三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

最後にやってしまった

 今日は昨日に続き、楽天1人予約の「2人目まで誰でも無料」プランで阿蘇グランビィリオゴルフ場の西コースでラウンドしました。


今日の同伴者は先日ご一緒した70歳の方で、ショットはなかなか良い感じで打たれていましたが、ショートゲームを雑に打たれ、スコアメークができない方のようです。


途中から話を伺うと、ショット練習中だと言われ、プロのようなショットを目指しておられるようでした。
失礼な話ではありましたが、70歳になってプロのショットを目指しても良いことは何もないとお話しし、今のスイープショットを磨くと80台前半のスコアでは回ることは可能ですよと言いました。


スコアを纏めることができない人の特徴が、高尚な言い訳をされることです。
「プロのような気持ち良いショットを打ちたいから、パットなどはおまけだと思っている。」と言われ、パットに悩んでいるわが身としては、ちょっとムカつきました。
まずその気持ちを変えなければいつまで経っても100叩きから抜け出せないと言い、余計なお世話でしたが、数ホールをいろいろアドバイスしてしまいました。


すると前半の7番からボギーペースとなり、7・8・9番をオールボギー、折り返した10番・11番・12番をパー・ボギー・ボギーで回られます。
「そんなにナイスショットがなくても、頭を使うとそんなにスコアは崩れませんよね?」と言いますが、「スコアは満足ですが、何か物足りない感じです。」と答えられます。


自分の実力を分かっていないし、よくある背伸びしている勘違いゴルファーのようですが、70歳を過ぎてまで勘違いする人がいることには「?」というのが正直な感想でした。


その後は、何も言わないようにすると、案の定ダボ・ダボと打たれてしまいます。
この辺りもちょっと頭を使えば、ボギーでは凌げるのに、余計なことをしてスコアを崩してしまうのです。


他人には言えても、わが身を振り返れば同様なゴルフをしてしまいます。
素直にボギーで凌げばよいのに、無理してダボを叩いてしまいます。


今日はドライバーショットの方向性が悪く、何度もバンカーに捕まったり、大きく曲げてOBを打ってしまいました。
こんなときは、OBに届かないよう刻むクラブを使えばよいものを、どうしても無理してしまいがちです。


前半のアウトは、グリーンを外しても寄せが好調で、危なげなくパーを重ねて行きましたが、難関の5番パー4でドライバーショットが右目に飛び、残り185y池越えを右に逃げてしまいます。
ラフから9Iで転がそうとしたアプローチは傾斜に負けずに真っすぐ転がり、3mの下りの軽いフックラインのパーパットは、わずかに右を抜けボギーでした。


8番パー4では、前組の進行を待っている間に、同伴者といろんな話をし、集中しないままティーショットをして大きく右に打ちだしてOBになります。
気を取り直して打ち直しは、いつも通りの右目のフェアウェーでしたが、どうも気持ちが乱れるとチャックポイントを忘れてしまいがちです。


前半は5番のボギーと8番のダボの3オーバー39でしたが、パット数は15でした。


後半はスタートの10番で2オン2パットのパーの後、難関の11番でやってしまいます。


ティーショットがフェアウェーだったのが、余計な色気を出すことになった原因です。
残り175yでしたが、ややアゲインストで左は池というシチュエーションでした。5Iのショットは大きく右に逃げてしまい、バンカーに入っていればまだしも、バンカー淵の左足下がりで深いラフにすっぽり球が入っています。
当たらないと目の前のバンカーインの恐れもあり、下り傾斜の目の前のピンに強めに打つしかありませんでした。
球は傾斜を転がりカラーまで行きます。
傾斜の尾根に切ったカップに向けて、パターで寄せましたが2mショートし、ボギーパットも外すダボになりました。


その後は、12番で右バンカーからカップ淵に止まるナイスバンカーショットのパーがあったり、13番では3打目が左の木に当たり手前のバンカーインから寄せきれないボギーがあったりして、今一つパッとしない展開でした。


14番ではセカンドを8Iで左7mにオンし、真っすぐと読んだバーディーパットをねじ込み、やっと初バーディーがきました。


しかし、その直後の15番パー4でドライバーショットを左に打ってバンカーインし、セカンドはショート、アプローチもショート、再度のアプローチはトップとミスのオンパレードで、ダボを叩きます。


16番は4mの上りのバーディーパットを打ち切れずのパー、17番は今度は下りの8mをどうにか寄せてのパーとして、最終ホールをパーで上がればぎりぎり80切りの状況でした。
自分にプレッシャーをかけてのティーショットは、今日の傾向通り左に引っかかり、強い球になってしまいました。
ラフで止まっていてと願って行くと、球が見当たりません。
この辺りでは、疲れもピークで戻るのも面倒で、勝手に少し戻ってプレ4として7Iでプレーしましたが、今度は右に外します。
アプローチはラフの抵抗に負け、乗っただけで、そこから5mのダボパットを狙いましたが、右を抜けトリプルになりました。


後半はドライバーショットが安定せず、1バーディー、1ボギー、2ダボ、1トリの7オーバー43でした。
パット数は16パットです。


通算は、82というスコアでパット数は31でしたが、今日もパターは不安定でした。
今日は、余計なところに神経が行き、スコアを崩しました。


これでグランビィリオの4連チャンは、初日・二日目で82を連続叩き、トーナメントだったら予選落ちです。
前半はリズムがよかったのを自らを崩してしまい、終わりの方は空腹で力が入らずバテてしまいました。


明日は、食べ物と水分を取りながら、のびのびとラウンドするつもりです。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。