三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

ステップアップの賞金女王争いは大激戦

LPGAステップアップツアーの第19戦「かねひで美やらびオープン」が昨日終了し、試合前の賞金ランキングで2位に付けていた谷河枝里子プロが通算4アンダーで逆転優勝しました。


谷河プロは、この優勝で優勝賞金360万円を獲得し、今年のステップアップツアーの獲得賞金額を20,507,285円としています。


試合前までの賞金ランキング1位だった福山恵梨プロも、通算イーブンで4位タイに入って賞金100万円を上積みし、獲得賞金額を18,943,252円としています。


その差は1,564,033円ですが、残り試合は優勝賞金360万円の「日台交流うどん県レディース」と優勝賞金270万円の「京都レディース」の2試合となり、まだ最終戦までどうなるか全くわかりません。


今年からステップアップツアーの賞金ランキング1位者には、来年度のLPGAレギュラーツアーの出場権が与えられることになりましたが、その1つの権利を巡って、白熱した争いになっています。


制度改正の初年度に、このレベルの高い争いになったことはとても良いことだと思います。
ステップアップツアーの試合数や賞金額が以前と比べると比較にならないくらい多くなり、もしかしたらぶっちぎりで賞金ランキングを独走する恐れもあったのです。


しかし、谷河プロと福山プロの2人が今年はそれぞれ3勝し、賞金額でも3位以下を大きく引き離し、次戦以降は2人の争いにきっとニュースなどでも取り上げられ始めることになるでしょう。


ただ気になるのが、次戦の「うどん県レディース」が10月13日から15日までの3日間トーナメントになり、最終戦の「京都レディース」が10月19日から20日までの開催になることです。


つまり、うどん県レディースの最終日が終わって4日後には京都レディースが開幕するという過密日程で、疲労などを考慮するとかなり厳しい日程になるようです。


ステップアップツアーの今年の開催日を見てみると、レギュラーツアーが最終日が日曜になるように組まれているのに対し、ステップアップではかなり変則的な日程になっています。


特に9月が厳しい日程だったようで、9月17日に最終日だった3日間トーナメントの「山陽新聞レディース」の3日後(9月20日)から「ちゅーピーレディース(最終日9月22日)」が開催されていて、4日後の9月26日から「フンドーキンレディース」が3日間開催されています。


試合数が増加したしわ寄せが、こうした過密日程になっているのでしょうが、移動日や練習ラウンドのことを考えると、選手はほとんど休みなしで試合に出ることになります。


もちろんレギュラーツアーでないので、試合があるだけで幸せという考えもありますが、開催経費の少なさでスポンサーが付きやすくなり、試合数増加につながったことで、将来ある選手の故障などに繋がらないかと余計な心配をしています。


将来性豊かな選手として、今年プロテスト合格組の有望新人3人がいます。
1人はレギュラーツアーでアマチュア優勝経験がある、勝みなみプロで、「かねひで美やらびオープン」でも2日目までトーナメントリーダーでしたが、最終日に同組の谷河プロに逆転されてしまいました。


テレビで見ていると、16番辺りからショットの際に手を放す動作が多くなり、優勝争いのプレッシャーがあったのかなと思いました。


もう一人が地元沖縄出身の18歳の新垣比菜プロです。この試合でも4位タイに入っていて、165cmの大型新人の予感がします。


そして最後に2位タイに入ってる立浦葉由乃プロです。立浦プロは愛知県出身の21歳ですが、オーストラリアのHills International Collegeにゴルフ留学をしたという変わり種で、今年のプロテスト合格組です。
この試合では最終日に何度も短いバーディーチャンスを外していましたが、タラレバでいえばあのパットを入れていれば優勝もあったはずです。ショットは申し分なく、もしかしたら将来は世界に羽ばたく選手になるのかもしれません。


ステップアップツアーはこうした将来性のある新人プロの状況を見ることができるのも楽しみの一つです。
スカイAの中継で、満遍なく紹介してくれるため、より楽しみが広がります。


最後に私が注目していた選手も併せて紹介していきます。


地元沖縄出身の与那覇未来プロは、新垣プロと並び4位タイに入っています。
与那覇プロはプロ5年目の25歳で、身長155cmと小柄ですがステディーなゴルフをする印象があり、カストロールレディース5位を上回るステップアップツアーでの最高順位になりました。
この試合でも、もう一歩というところで優勝争いには絡めませんでしたが、アマチュアがプレーを参考にすべきプロだといえます。


熊本出身の豊永志帆プロは、7オーバーで21位タイに終わりました。豊永プロはプロ6年目の27歳で、身長169センチのスラリとした体形をしています。
今年はレギュラーツアーにも6試合出場していて、「北海道meijiカップ」では7位タイに入っている中堅プロです。
ステップアップツアーでも、カストロールレディースで見事優勝を飾っていて、QTのセカンド免除の資格をすでにゲットしています。


今年のステップアップツアーでは、1位はレギュラーツアー出場資格ですが、2位~5位にはサードQT免除、6位~10位がセカンドQT免除という特典があります。
ツアー出場資格を持たない選手にとって、QT(クオリファイトーナメント)は来年の試合(ステップアップツアーも含む)に出場できるかどうかを決める大切な試合です。
この結果で上位はレギュラーツアー出場資格を与えられますが、応援している小橋絵利子プロも昨年のQT31位の資格でレギュラーツアーに参戦しているのです。


最後に有望新人の1人に入れるべきですが、最近の一押しは金澤志奈プロです。
金澤プロは茨城県笠間市出身の22歳で、今年プロテスト合格の新人ですが、すでに山陽新聞レディースでステップアップツアー初優勝を果たしています。
その後の試合も、7位タイ、2位タイ、11位タイと安定した成績を残していて、ぜひ今年のQTで上位に入り、シンデレラガールになってほしいものです。
金澤プロは身長164センチとこれまたスタイルの良いゴルファーで、きっとテレビ映りが良いので、レギュラーツアーに上がればマスコミが注目するのではと期待しています。


やはり男性目線で見ると、女子プロには花があってほしいものです。強いだけでは人気は得られません。
ファンあってこその女子プロであり、その意味ではビジュアルに優れた最近の若手プロには今後を期待です。



ラウンド中の携行品の中の必需品とは

今日から世の中は体育の日を含んだ連休に入りますが、毎日が日曜日の年金生活者にとって、土日はラウンドがお休みの期間になります。


どうしても土日や祝祭日はラウンド代が高いし、道路も混雑気味になるから、わざわざそんな中でゴルフに行かなくてもという気持ちがあるからです。


サラリーマン時代は、基本が土日しか休みでなく、メンバーコースに足繁く通った時期もありましたが、退職前は部活の指導に奔走し、ほとんどゴルフからは遠ざかっていました。


メンバーコースでは明日・明後日とオープンコンペが開催されるようですが、今のところ行く気は起こっていません。


さて、ラウンド中のポケットの中身について、今日は書いてみたいと思います。
ゴルフは、昨日も書きましたが、クラブやボールだけでラウンドできることはなく、いろんなグッズが必要になってきます。


まず手袋(グローブ)です。素手を好みグローブを使わない人もいたり、両手ともに使う人などそれぞれですが、私は右利きなので一般的な左手だけのグローブを使います。


キャディーバックには、天然シープ製のグローブと雨天用の合繊グローブをそれぞれ2~3枚入れていて、左前のポケットにはその日使うグローブを1枚入れるようにしています。
夏場は汗かきなので合繊グローブを利用しますが、本当は天然シープ製の方がグリップがしっかりするのでお好みです。


グローブは以前からキャスコ製品を愛用しています。ゴルフ用品でのキャスコというメーカーは、あまり人気があるとは言えないブランドですが、なぜか「グローブはキャスコ」というイメージが私の中にはあり、初心者の頃からずっとキャスコ製を愛用しています。


グローブをポケットに入れるのは、パターの際はグローブを外すからで、いいか悪いかは分かりませんが、癖としてグリーン上ではそうしています。
ただ雨の日のグリーン上では、かなり面倒くさいと思うこともあり、パターグリップも滑りそうで、グローブのままパットに挑むこともあるので、必ず外さなくてはとは思っていません。


左のポケットにはハンドタオルも入れています。これは基本的にボール拭き用のタオルで、汗拭き用のタオルは後ろの左右のポケットに2枚入れ、それ以外にもスポーツタオルをカートに後ろに入れています。


私はスコアカードは基本的に携行しません。カートの中にほぼ放りっぱなしです。
スコアを記入するのは前半が終わる辺りからですが、自分のスコアはもちろん同伴者のスコアも記憶しているので、困ることはありません。
試合以外でのスコアカードには、自分のスコアとパット数、それにセカンドなどで使ったクラブを書くようにしています。


同伴者のスコアは、試合でのマーカーになるなど以外は全く記入しません。スコアカードの同伴者の部分には、使ったクラブとフェアウェーキープしたかの記号Ⓕを書くようにしています。


ラウンド中に、一生懸命に同伴者のスコアをスコアカードに書いている人が多いようですが、私は無駄だと思い、一切書かないことにしています。
ただ、同伴者のスコアは見ている限り、1番からビデオで巻き戻しをするように覚えているので、スコア申告での間違いにはすぐに分かるし、どういうプレーをしたかも自然に思い出すことは可能なのです。


右前のポケットには、ラウンド中に特に大事なものを入れています。


まず予備球です。OBを打ったりすることもあり、すぐに暫定球を打てるよう1個は予備球を持つということを、初心者の頃からの癖にしています。


そしてゴルフ場備え付けのプラスティック製のボールマーカーも1つだけ持つようにしています。
普段は帽子に付けたマグネット付きのものを利用しますが、同伴者のラインに近いなど邪魔になりそうだと思ったときは、言われる前に埋め込みできるプラ製のマーカーを使います。


ちなみに帽子に付けるマグネット付きのマーカーは、文具屋で買った1個130円程度の普通のボード用マーカーを使っています。
これはゴルフ専用のマーカーは高価だということと、よく失くすため、安価で補充しやすいことが大きな理由です。


そして昨日書いたティーを長短1本ずつ入れています。


最後に一番大事なものですが、グリーンフォークを1個携行するようにしています。
グリーンフォークは、グリーン上のピッチマークを修復するための必需品で、私はどこかは忘れましたがゴルフ場にあったプラスティック製のグリーンフォークを愛用しています。


これまでプレゼントしてもらった重厚なフォークや、景品で貰った豪華そうなフォークを使ったことがありますが、このフォークが一番手に馴染み、お気に入りです。


ゴルフ場に用意されているものは薄っぺらいものが多いのですが、この愛用しているのは厚みが適度にあり、とても使い易いのです。
全てのゴルフ場にマーカーの横にグリーンフォークを用意してもらえればと、願ってします。


グリーンフォークはゴルファーにとって、必需品だと思います。次の写メは先日行った菊池CCのトイレの壁にあったものです。

グリーンの芝は繊細であり、自分たちも奇麗な緑のグリーンでプレーしたいと願っています。
そうであれば、自分が作ったピッチマークはもちろんのこと、目についたピッチマークは、同伴者のプレーに邪魔にならないように修復したいものです。


もちろん、スロープレーに繋がったり、同伴者のプレーを妨げたりするのはよくありませんが、グリーン上では同伴者がパットのラインを読んでいる間や、まだ構えに入る前などちょっとした時間はあるものです。
カップから離れた場所で、同伴者のプレーに気を使いつつ、ピッチマークを修復する機会はかなりあるはずです。


私はピッチマークの修復の際などは、ゴルフの神様から好かれたいと思って積極的に取り組むようにしています。
半分は冗談で半分は本音なのですが、なにかモチベーションがあるほうが、ピッチマークに目が行きやすいと思っているからです。


それにしてもグリーン上のピッチマークの多さには驚きです。
自分が作ったピッチマークをそのままにしてるその意識が信じられません。
きっとそんなゴルファーは周りにも気が配れない、へっぽこゴルファーなのでしょうが、普段でも常識な行動がとれない大人たちなのでしょうか?


もし、この記事を読んでグリーンフォークを携行していないという方は、次のラウンドから携行して、グリーン上のピッチマークを修復してみませんか?
きっとゴルフの神様が微笑んでくれ、スコアが少し良くなるかもですよ。



ティーアップの留意点

私はドライバーショットの際は、DAIYA GOLF製の「エアロスパークティー」の ロング(84㎜)を愛用しています。
ロングは地面に差す部分が45㎜で、地上部分が39㎜という設定です。

なぜ、このティーを使うようになったかというと、450円ほどなのに3本入りなので求めやすいということもありますが、無くなり辛いということが最大の理由です。

以前は、タバタ製のリフトティーを使っていましたが、性能には不満はなくてもティーショット1回ごとに無くなることもあり、さすがにコスパが悪いと感じていました。
ある日、同伴者が使っていたこの手のティーを見て、ショップに探しに行き、たまたま置いてあった「エアロスパークティー」を選んだのです。


エアロスパークティーには他に、レギュラー69㎜(地面に差す部分が40㎜で、地上部分が29㎜)とエクストラロング94㎜(地面に差す部分が45㎜で、地上部分が49㎜)がありますが、私はロング84㎜を愛用しています。


その理由は、ロングが一番長さを調節しやすいからです。


レギュラーであれば、ティーインググランドの芝の刈高が高い場合、ほとんどティーの高さを感じなくなり、見た目が低いと感じてしまいます。
反対にエクストラロングは、刈高の短い場合に高すぎると感じるからです。


ロングの長さであれば、芝の刈高に合わせて、微調整ができるのです。


一般的にティーを高めにすると掴まりやすくなり、右に行きづらいため、右OBなどのホールでは若干地面に差す分を余してティーアップするようにしています。


反対に左がOBの場合は、地面に差す部分を最大限まで突き刺し、地上面の39㎜の長さをそのままにするようにすると、私にとってはやや低めのティーアップとなり、掴まり辛いため引っかかりは無くなります。


あまりティーの高さに神経質にならないようにと思っていますが、芝の刈高がそれぞれ違うため、見た目でのティーアップの5㎜程度の上下の調節は必要に応じてやっています。


また、ドライバーを使わないホールでのティーはショートティを使用していますが、本来はウッドティーを使うべきなのでしょうが、私はプラステックティーを愛用しています。
その理由は、軽いため遠くに飛ばないことと、色付きなので探しやすいということです。

私はパー3のホールではUTや5I以外のショットでは、極力ティーなしで打つようにしています。
これは、セカンド以降のアイアンはティーアップできないのだから、アイアンの練習と思って打ち始めたことが最初です。


ショートホールのティーインググランドは、ほとんどが整備されていて、球をそのまま置いて打つことができます。
しかし、荒れていたり人工芝の場合はティーアップすることになります。


しかし、最近はティーアップすると上手く当たらないことが多くなりました。
どうしてもフェイスの上っ面に当たることが多く、右に飛んで距離が合わないケースが多いようです。
ティーアップすることで左に引っ掛けるイメージがあるのですが、反対方向へのミスが多いため、今後はしっかり摑まえる意識でティーアップした際は打ちたいと思います。


以前は、ティーアップについては適当にして打っていましたが、最近はショットに影響を与えることが分かってきたため、神経質にはならないけど無頓着にもならないように気を付けています。


ゴルフでは、ドライバーやアイアン・ボールなど直接プレーに影響する用具が脚光を浴びやすい傾向にありますが、ティーや手袋など目立たないけどショットに影響を与える隠れたグッズもあるのです。