたため、私も手前の花道を狙うと逆に1mも跳ねずに止まってしまいます。


 そんなこんなで大変でしたが、今日はパットが決まり大叩きせずに前半のスコアが纏まります。

(9番パー5に来てもコースは白く凍っていましたが、太陽が昇ってきて日が当たるようになると、陽にあたる場所は徐々に溶け始めます)


(10番横の楓?の木に太陽光が当たって奇麗でしたが、写真ではそこまで奇麗に映っていませんでした)


 後半になると太陽からの日差しでグリーン表面の氷は解けたものの、内部の凍結は依然残っていて、見た目とのギャップに苦しめられます。
 特に14番からはカップ切りの係員を追い越し、昨日のピン位置のままになってしまい、カートにあるナビのピン情報とは違ったため、オーバー目に打って硬いグリーンで跳ねられてしまうことになってしまいました。


 9時過ぎにスタート室横に戻ってきましたが、きっと10時頃からのスタートだったら暖かく問題ないラウンドができただろうなと思いましたが、そうなると進行が遅くなるため精神衛生上は悪く、少々の悪条件でもそれを楽しむほうが良いと思っています。


 明日は、LPGAの女子選手4人によるRKKスキンズマッチがこの阿蘇ハイランドのコースであるため、我々のラウンドはお休みです。
 1番から7番までアウトコースを使い、8番からインの17番・18番を使う9ホールで実施され、今年は熊本出身の大里桃子に竹田麗央、それに吉川桃などが出場するようですが、私は見に行くことはありません。
 来年1月にRKKで放送されるはずで、見逃してもTVerでしばらくは配信されるから、そちらを見るようにしています。


 明日も早朝は寒いだろうけど、日中は阿蘇でも気温が上がるため、きっと好勝負が見られることでしょう。