三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

ショートパットが打てない

今日も楽天1人予約の「2人目まで誰でも無料」プランで阿蘇グランビィリオゴルフ場に行ってきました。


1人目無料ではなかなか同伴者が入らず、ラウンドが流れてしまうケースが多いのですが、「2人目まで無料」であればすぐに2人の予約が埋まってしまいます。
無料とはいってもグランビリィオは合計1620円の支払いが必要で、大津GCの無料プラン525円と比較すると若干お得感はないのですが、通常6300円かかる費用が4分の1程度になるので、これはこれでお得です。


今日の同伴者は福岡から2時間かけて来たという小学校の先生でした。ショットが安定せず、1番パー4で連続OBを打たれ、その後はなかなかパーが取れない展開のようでした。


終わってから、「今日はパットが入らなかったみたいですね。」と言われるほど、ショートパットを外しまくるラウンドになり、後半はミスも重なりスコアを崩しました。


スタートホールの1番パー4は、セカンドを8Iでラフからチョロってしまいます。
フェアウェーからのアプローチは手前にショートし、52度で6mのアプローチは30センチに付きボギースタートでした。


2番パー4は段下からのバーディーパットが2mショートしましたが、これをどうにか入れてパーゲットでしたが、3番パー5で3パットしてしまいます。


前回のように左のバンカーに入れ、UTでのショットは前回同様当たらずに右目に飛んでしまいます。前回と違ったことは、今回はフェアウェーだったことで、残り200yを23度UTでピンの左にナイスオンでした。
しかし、真ん中に尾根が走るグリーンで上手く打てたと思ったパットは1m左を抜け、返しを引っ掛けて左に外すボギーでした。


4番パ―3は23度UTで左のバンカーインでした。バンカーショットは上手く打て、入るかに見えましたが左を抜けて1mでした。
このパーパットも打てずカップ手前で弱弱しく切れてボギーでした。
続けてのナイスリカバリーを実らせないのは、かなりガックリ来ます。


5番パー4はバンカー越えのショートカットをし、7Iでピン手前8mにナイスオンでした。
上りのフックと読んだバーディーパットは、手前の傾斜で打った先から左に転がり、1.5mをまた打てずに右に外すボギーでした。
ここは最初のラインの読みが甘く、カップ周りの傾斜だけ読んで手前の傾斜の影響を過小評価したのが原因です。


6番パー4はドライバーショットをやや引っ掛け気味に距離の残るフェアウェーでした。
5Iでピン筋に打て、ピン奥4mにナイスオンでした。
軽い下りでわずかにスライスと読んだラインは見事にハマり、バーディーゲットでした。
見た目はフックかなと思っていましたが、カップ後ろで傾斜を確認したら、予想に反して軽いスライスと分かり、半信半疑でしたが、きちんと傾斜を調べた結果です。


7番パー3はピン右手前5mにナイスオンでした。
しかし、軽いフックと読んだバーディーパットは、打ち切れずカップ手前で止まってしまうパーでした。
ラインに乗っていたのに、あとわずかヒットする力が足りなかったようです。


8番パー4はフェアウェー右から、左サイドのピンに向けてのショットが右に出て、傾斜の段下になるグリーンにオンでした。
フックの上りの12mのバーディーパットは、距離感は良かったのに思ったほど左に切れず、1.5m残ったパットは入る気はしませんでしたが、下りだったのでカップに届きパーゲットでした。


9番パー5はドライバーショットが風に乗り、左曲がりのコースを突き抜け右のラフまで飛んでいました。
23度UTのショットは低めに飛び、正面のバンカーインかと思ったら、どうにか抜けてラフで止まっていました。
残り90yをピンの8m手前にオンし、こバーディーパットはわずかに左に外し、お先にのパーでした。


前半は、短い距離を何度も外しましたが、振り返ってみると1ピンくらいの距離は決めています。
どうもパットを打てていないようで、下りだと傾斜が助けてくれるのでカップに届きますが、上りはショートばかりしているのが打てていない証拠です。
前回のスコアと比較すると、そう悪くはないのだと思って後半に臨みます。


10番パー4は3mのバーディーパットをやはりショートしてパーでした。


11番パー4は、ドライバーショットで左の池を怖がり、右のラフに打ち込みます。8Iでフェアウェーに刻み、52度でこれも左の池を避けて右目にオンでした。
下りの10mのパーパットは距離感良く、カップに近づけお先にのボギーでした。このホールのボギーは当初から想定内のスコアです。


12番パー3は、5Iのショットが右に飛び、バンカーインでした。バンカーショットは2mに付きましたが、やはり打ち切れずにボギーになりました。


13番パー5はドライバーショットは右目のフェアウェーでした。そこから7Iで池の近くまで打ちますが、飛びすぎてあわや池かなとドキっとします。
幸い、ギリギリのフェアウェーで止まり、残り60yをピンの右1.3mにナイスオンでした。
ここはグリーンが左右にある大木でガードされていて、ピンの正面から打てるラインは、今日は池近くのラインからだけだったのです。
危険を冒してのバーディーチャンスでしたが、この短いパットも打ち切れず、左に切れてパーに終わりました。


この辺りで、かなりガックリしてしまいます。


14番パー4は、フェアウェーから8Iで右のラフに外し、アプローチは1.8mほどでしたが、この距離も左に外すボギーでした。
こうなると短いパットは打てないと思ってしまいます。


15番パー4は、ドライバーショットが右目に飛びラフでした。
8Iのショットはトップ気味に当たりましたが、右のカラーに止まります。
3段グリーンの内番上の面にあるピンに、2番目の面のカラーからPWで転がしましたが、段の傾斜が思ったほど強く、左に2m弱も切れてしまいます。
当然、このパットは決めきれずボギーでした。


16番パー5は、1打目も2打目もフェアウェーとし、3打目でピンの左2m弱にナイスオンでした。
このパットもカップに届かず、パーに終わります。
もうパターは今日はダメだと諦めました。


17番パー3は手前の深いラフに掴まり、アプローチも6m残しでした。
上りの軽くフックと読んだパーパットは、今度はパンチが入り1.5mもオーバーし、返しも外すダボでした。
ショートを繰り返し、意識して打つと大オーバーになる悪循環です。


18番パー4はドライバーショットがナイスショットでフェアウェーセンターでしたが、上りの140yを7Iでダフってしまいます。
カラーくらいかなと思ってアプローチは52度を持って行かず、PWで転がそうと思っていましたが、かなり手前のラフでした。
取りに戻るのも面倒とPWで打ちましたが、これもグリーン中央に走る尾根の傾斜で大きく左に転がり、5mのパーパットも外すボギーでした。


ゴルフは短いパットを決めることでリズムが作れます。反対に短いパットを外すと、極端にリズムが悪くなります。
今日は前半はどうにか耐えていましたが、後半は短いパットを外しまくり、リズムがガタガタになってしまったようです。
ショートパットが打てなくなったのも、前回が73というスコアだったの、それ以上のスコアを出したいという微妙なプレッシャーがあったからかもしれません。


明日も阿蘇グランビィリオでのラウンドです。73というスコアでなく、今日のスコアを基準として、気楽にラウンドしたいものです。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。