三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

久しぶりの百花園は歩きで疲れる

今日は1人予約の阿蘇グランビリオが流れたため、当初はラウンドの予定はありませんでした。


しかし、天気は良さげで、明日から寒くなるという予報もあり、急遽思い立って百花園ゴルフ場に行くことにしました。


百花園のある合志市まで西部循環道路という自動車専用道路を使うと40分足らずで行けます。
予約は出来ず先着順でのスタートになりますが、平日だし、そんなに混まないだろうと8時過ぎに自宅を出発しました。
8時45分には到着し、受付をすると「2番目のスタートになります。」と言われ、すでに1番ティーでは前組がティーオフ中で、慌てて手引きカートにバッグを摘んだり、ティーなどの小物を準備します。


同伴者は、お二人でそれぞれ50歳代かなと見受けられましたが、2人とも全くしゃべらない人でした。
スタートティーでも2人ともに「よろしくお願いします。」の挨拶もなく、結局3番バッターの私だけが「よろしくお願いします!」と挨拶してティーオフしました。

(朝日がまぶしい1番のティー横からの風景)


今日の1番パー4は、カップ位置が手前の傾斜が面倒な場所に切ってあり、1回目。2回目がそれぞれ3パットボギーとし、3回目は手前からアプローチしましたが、1mのパーパットがやはり入らず、3回とも全てボギーでした。
ドライバーショットは、3回ともフェアウェーの同じような位置で、計測をしていませんでしたが、フェアウェー中央のソテツまで197yなので、それを物差しにすると230yほどだと思います。

(2番パー4は、右の木がコースを狭く見せますが、右奥は結構広く空いています。)


2番パー4は、3回とも右目のフェアウェーで、セカンドは3回ともに9Iでした。2回目に測った計測が227yだったので、ほぼ3回とも同じような飛距離です。
ここは1回目と3回目が右やや奥目にオンし、2回目はややダフリ気味に手前カラーにショートしましたが、全てパターで3打目を打って、3回ともパーゲットでした。

(3番は赤ティーからは真っすぐなパー4になりますが、青ティーからは、、、。)

(3番の青ティーは右にあるので、右ドックレッグホールみたいな形になります。同じコースをティー位置を変えてあるだけですが、ドライバーショットの狙い場所が大きく変わります。)


3番パー4は、1回目はドライバーショットがスライスしてしまい、林の中に打ち込み、U4で転がしてフェアウェーに出し、そこから3オンしましたが、パーパットはカップ手前で右に切れるボギーでした。
2回目・3回目はそれぞれ左右のラフから手前にショートし、アプローチで1mに付けてパーゲットでした。
今日の3番はピン位置が手前で、グリーンが硬いため、直接乗せると奥まで転がり、下りのパットになってしまうため、手前で1クッションする攻めをしましたが、なかなか乗りませんでした。

(4番は3番と並行して折り返すホールなので、どちらかがアゲインストになります。今日は4番がアゲインストでした。ティーはこの画像の左側になります。)


4番パー4は、1回目234yの右ラフ、2回目は擦って203yのフェアウェー、3回目は237yのフェアウェーで、1回目は手前にショートしてU6で寄せてパーとし、2回目と3回目はバーディーパットでしたが、それぞれわずかに外すパーでした。

(5番のグリーンのアンジュレーションもかなり強烈です。真ん中が高いため、奥に打つとこぼれてしまいます。これは2回目の右手前にオンした時の画像。)


5番パー3は、1回目は8Iでピンの右6mにオンして2パットのパー、2回目は右手前にオンしてバーディーパットを上りを意識して打ちすぎ、ピンチでしたが返しの1m強が入りパー、3回目は奥からの9mのバーディーパットはカップ先が急激に傾斜していたので打てずに3パットのボギーでした。

(6番ホール。左側のネットの支柱を塗装替えする工事があっていた。)


6番パー3は、前回まで塗装工事で使えなかった本グリーン使用になっていました。1回目と2回目はアゲインストの中、7Iで上手くフェードが打て、ピンに絡みましたが、それぞれ4mほどのバーディーパットはカップ淵を抜けるパーとなり、2回目は少し前の赤ティーだったので8Iで同じようにピンに絡むもパットを決めきれませんでした。


7番パー3は、1回目と3回目が距離230yで2回目は距離200yです。1回目と3回目は5Wで打ち、1回目は右ラフからのアプローチが止まらず、奥からのパットをどうにか寄せてボギー、2回目はU4で奥にオンして、1回目と同じラインを寄せて2パットのパー、3回目は右バンカーから1mに寄せてパーゲットでした。


8番パー4は、1回目はピンの右3mでしたがバーディーパットは左を抜けパー、2回目はセカンドを手前ラフにショートしアプローチで1mに付けてパー、3回目は250yショットでフェアウェーからPWでピンの先30センチに付けるナイスショットで「お先に」のバーディーでした。


9番パー3は、1回目はピンの左にオンし、8mのバーディーパットはわずかに右を抜けるパー、2回目は右に外しアプローチを直接グリーン面に打って傾斜を転がり、1回目と同じようなラインをやはり同じようにカップ横を抜けるボギー、3回目は右カラーに外し、52度でアプローチがショート目でしたが、2mを入れてパーでした。


2回目は1回目のお一人が抜け、年配のお一人が入ってきます。3回目もそのままかなと思っていたら、クラブハウスに帰ってきたときに聞き覚えのある名前がコールされていました。
以前、同勤したことのあるチェリー宇土のメンバーで、同じ年齢の方だったのです。
3人だけのコールだったので、急いでスタート室に向かい「知り合いなので、今スタートする組に入ることはできませんか?」と尋ね、前に繰り上がりました。


以前は宇土のHDCP9というシングルさんでしたが、現在は7.4になり、コンペなどでの入賞が厳しくなったと嘆いていました。
県アマなどの競技にも積極的に出ているようで、8割ショットがコツだと言っていて、なるほど軽やかなスイングでそれなりの飛距離を出していたのはさすがだと思いました。


6番までイーブンで来ていましたが、7番でダボ、8番でもボギーとして、結局3オーバーだったようです。
まだ大学で嘱託として働いているようで、来年までゴルフ代を稼ぐと言っていました。


久しぶりの百花園で久しぶりの人に会った一日になりました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。