三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

今日もパットが入らない、、、


今日は1人予約に「アプローチの達人」と「鉄人」それに先週ご一緒した北区在住の50歳代の方が入って来られ、阿蘇大津GCで4バックでのラウンドになりました。

(過去のラウンドを調べてみましたが、月・火はBグリーンが多めで、水・木は半々、金曜がAグリーンが圧倒的に多い傾向にあります。)


先週は月曜日から木曜日まで大津では4連チャンでしたが、全てBグリーンになり、今日もBグリーンでした。
そのため、グリーンの傾斜やラインはどうにか読めますが、タッチが分からず、決めたいパットを外しまくります。


鉄人から「今日も一筋外すね!」と言われる始末で、他の同伴者からも「バーディーチャンスを決めていれば、アンダーも見込まれるのに、、、。」と慰めにもつかないコメントをもらいます。


終わってから鉄人にパットのことを尋ねましたが、「打ち方とかに問題はない。要はハートの問題!」と断言されてしまいます。
長めのパットはそれなりに打てますが、短いパットを芯で打てず、どうしてもミスヒットをしてしまうため、微妙なラインが入らないのです。


弱目に打ってカップ手前で曲がったと思えば、次は同じような距離を強めに打って曲がらずに抜けてしまうなど、チグハグなパットを打っていることも入らない原因です。


せっかく何度もバーディーチャンスを作るのに、1度も決めきれないまま、結局終了前の8番で7mから3パットし、最終ホールもカップに蹴られるボギーにしてしまいました。

(バンカー練習場に新しい砂が入っていました。やはり砂が厚めに入ったバンカーはバンカーらしい気がします。)

(今日もたくさんの来場者のため、ハーフ2時間半を超えるペースでした。9時6分スタート予定で、昼食休憩が50分、終了したのが15時半という時刻でした。)

(天気は雲が広がっていますが、雨の心配はなく、気温も24度まで上がっています。)


今日は11番パー3でピンまで145yをフォローとはいえ、手前でいいと短めの8Iでのショットが、大きくグリーンオーバーしてしまいます。
確かにしっかり当たった感がありましたが、まさかの160yオーバーという当たりで、我ながら??という状況でした。


17番パー4でも残り130yをここもフォローだったので、手前にショートしても良いと思って9Iで打ちましたが、150yも飛んでしまいます。
前半は、結局この2ホールで距離が合わないショットがボギーに繋がりましたが、フォローとはいえなぜそんなに飛んだのか自分で分からないのです。


いつも飛ぶなら納得もしますが、ときどき馬鹿飛びしてしまうのはなぜなのでしょう?
普段が芯を外しているショットをしているから、たま~に芯を食って飛び過ぎになるのか、まだ自分で理解していないのです。


そういえば、今日は3番パー4でもドライバーが、当たっても手前だったバンカーに打ち込んでしまったことがありました。
それ以外は、普段の飛距離でしたが、なぜここだけ飛んだのかこれも原因不明なのです。


いろいろ戸惑うことが起こったラウンドになりました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。