三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

グリーンが読めず止まらず

今日はゴルフメンバーズの募集のあったラウンドのため、札幌北広島ゴルフ倶楽部に行ってきました。
今日は、千葉の上級者とその連れの方及び福島からのお二人とは別組になり、地元札幌からのお二人と大阪から来られた方との4人で回ることになりました。

(立派なホテルが併設され、2階にはスポーツクラブもあるようです。)


北広島GCの西コースはネットで見ると料金が高そうでしたが、今日は13時スタートのいわゆる薄暮プレー扱いのようで、千葉の方がプレー割引券を出されたため、4,720円でのお得な料金でした。

(スタート前にバンカー練習しましたが、かなり砂が柔らかで、距離が出しにくい砂でした。)

(千葉の上級者と福島の年配の方のアプローチ練習は、よくピンに寄っていました。)

(見えないけど、フェンスの向こうにはテニスコートがあります。ゴルフ場も3コースあるようで、大きなリゾート施設のようです。)


今日はかなりの来場者があるためかスタートが30分も遅れ、、強風が吹き荒れる中、ラウンドのペースが遅く、待ち待ちで結局終わったのが18時前という長丁場のラウンドになりました。


今日は途中までスコアが悪かったため、諦めたプレーになりかけましたが、90叩きを回避するため上りの3ホールを頑張ります。
どうにか普段のスコアで纏めることができましたが、途中はやることなすことチグハグなものになり、ミスショットも出始めたのは、疲れがあったのかもしれません。


特に苦戦したのがグリーンで、思いのほか転がりが良く、なかなかパットが決まらず、短いパターを外しまくりました。
また打ち上げのグリーン面ではなかなか止まらず、奥へ転がるというのはグリーンの硬さによるものですが、それも苦戦した要因です。

(コースは東、西、南のそれぞれ18ホールがある大きなゴルフ場です。)


1番パー4はアゲインストの風の中、左バンカーを超えてフェアウェーでした。残り120yの打ち下ろしでしたが、強烈なアゲインストだったので8Iで打ちましたが、風に負けて手前の花道でした。
20yほどのアプローチは手前にバウンドして、いい感じと思ったのが、球が止まらず左奥に転がってしまいます。
傾斜が左に下っていたようで、返しの8mのパーパットは上りと思って強めにヒットしたら3mもオーバーし、このパットも1mオーバーしましたが、どうにか入れてダボでした。
スタートホールのナイスショットが生かせないダボは、かなりガックリ来てしまいます。


2番パー4はドライバーショットが左目のフェアウェーで、左からのフォローと思った80yのショットを52度で打ったら、距離が足らずバンカーのアゴに突き刺さってしまいます。
バンカー淵から30cmほどの斜面に埋まった超目玉の球を、どうにかエッジに出し、52度のアプローチは1mに付きましたが、このボギーパットを左に外す連続ダボになってしまいました。
絶好の位置から、フォローと読んだ風がなぜかアゲインストになったようで、風が読めなかったのが、苦戦の原因です。


3番パー3はアイランドグリーンです。ここもアゲインストかフォローか微妙に風が舞っていましたが、基本はアゲインストと読み、PWでしっかり目に打つと、ピンの右に落ちて傾斜でピンに寄って1mのバーディーチャンスでした。
しかし、これも左に外してしまい、絶好のチャンスを生かせません。


4番パー5は短い距離表示でしたが、左の林が効いていてスライサーには狙いにくいホールでした。
ドライバーショットは右ギリギリのフェアウェーで、UTで残り110yのフェアウェーでしたが、打ち上げでアゲインストだったため、8Iで抑えたショットをしました。
しかし、グリーン奥にオーバーしていて、パターで1m弱に寄せてどうにかパーゲットでした。
とにかく打ち上げのグリーンに球が止まらないのは、グリーン面が硬いのが原因のようで、距離感がかなりズレてしまいます。


5番パー4はドライバーショットが左目に飛びましたが、木々を超えて残り70yのラフでした。52度でピンの右7mにオンでしたが、バーディーパットは右に外れパーに終わりました。
ラインを読みますが、左のピンに右手前からスライスになるとは思わず、かなり混乱させられます。


6番パー5は556yと最長のホールです。ここは左目にドライバーショットは当たりましたが、左曲がりのグリーン方向に大きな木がスタイミーになっています。
軽いつま先上がりのフェアウェーから、UTで上手くフックが打て、左サイドのフェアウェーでした。
PWで手前5mにナイスオンでしたが、このバーディーパットもフックと読んで右を抜けてしまいます。微妙にグリーンが読めません。


7番パー3はセンター170yでピンは左手前でフォローの風だったので、7Iで打ちましたが止まらずに奥まで転げてしまいます。
14mほどのバーディーパットは距離感よくカップに寄りましたが、最後に左に曲がり、パーに終わりました。


8番パー4はやや右曲がりのコースをショートカットして、コースを横断するカート道路でした。
手前にドロップしてPWで打ちましたが、これをトップしてしまい、奥の斜面に打ち越します。暫定球を打ちましたが、幸い奥のラフに止まっていました。
左足上がりのラフから木の枝を避け、PWで低めに打ちましたが、グリーン奥に乗っただけで、6mのパーパットは1mショートしてピンチでしたが、どうにか入れてボギーで凌ぎました。
しかし絶好の位置からのヘッドアップしてのトップは、OBにならないだけマシと考えましたが、バーディーチャンスを作る距離でもあり、もったいないものです。


9番パー4はドライバーショットはフェアウェーでしたが、打ち上げでアゲインストの中、7Iで抑えすぎて手前にオンでした。
奥のピンに12mほどのバーディーパットは思いのほか転がり、1.5mもオーバーしてしまい、返しも下りを意識して打てずに左に外すボギーでした。


前半はスタートホールからの連続ダボと8番・9番のもったいない連続ボギーで、6オーバー42というスコアで、パット数は19打も打ってしまいます。
グリーンの速さがイマイチ分からず、一般的な受けグリーンでないため、距離感をかなり狂わされてしまいました。


後半はそのまま10番へ向かいます。


10番パー5は、ドライバーショットがナイスショットでしたが、グリーンの右に100y手前から池があるため、せっかくのナイスショットが生かせません。池に届かない7Iでフェアウェーに打ち、9Iで左のピンに対してセンターにオンしましたが、7mのバーディーパットはカップの右を抜けてパーに終わります。


11番パー4はドライバーショットはセンターにナイスショットでしたが、ダラダラ上りでアゲインストだったので、U6で打ったらトップしてしまい、手前にショートでした。
グリーン面が見えない30yのアプローチは手前に落ちた感触でしたが、グリーンに行ってみると奥のカラーまで転がっています。
パターでスライスと読んだ10mのアプローチは、なぜか左に切れてしまい、2mのボギーパットも下りが怖くて打ち切れず、ダボになってしまいました。
なぜアプローチが止まらないのか、スライスと読んだラインが左に転がるのか不思議な感覚で、ますます混乱してしまいます。


12番パー4はドライバーショットが右目に飛びましたが、ラフ辺りを探しますが見つかりません。
ロストですが、1ペナ扱いにしてラフから8Iで打ったら、やはりグリーンに止まらず奥の傾斜にこぼれてしまいます。
ここは52度で1mに寄せて、どうにか1パットのダボでした。
グリーン面が硬いのが、やっと実感しましたが、止まるショットをしていても止まらないのが癪に障ります。


13番パー4はドライバーショットはフェアウェーセンターでしたが、セカンドの7Iがつま先上がりの傾斜に引っ掛かりフェースが開いて、大きく右に飛んでしまいます。
カート道路で跳ねて、右の傾斜に落ちてしまい、ラフからPWでピンの手前4mにオンでしたが、パーパットは左に外すボギーでした。


14番パー3はU4で打ってグリーンの左エッジに外します。ここはスタート前の練習場で、SWの刃を使った転がしを千葉の上級者に教わっていて、その技を使うつもりでした。
前組の福島の方が、次のティーから見ていて「あの技を使う場面だ!」と声をかけてきますが、もちろんそのつもりです。
言われたように、球を左足の外に置き、SWの刃で打とうとしましたが、フェースに当たってしまい、距離が出ません。
ヘッドアップしてしまったのが、ミスの原因で、前組が見ている中、ちょっと恥ずかしいミスでした。
4mのパーパットは左に外し、ここもボギーにしていまします。


15番パー4はドライバーショットが当たらず、左ラフに行ってしまいます。打ち上げを7Iで打ったらシャンクが出てしまい、右のフェウェーからのアプローチショットは右手前で、5mのパーパットは左に外すここもボギーになりました。
疲れからのためか、どうも足の踏ん張りがきかなくなり、スコアも同じように踏ん張りが効かなくなってしまいます。


このままズルズルとスコアを崩すと90叩きもあると思い、自分を叱咤激励しますが、次もドライバーが当たりません。


16番パー5はドライバーショットが当たらず、左のバンカーインでした。6Iでフェアウェーに運び、PWで抑えたショットは今度こそピンに絡んだと自信がありましたが、グリーンに上がってみると奥まで転がっています。
見ていた福島の方が、「ぴったりと思ったでしょ?ファーストバウンドはピンの手前だったけど止まらず、次でスピンが効いて止まったけど。」と言われ、千葉の上級者も「ここに限らず北海道のグリーンは、硬めで打ち上げのショットは止まりづらい。」と仕方ないような慰めを言ってくれます。
8mのバーディーパットはショートしてパーに終わりましたが、とりあえず踏ん張ることはできました。


17番パー3は、打ち下ろしで距離が160yほどですが、右前からの強烈な風で見ていた前組のショットが大きく左に外れていました。
そのためU4で右方向に風と喧嘩させようと打ったら、計算通りグリーン中央にナイスオンでした。
10mのバーディーパットはカップの右を抜け、返しの50㎝を入れてナイスパーでした。


最終パー4は「ここは絶対パーを取る。」と同伴者に宣言して、気合を入れてドライバーを振りました。
センターにナイスショットし、9Iで今度こそ乗せようと抑えたショットはグリーンに上がってみると、やはり奥ギリギリにオンでした。
下りの10mのバーディーパットは左に1m強オーバーしましたが、これを強めに打ってパーゲットでした。


後半は、4ボギー1ダボの6オーバー42スコアで、17パットでした。
振り返ってみると、もっとスコアは縮められそうでしたが、ミスが出てしまい、結果的にはいつものスコアになり、これが今の実力のようです。
せっかくのドライバーショットが生かせないのがもったいなく、曲げるとリカバリーが効かないのも悪い展開でした。


上りの3ホールを我慢できたことは良かったのですが、もっと早くから我慢しろと自分を怒りたい気分で終わりました。


明日も、先日に雉ケ森でご一緒した初老の方にお誘いを受け、北海道リンクスで午後からラウンドが入りました。
当初は休養日にしていましたが、せっかくのお誘いだったので、あまり無理をせずにボチボチラウンドをすればよいかなとお受けしました。


木曜日は札幌ボギークラブのコンペがあり、日曜日から5連チャンになってしまいますが、疲れないようなゴルフをしたいと思います。


今日で千葉の上級者の方とお連れの方は、空路でそのまま帰られます。楽しいラウンドの日々でしたが、また来年の再会を期して握手して別れました。
また福島のお二人とも、今日から別々になり、また会いましょうとお別れしました。


今日、初めてご一緒した大阪の方とは、来週もアロハカントリーで一緒にラウンドする予定です。
北海道で、道外からきたゴルフ好きのいろんな方々と知り合いになり、楽しい日々を過ごすことができましたが、また来年も北海道に来たいなと心底思っています。
果たして来れるでしょうか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。