三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

ついに40打の大台にパット数が乗ってしまう

今日は楽天1人予約の2人目に兄を入れ、兄弟で阿蘇大津GCに行ってきました。


朝の6時15分に兄を乗せて出発し、7時10分にはゴルフ場に到着しました。


チェックイン後に、いつものラウンド前のルーティンになっているバンカー練習に行きましたが、すぐに兄が来て「スタートの係が我々のスタートの話をしていた。」と言ってきます。
なんだろうと思っていると、スタート室のお兄さんがバンカー練習場までやってきて、「できればアウトからスタートしてほしい。」という意味の言葉を掛けられます。


今日のスタートはインの8時10分でしたが、まだ7時40分なので30分も早く、「8時辺りのスタートではダメ?」と聞いたら、「後ろが詰まっています。」と言われてしまいます。


そのため、どう見ても初心者風の4人組の後に我々2バッグが入ることになり、スムースな進行は無理だろうと半ば諦めましたが、初心者の兄のためには後ろから追われなくていいかもと思い直しました。

(1番パー4のセカンド地点でグリーンが空くのを待つ兄を撮影してみました。200y以上あり届く距離ではありませんが、スプーンを持っているので万一ということもあるため、前組のプレーが終わるまで待ってもらいました。)


冷たい東風の吹く中、1番415yパー4はドライバーショットは当たりましたが、フェアウェーから6Iのショットは左からの風に負けて右のカラー近くのラフでした。
左奥のピンへの20mのアプローチは、ピンの手前2m弱でしたが、このパーパットを左に外すボギーでした。


2番388yパー4は、ドライバーショットがアゲインストの風に負け、左のラフでしたが凹みまでは落ちていませんでした。
残り165yアゲインストをU6で上手く打てましたが、風で左手前にショートし、アプローチは集中しないまま打ってトップ気味になり、下りの4mは右に外すボギーでした。
この辺りはどうしても兄のサポートに回っていて、自分のプレーに集中できなかったのが、寄せの失敗に繋がります。


3番364yパー4は、ドライバーショットがいつも落ちてくる右傾斜に行きましたが、フォローでいつもより飛んでしまい、盛り上がったラフに止まっていました。
残り120yをフォローなので9Iを短く持ってのショットは、つま先上がりのラフなので左目に飛び、グリーンオンでした。
上りの軽くフックすると読んだ8mのバーディーパットは、思ったより転がって1m強オーバーし、返しのパーパットを右に外すボギーになりました。


4番144yパー3は、8Iでのショットが当たらずに右手前にショートし、アプローチも突っ込めずに、残った5mのパーパットはオーバーしましたが、50cmを入れてボギーでした。
この2ホールでグリーンの転がりが良かったため、今日は速いという意識が出てしまい、以降のショート目に繋がってしまいます。


5番331yパー4は、フェアウェーから8Iで手前にオンし、12mのロングパットは1mショートして、このパットも左に外すボギーでした。
なんだかパターのタッチが全く合いません。


6番467yパー5は、3打目フェアウェーから52度で2mにオンし、バーディーゲットでした。


7番115yパー3は、フォローだったのでPWで打ちましたが、手前のラフでした。アプローチは逆目のラフに食われ、傾斜で手前に戻ってしまいます。
上りの9mのパーパットは、フックと読んで右目を狙いましたがショート目になり、残った1mも左に外すダボになりました。
フォローの風でしたが、ショットが上がる前に叩き落されてしまったようです。


8番336yパー4は、フェアウェーから9Iで左の斜面に打ち込みましたが、U6で上手く寄せてパーゲットでした。


9番557yパー5は、セカンドで距離を欲張り5Wで左ラフに入れ、残り60yを52度左からの傾斜でピンに寄せようとしましたが、ラフで引っ掛かって左端にオンでした。
下ってスライスする6mのバーディーパットは、大きく右に切れてしまい、返しの1mのパーパットもカップ淵を抜けるボギーになりました。


前半は、パット練習をしていなかったためか、パットの距離感が合わずに、パーが取れず、1バーディー・6ボギー・1ダボの7オーバー43ストロークで19パットでした。


約1時間の早めの昼食休憩を入れ、後半のスタートです。


10番390yパー4はフェアウェーから7Iで右手前にオンし、左奥のカップへの12mのバーディーパットは打ち切れずに1m強ショートし、今日は入らないパーパットを外すイーでした。


11番155yパー4は、7Iでピンの右5mにオンしましたが、上りと分かっていて打てずにパーに終わりました。


12番336yパー4は、ドライバーショットを引っ張ってしまい、木に当たりましたが抜けてカート道に跳ね、左下のOB区域まで転がってしまいます。
暫定球はフェアウェーで、52度でピン筋に打ち、2mを入れてボギーで凌ぎましたが、もったいないOBでした。


13番372yパー4はフェアウェーから8Iでピンの右7mにオンしましたが、このバーディーパットも打ち切れずにパーに終わりました。


14番485yパー5は、ピンの左3mにオンしましたが、バーディーパットは右に外しに終わりました。
前半のオーバーするパットから一転して打てないパットになっています。


15番381yパー4は8Iで左手前にオンし、右奥への11mのバーディーパットもうちきれず、残った1m強を外すボギーでした。


16番120yパー3は9Iで左のピンを狙ってしまい、やや大きかったため左に傾斜しているグリーンからこぼれ、池まで転がってしまいます。
ドロップゾーンから3打目を手前6mにオンでしたが、ボギーパットを狙ってしまい、1mオーバーして返しも外すトリプルになりました。


17番377yパー4は左ラフから7Iで奥行60yのグリーンの奥のピンに右奥にオンでしたが、8mのバーディーパットは1m強オーバーし、返しは右に外すボギーでした。
一転して2ホール連続オーバーするパットは、打てないパットが続いたためですが、転がりの良い場所で打ち、悪い場所では打てないという悪い流れの中にありました。


18番497yパー5は、それまで兄にうるさく注意していて集中しなかったのだろうと反省し、一切注意などは行わずに、黙ってプレーすることにしました。
するとパーオンし、7mのバーディーパットは決まりませんでしたが、パーゲットでき、やはりラウンド中は黙ってプレーしなければと再確認してしまいます。
どうしても兄の無駄なプレーに対して、一言二言も言いたくなってしまい、結果的に自分のリズムを作れなかったようです。


後半は、パット数が激増し、とうとう21パットを打ってしまいました。スコアは43ストロークで、通算は86ストロークですが、パット数が40打という大台に乗ってしまいます。


明日の大津は流れましたが、明後日は「アプローチの達人」とのラウンドが予定されているため、次こそはパット数を32打程度に抑えたいと思っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。