三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

ダフり連発で池2発

今日はバリューゴルフの1人予約でゴルフ5美唄コースに行ってきました。
美唄コースの友の会に入会したので、平日は4,300円でラウンドでき、今日は月曜日のシニアデーなので500円の割引になり3,800円でのラウンドです。


友の会入会特典で、無料ラウンド券が残り1枚、平日2,900円土日3,900円になる割引券が2枚残っていましたが、今日は元々が安かったのでそれらの券は使用しませんでした。


今日はまだ5月なので1人でも成立する1人予約でしたが、お一人が入ってこられ、2サムでのラウンドになりました。
来られた方は55歳の単身赴任族とのことで、今日は代休だったようですが、ラウンド中にもお得意さんから何度も電話があり、その対応に追われていて、サラリーマンはつらいなと感じてしまいました。

(練習グリーンから北北西方向を望む。こちらには西コースがある。)

(右手が中コースの1番ティー辺り。池には木柵があるため、水切りショットは出来ない。)

(北方向の先には1000m程度の山の南斜面にまだ雪が残っていたが、先週よりかなり少なくなっていた。)

(中コースと西コースが入り乱れていて、ホールの境が分かりにくい。)


美唄コースは中・東・西の3つの9ホールがあり、中コースから出ると後半は東コース、東コースから出ると後半は西コースという組み合わせになります。
2年前に行われたLPGAツアーのゴルフ5レディスは、中コースをアウトに東コースをインとして開催されたようです。


東コースの8番パー3が名物のアイランドグリーンになり、東コース7番からの上り3ホールは池がらみになるコースです。
もっとも、中コースでも途中に池が絡むホールがいくつかあり、中コースの8番・9番でダフって池ポチャになってしまいました。


今日は前半も後半も風が穏やかな方でしたが、それでも風に大きく流されたりしたケースもあり、普段ラウンドしているコースに比べると、風の影響は大きいコースです。


今日は全般的にショットは好調でしたが、パットがイマイチ決まらず、チャンスを悉く潰してしまいました。
また前半は7番までは短いパーパットを外すボギー2つで凌いでいましたが、8番パー3で7Iのティーショットをダフって左の池方向に飛んでしまい、池ポチャになってしまいます。
ドロップエリアから50yのアプローチショットが1mに着いて、どうにかボギーで凌げましたが、続く9番パー4でも同じことをやってしまいます。


フェアウェーから6Iでのセカンドを先ほどと同じようにダフって左の池方向に飛び、バンカー先から池に転がってしまいます。
ここは前からでも良かったのですが、敢えて打ち直しを選択し、今度は右のカラーにわずかにこぼれます。
真横からの10mのボギーパットは、わずかにカップ横を抜け、ダボになってしまい、前半は3ボギー1ダボの5オーバー41スコアでした。
パット数は13パットでしたが、カラーからパターで寄せたケースも多く、実感としてはもっと多くのパット数という感じです。


後半は縦の距離感が悪く、グリーンオーバーして寄せが寄らずのボギーがいくつかあり、また3パットのボギーなどで5ボギーの41スコアで、パット数は18打でした。


最近の傾向として、フォローの風の中、短いクラブでしっかり打つとオーバーしてしまい、アゲインストで大きめのクラブを選択するとショートするというケースが多いようです。


美唄コースは各ホールが入り組んでいて、風がフォローとアゲインストになるホールが大津GCのように交互には来ません。
サイドからの風になる場合も多く、サイドフォローなのかサイドアゲなのかで微妙に使うクラブが変わってきます。


大きめのクラブを持つと「大きいかも」という意識が働き、どうしてもショートするようです。
風の読みとそれに合わせたクラブ選択をし、選択したクラブを信じてしっかり打てていないのが距離が合わない大きな原因です。
届かないと思ったから大きいクラブ選択をしたのだから、自分の判断を信じてしっかり打つべきでした。


美唄コースにはまだこれからも行く予定なので、自分の選択を信じて、しっかり打とうと思っています。


明日は石狩にあるシェークスピアCCで午後からのラウンドになります。通常は7千円台ですが、薄暮は4,500円と安く、昨年も2回ほどラウンドをしています。
コースはそれなりに難しいゴルフ場ですが、ティーショットさえフェアウェーに飛べば、どうにかできるはずです。
風に合ったクラブ選択をしたら、その選択を信じてしっかりヒットしようと思っています。

(帰りはいつもの国道12号線を使わず、西寄りを走る農免道路を使ったら、何か所かに菜の花畑が広がっていた。滝川市の菜の花畑が有名でニュースで紹介されていたため見学に行こうかと思っていたが、ここで見たのでいいかと思い、行くことを止めてしまった。)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。