三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

今日も菊池CCへ(後半)

昼食は今日も食券の金額内になるソースカツ丼を注文しましたが、同伴者も同じものを頼み、仲良く談笑しながら食べました。


後半は長い450yの1番パー4から始まります。
また10番同様に大きくドライバーショットが掴まってしまい、ここも暫定球を打ちます。
残念ながら初球はOB杭内の側溝内にありOBになっていました。
暫定球はフェアウェーにあり、残り145yを8Iでここも引っ掛けてしまいます。
左のエッジからの右奥のピンに対してのアプローチはダフってしまい、5mのパットも入らずのトリプルになってしまいました。
後半スタート早々の大叩きはかなり凹みます。


2番パー4はドライバーが当たり、残り70yのフェアウェーです。52度のコントロールショットは上手く打て、ピンの左3mにナイスオンでしたがバーディーパットは右を抜けパーに終わります。


3番パー5は今度はドライバーショットを大きむ右に打ってしまいます。林の中でいったん横に出し、7Iで小山を超えてフェアウェーでした。
52度でピン手前を狙いますが、ここも奥まで行ってしまい、2パットのボギーでした。


4番パー3は120yほどですが打ち上げで左は大きく落ち込み、グリーンは見た目以上に曲がる曲者のショートです。
今日はピンが難しい奥に切ってあり、PWでピンの左手前5mでしたが、バーディーパットは見た目以上に右に切れてしまいます。
残った1mをどうにか入れてパーでした。


5番パー4はHC1の難しいミドルです。
ここは右の谷に落とさないよう、ドライバーショットは左のラフでした。
7Iで上手くピン筋に打て、ピン左4mにナイスオンでしたが、このバーディーパットは打ち切れずパーに終わります。
バーディーパットをショートするほど悔しいことはなく、なんでもっと強めに打たないのかと自分を責めました。


6番パー4はドライバーショットはセンターで、セカンドは打ち上げを8Iでここもピンの右3mにナイスオンでした。
このグリーンは右から左に速いので、さすがにこのバーディーパットは距離合わせして楽々パーでした。


7番パー4はまたドライバーショットを大きく引っ掛けて林の中です。
右ドックのため、どうにかグリーン方向は狙えますが残り180yで軽く打ち下ろし、つま先下がりのライから軽くフックを打つ必要があります。
最初は6Iで打とうと思いましたが、フックしやすい23度UTで花道から転がす作戦に変え、カートまでクラブを取りに戻ります。
普段は近くにカートがない場合は面倒とそのまま打つのですが、前が4人組で進行が遅く、取り換えに行く時間があったことが幸いします。
UTで軽くフック気味に打つと、花道から転がって奥のラフまで転がります。
PWで15yほどを転がし、1mを慎重に決め、ここは今日初めての寄せ1が来ました。
大トラブルをしっかり考えて寄せ1を取ることができたのは、我ながら素晴らしく、うれしいことです。


8番パー3は前回ダボを叩いたショートホールです。
ここは前回同様7Iでのショットでしたが、慎重にフェースラインを合わせてのショットは真っすぐに飛び、ピン左4mにナイスオンでした。
しかし、このバーディーパットも打ち切れずパーに終わります。


9番パー5はドライバーが左ドックのコースを突き抜けて林の中に入りましたが、幸い修理地の部分で手前にドロップできました。
UTで左フェアウェーに運び、残り上り130yをピン位置が手前だったので8Iで打ち、ピンの右3mにナイスオンでした。
同伴の方は先に打たれ、上手くエッジでキックして、グリーンに上ってみるとカップ左50センチにナイスオンしています。
2人ともバーディーだと狙ったパットはカップ手前で左に切れ、パーでした。


後半は最初の3ホールで4オーバーしてどうなることやらと心配しましたが、4番からショットが安定しだして、パーが6連続で続き4オーバー40でした。
通算は10オーバーの82でしたが、どちらも前半後半それぞれ1打目が大きく左にOBというもので、ソフトボールの影響が残っていたようです。


途中でも、ドライバーショットを右や左に打つミスもありましたが、セカンドショットが安定して、入らなくてもバーディーパットはたくさん打てたので、それはそれで満足なラウンドになりました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。