三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

ノースバレーCCの決闘?

今日は、日本最北端のゴルフ場であるノースバレーCCで流離のゴルファーとのマッチでした。
朝から稚内は強風が吹き荒れ、ときどき霧雨も降るあいにくの天気でしたが、どうにか1ラウンドを終了しました。
いつもだったら追加ラウンドをしようという提案があるはずですが、流離のゴルファーは疲れ切ったようで、すでに気力がなくなったようです。


その理由は、風が強くショットが曲げられ、ラフに入ったボールがなかなか見つからないことでエネルギーを使い果たしたようです。


コース自体は広いのですが、ラフが極端に伸びているわけではないのに、球がすっぽり隠れてしまうほどの長さなのです。
真上から見ないと分からないほどで、あるはずの場所にないということはロストになってしまい、スコアもボールもそして探す時間と打ち直しに戻る時間も失ってしまいます。


普段は大きくボールを曲げない流離いのゴルファーも、さすがに今日は何度も球探しに時間を取られます。
私が3度はボールを見つけてあげましたが、流離のゴルファーが探している場所とは遠く離れた場所にあり、風と転がりの良さで思わぬ距離が出たりしていました。


自分は3度も見つけてあげたのに、反対に自分のボールは見てないと言われ、4個も球を失ってしまいます。
それ以外でも何度も球探しに時間を取られ、リズムも悪くなってしまいます。


今日は流離のゴルファーに7打のハンディーをあげてのラウンドでしたが、前半でロストを繰り返し、結局ハンディを1打しか縮められなかったのが敗因でした。
それでも後半は1打ずつ返していき、とうとう最終ホールでタイになり、パー5で絶対的な有利だったのに、コースの罠にはまってしまいます。


最終ホールは、流離のゴルファーは1打目を右ラフに打ち込み、セカンドも距離が出ず、3打目でグリーンの右手前まで運びます。
私はフェアウェーからきっちり2打目を残り100yに刻み、グリーン右の池を避け右からの強風に乗せてピンの左3m手前にナイスオンするはずでした。
しかし、球が思うように止まらず左に転がっていきます。傾斜が右から左にあるようで、右からの強風にも押され転がって9mのバーディーパットになりました。


すると流離のゴルファーが右から下りのアプローチを絶妙な転がしで1mに付けてしまいます。
これは分けかなと思ってのバーディーパットは、思ったほど転がらず1.5mもショートし、パーパットも外してしまいます。
流離いのゴルファーは、きっちりパーパットを決め、「絶体絶命だと思った最終ホールを奇跡の逆転勝ちだ」と喜んでいました。



終わって話をすると、風に翻弄されて、今日はとっても疲れたラウンドになったと言っていました。
確かに小柄で距離の出ない流離のゴルファーにとって、グリーン状で風に煽られるほどの強風の中でのラウンドは厳しかったようです。
それでもいざという場面で難しいアプローチを見事に決める技に脱帽し、寄せられたことで勝ちと思っていた気持ちを焦りに変えられました。

最北端のティーである3番パー3の看板も、最北端のコースだという看板もなんとなく安っぽいなと思ったノースバレーCCでした。


次は南宗谷ゴルフ場での戦いを予定しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。