三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

KKT杯バンテリンレディス初日

今日からLPGAツアーのバンテリンレディスが熊本空港CCで開催され、ボランティアとして参加しました。
昨年は、ちょうどこの日14日が開幕前日となり、熊本地震によりいったんは延期でしたが、翌日15日の本震で結局は中止になったという経緯があります。


今日から3日間のボランティアは、前回とは異なって、毎日違った業務が割り当てられました。
今日初日の業務はフォアキャディーです。


今日は6時40分集合だったので、4時半に起きて5時半前には空港カントリーまで出かけて行きました。
途中、駐車場に指定してある家畜市場に車を停め、シャトルバスでゴルフ場まで向かいます。


6時半前にゴルフ場に着くとまず受付を行い、健康申告書という用紙に健康状態を書いて提出すると代わりにボランティア帽子とウインドブレーカーを渡してくれます。
その後、朝食のサンドイッチとお茶を受け取って、7時の説明まで朝ご飯を食べながら、時間をつぶすことになります。


隣で座っていた方に声をかけると、千葉から来ましたと答えが返ってきます。ボランティアのためわざわざやってきたそうで、日曜日に終わったらまた千葉まで帰るという話でした。
九州各地から集まるボランティアは多いのですが、関東の千葉から来た人は初めて知りました。
ボランティアでどこに行ったなどの話をして、7時の説明を待ちました。


7時になると各係ごとに呼び出しがあり、「フォアキャディーの人は入口正面の机辺りに集まってください。」とアナウンスがあり、集合するとすでに事務局が割り振ってあるホールごとの担当者が発表になりました。
私は7番のセカンド地点のフォアキャディーを指定され、もう一人大分から来たという方と一緒に2人で担当することになりました。


大分の方とアウト・セーフを示す青・白のフラッグや球の位置を示すピン、それに休憩用の椅子と打球事故防止用のヘルメットを持って7番まで移動します。
1組が8時スタートなので、7番までくるのに1時間半ほどかかると計算して、仕事始めは9時半からになりますが、7時半にはスタンバイを終えてしまいます。
実はLPGAの担当者が回ってきて、待機場所の詳しい指示や業務の説明をするとのことで、早めに行っていたのです。


8時過ぎにはカートに乗った「LPGA」というジャンパーを着た女性が来て、待機位置や合図の旗の色などを説明してくれました。
旗の担当は大分の人に任せて、私は左の谷に落ちる球の行方を担当することにしました。


ここ7番ホールは、打ち上げで右ドックになる370yほどのミドルホールですが、空港CCの中で一番攻略が難しいホールのようです。
右曲がりのちょうど曲がる部分、ティーから230yほどに右バンカーがあり、その左がねらい目になります。
選手はそこを狙って打ちますが、ほぼ3分の一がバンカーインでした。


このホールはティーインググランドに立つと、右バンカーが口を開けて待っているように見えます。
そのバンカーを避けて打ちたくなりますが、当たらないと段下の傾斜、真っすぐ当たると止まらず奥の傾斜に止まってしまい、奥の傾斜からは木々の枝がフェアウェーまで張り出し、低い球を打たなければならなくなります。


プロがせっかくナイスショットを打っても、つま先下がりで残り130yほどを低い球でしか打てないという難しい局面になり、好ショットが報われない意地悪なホールです。
飛距離が出る渡辺プロだけがバンカーをものともせず、軽く超えて残り60yほどの地点まで打ってましたが、距離が出ないプロやミスで右目に打ってしまったプロが、グリーンが狙えず強制的に刻まざるを得ないという状況も多かったようです。


LPGAのHPを見ると今日の7番は平均が4.5926という1番難しいホールで、単純計算ですが10人中6人がボギーで4人しかパーはないことになり、プロでもなかなかパーが取れないホールになっています。


現実の7番の結果を調べてみると、バーディー5人、パー44人、ボギー50人、ダボ5人、トリ1人という内容で、やはりボギー以上の人数が上回っています。


しかし、さすがプロで打ってはいけない左へは3人だけで、そのうち2人は傾斜の途中に止まっていて大けがには繋がってなく、残りの松森プロは距離が出て傾斜を突き抜けて5番のグリーン手前まで飛んでいました。


つまり8時から16時まで同じ場所で待機していて、私が動いたのはたった3回だけで、あとはギャラリーとしてプロのプレーを見るだけという開店休業状態でした。


一緒にいた大分の方はフラッグ担当でしたが、一度もOBの合図をすることもなく、セーフの合図は忘れて、とうとう一度も振らずじまいだったようです。


初日を終わって首位には3アンダーで熊本出身の上田プロが付け、以下アンダーパーは1アンダーの2位タイ2人のたった3人だけという結果が空港CCの難しさを表しているようです。


私がファンになっている小橋絵利子プロは、通算1オーバーで13位タイという好位置で初日を終わっています。


小橋プロはインスタートになる22組目で、ちょうど7番の待機場所が5番ホールのグリーン脇になっていたため、まず5番のグリーン回りのプレーを近くで見れました。
黄色のウエアに包まれ、華やかな雰囲気を出してた小橋プロですが、5番はグリーン手前のバンカーに捕まり、バンカーショットは上手く打てたように見えたけどグリーンが早くて止まらず、1ピンほどのパーパットも外すボギーでした。


それまでの結果を知らなかったため、ズルズルとスコアを崩しているのかなと思ってたら、なんと前半のインは1ボギー、後半のアウトも5番のボギーだけで2番で先にバーディーが来ていたため後半はイーブンと、持ち味の堅実なゴルフを展開していたようです。


確かに7番はみんながハマったバンカーインでしたが、後続のティーショットを確認しながら左の遠く離れたグリーンをチラチラ眺めていたら、ホールアウトと共に拍手が起こり、パーセーブしたのが分かったので良かったと思っていました。


明日はスコアラーです。小橋プロは好スコアだったので割と後ろの組になっていて、9時8分アウトスタートの13組のようです。
上手く抽選の籤で13組を引き当てられないかなと思っています。
まぁそれはともかく、小橋プロには今年の賞金額がまだ65万円余りなので、このバンテリンレディスで上位に入り、高額賞金をゲットしてもらいたいものです。
優勝すれば1800万円という金額ですが、まだチャンスはあります。
ここ空港CCのコースでは爆発的なスコアは望めないだろうから、まず明日を辛抱強くスコアを纏め、決勝進出を決めて賞金ゲットを確定させてほしいものです。
そして、最終日もパープレー辺りで纏めると、きっと上位も見えてくるでしょう。
がんばれ!小橋絵利子プロ(^^)

シニア会後半

今日は最初の組だったため、そのままスルーでインに向かいます。


10番400yパー4はドライバーショットが右目に飛び、ラフでした。
前の木の枝が邪魔で、5Iでスライスをかけようとしてトップしてしまいます。
フェアウェイからの40yのアプローチは強めに入り、カップ奥にオンでした。
5mの下りはスライスと読みましたが、どういうわけか真っ直ぐ転がり、1mのボギーパットも左に外すダボでした。
エアレーション跡でショートパットは思わぬ方向に転がってしまいます。


11番140yパー3は8Iでいつものように右の花道に運びます。
PWで転がそうとしたけど、上手くヒットせず3mを残し、パーパットも入らずボギーでした。
今日は寄せも悪かったけど、入れたい距離のパットが全く入りません。


12番420yパー4はドライバーショットが左目に飛びラフでした。
22度のUTのショットは当たらず、右手前のバンカーのギリギリ左でした。
ここは52度でアプローチしたら上手く打て、チップインかと思ったけどピンに当たってカップの淵に止まります。残念ながらパーでしたが、長いミドルでのパーゲットはうれしいものです。


13番347yパー4はアゲインストの風の中、ややテンプラ気味に右のラフに飛びます。8Iで左からの風にぶつけようとしましたが、叩き落されてグリーン手前にオンでした。
右奥のカップへの12mのバーディーパットは、1mショートし、このパーパットも左を抜けてしまいます。
ここも先ほどからの同伴者のパットが先に左からカップインしているため、どうしても左を狙ってしまうのですが、どうもこの方にかなり影響されてしまっています。
その方は、ここでやっと初パーという内容だったのですが、どういうわけか同じようなラインにばかり付いて先に打たれるという展開でした。


14番500yパー5は19度のUTで正面の木を超え、ナイスショットでした。5Wでグリーン手前まで運び、40yのアプローチショットをダフってしまいます。
10yのアプローチはグリーン上でキックが反対になり、1.5mのパーパットもエアレーションの穴でジャンプして右に外れます。
強めだと影響は少ないけど、短いパットはかなり影響を受けてしまいます。


15番367yパー4はここもドライバーショットが当たり、フェアウェーセンターでした。
残り130yを8Iで打ったら、全く当たらずグリーン手前のコブも越しません。アプローチも短く、4mのパーパットは右に外れ、ここもボギーでした。


16番190yパー3は強いアゲインストの風の中、22度のUTでグリーン左に外れますがナイスショットでした。
しかしエッジからPWでの転がしは思ったほど転がらず、2.5mからのパーパットも入らずのボギーでした。


17番353yパー4はドライバーショットが右に飛んでしまい、木々がグリーンをブロックする場所でした。
間を低く抜いて打とうかと思いましたが、打ちそこなうとOBになるため自重して一旦フェアウェーに出すことにしました。
左バンカー越えになる60yのアプローチショットは、右目を狙いカップ右にオンしました。
ここは5mのパーパットが素直に転がり、今日初めて長めのパットが入るパーでした。
セカンドで無謀なことを自粛して、無理せず刻んだことが良い結果になったようです。


18番506y右ドックのパー5は、ドライバーショットがナイスショットしてフェアウェーです。
200yほど打とうと22度UTで打ったら左の池の方向に飛び、ヒヤリとしましたがラフで留まります。
ここも前の桜の枝がスタイミーで、残り100yのアゲインストの中、PWにしようかと迷いましたが、安全に木越えをするために52度で打ちました。
いい当たりで「乗れ」と叫びましたが、アゲの風でわずかに届かず、ピンまで8mのエッジでした。
ここはPWの転がしかパターかで迷って、安全にとパターで打ちました。
思ったより転がり、カップ上に付いた80cmはエアレーションの穴でどちらに持っていかれるか分からず怖かったのですが、ここは真っすぐ転がってくれどうにかパーゲットでした。


後半は5ボギー、1ダボの7オーバー43となり、通算は15オーバーの87というスコアでした。
パット数は、今日は酷い数字の37というものでしたが、エアレーションの影響で仕方ない面もあります。
マッチプレーチャンピオンは1打多い88、もう一人の方は100叩きの101というスコアでした。


今日もドライバーはそんなに大きなミスは9番以外はなかったのですが、グリーンを狙うアイアンの当たりが悪かったようです。
ロングホールでの2打目に使った5WやUTはそれなりに結果が出ましたが、アイアンとアプローチの精度が悪いため、スコアメークに苦しむ展開になりました。


ドライバーでは圧倒的に優位な立場に立ちながら、アイアンでミスをして優位性を失うことが多かったのです。
アイアンが当たらなかった理由は、肩の痛みで上手くバックスイングができなかったためですが、ドライバーは当たるのが不思議です。
五十肩になってからドライバーショットが割と好調なのは、五十肩でスイングに支障があることと何か関係があるのかもしれません。

あつまる阿蘇赤水GCシニア会

今日は背中の具合もまだ本当ではなかったけど、日曜日の月例をドタキャンしていたため、続けてのキャンセルはダメだと思い、朝から赤水まで出かけて行きました。


今年からのシニア会は毎月一回平日の開催ですが、今年は天候の巡りあわせが良くなく、先月などは雪でクローズになっていて4月にして今年初めての開催となりました。


今日の同伴者は先日のマッチプレー決勝で闘った方と、中央CCのメンバーでもあるという年配の方です。


1番410yパー4はドライバーショットが右目に飛び、つま先上がりのラフでした。
6Iでフックを予想して右目を狙ったら、左のピンに対しそのまま狙った場所の右にオンして、2パットのパースタートでした。


幸先の良いスタートでしたが、早速次のホールでやらかします。


2番368yパー4は先ほど右目に飛んだため、左を狙ったらそのまま真っ直ぐ飛び、カート道路を超えてしまいます。
OBがあるため暫定球宣言して、暫定球を打ちましたが、これも左です。
セカンド地点に行くと2個ともセーフでしたが、つま先下がりのライから7Iで右に行くと左を狙ったのがそのままフック気味に飛んでしまいます。


ここも暫定球宣言して、2個目の球を打ちましたが初球はバンカー左の小山の上に残ってました。
本当はラッキーなのに続けての暫定球ですっかり動揺してしまい、20yほどのアプローチをダフって、バンカーインでした。
SWを持って行ってなかったけれど、カートまで取りに戻るのが面倒と思い、52度で打ったらアゴに当たり、2回目でやっとグリーンオンでした。


5mのダボパットはわずかに右を抜け、お先にのパットも外して、ダブルパーの8という結果になりました。


今日の赤水のグリーンやフェアウェイはエアレーションがしてあり、特にグリーン上は穴が点々と空いて所々には砂が溜まっています。
短いパットを外したのも球に付いた砂のいたずらで、ピックアップして拭くべきでしたがもう後の祭りです。


せっかくOBを免れたのに、自分で自分を追い込み、苦しいゴルフにしてしまいました。


3番137yパー3は8Iでピンの左手前にナイスオンでしたが、上りの4mを打ち切れずパーに終わりました。
今日はエアレーションの影響もあり、球の転がりがかなり影響されますが、条件はみな同じです。


4番489yパー5は左ドックホールですが、19度UTで左バンカー先にナイスショットです。
しかしフェアウェイなのにエアレーションで荒れています。
ティーにいるときにトラクターが動いてましたが、今まさに耕したばかりのようです。


泥が付いてた球でしたが22度のUTでフェアウェイに打て、残り100yを52度かPWで迷います。
ここはアゲインストの風ということもあり、PWで打ったら奥に乗ってしまいます。
8mのバーディーパットは、転がらない予想に反し1mオーバーし、返しのパーパットもエアレーションの穴で曲がってボギーでした。
強めのパットは影響が少なく、カップ周りの微妙な距離は影響する厳しい状況です。


5番372y打ち上げのパー4はドライバーショットが左に飛び、ラフでした。
前に桜の枝が邪魔していて、残り125y打ち上げを7Iで右からフックをかけたら曲がりすぎて左奥に外します。
10mほどのアプローチは上手く当たらず、下りの4mは右に外すボギーでした。


ここはいつもは上からは早く、奥に付けた同伴者もことごとくショートしてましたが、砂の影響が大きかったようです。


6番400yパー4はドライバーショットが当たり、残り150ヤード表示杭の内側です。
8Iで手前にナイスオンでしたが7mのバーディーパットは左を抜けてパーでした。
やっとこれでボギーペースに戻ります。


7番194yパー3は19度のUTで打ちましたが、グリーンに止まらず奥に外します。
下りのアプローチはカップ左1mでしたが、この距離を右に外しボギーでした。
ここは真っ直ぐと見てたのですが、同伴者のパットが最後に大きく左に切れたのを見てしまい、右に打ってしまいます。
同伴者のミスパットに影響されるのもアマチュアの悪いところです。


8番405yパー4はドライバーショットがナイスショットしたのに、フェアウェイから8Iでダフってしまいます。
バンカー越えの15mのアプローチは転がらず、上りの4mのパーパットはショートし、ボギーでした。
先ほどと同様、このホールも同伴者のパットにどうしても影響されます。
先に同じラインをノーカンで打たれると、ショート目になるのはある意味仕方ないことです。


9番500yパー5は、ドライバーショットが右に飛び、あわやOBになるところを木に当たり、難を逃れます。
セカンドは5Wで距離を稼ぎ、フェアウェイから8Iでカップ奥にオンしましたが、6mのバーディーパットは手前から左に曲がり、バーに終わりました。


前半は4ボギー、1ダブルパーの8オーバー44というスコアになりました。


マッチプレーを闘った方は相変わらず、遠目からウッドでナイスオンさせたかと思うと、簡単なミスをされたりと出入りが多く、私より1打少ない43というスコアでした。
もう1人の方はパーもボギーもなかなか取れず51というスコアでした。