三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

来週のラウンド予定

10月も中盤を過ぎ、スポーツの秋というような爽やかな季節になりました。

そのためか、先週は楽天1人予約の成立する確率が高くなり、月曜日から金曜日まで5日連続でラウンドすることができました。


月曜から木曜日までの4日間は阿蘇大津GCで、金曜日は阿蘇グランビリオGC西コースでのラウンドでしたが、全て「1人目無料」プランの利用です。


経験的に「1人目無料」プランによる成立は、1週間に2回もあればよい方で、1回も成立しないこともあるのです。
誰かが先に予約しているところに入れば開催はほぼ確実ですが、私の場合はほとんどが「1人目無料」プランの1人目として2人目以降の予約が入るのを待っているためです。


これは同じゴルフ場でも「1人目無料」プランが平日は毎日数件はあるため、1人目には誰かが入っていても2人目がいない場合が多く、ずらりと1人目だけがいる状況が毎回あるのです。


大津GCやグランビリオは、毎日4~5件の「1人目プラン」を募集しているので、他の「1人目無料」プラン利用の常連さんに尋ねても、「ほぼ5回に1回くらいの成立率ですね。」と言われます。


私の場合は、「アプローチの達人」や「鉄人」といった1人予約で知り合いになった方々が、ときどき入って来てくれるので、比較的に成立率は高いのかもしれませんが、もともと成立すればラッキーという程度の考えでもあります。


ラウンド予定日の前日の正午までに成立しなければ、翌日にラウンドできるゴルフ場を探して3人目や4人目で入ることになりますが、ほとんど宇土チェリーや菊池CCになる場合が多く、このためホームコースの赤水を除くと、大津・グランビリオ・宇土・菊池というゴルフ場でのラウンドが多くなりがちです。


私が3人目や4人目で入るゴルフ場選択の基準が、安価なゴルフ場ということなので、安価なプランを時々出す菊池と火曜日の宇土はねらい目になります。
菊池はステーキ付きで4,999円というプランが時々出ますが、通常は6千円程度ということになります。
宇土は火曜日だけ食事付き4,500円というプランがあり、これも時々利用しています。


ラウンドを回数を重ねるためには、できるだけ安価でなければ財布が持たないためですが、料金の安いゴルフ場だから簡単なゴルフ場ということもなく、どこもそれなりに難しいゴルフ場であり、料金の高いゴルフ場と比較してもそん色はないと思っています。


料金の差は、いわゆる格式といったプレーの内容とは関係ない場所にあり、私自身はそんなところには価値を見出せないため、気にしないのです。


そんな中で大津GCは、無料プランを出しているゴルフ場としてはコスパが高いゴルフ場だと思います。
コース管理は毎日されていて、まず景色がきれいなゴルフ場です。グリーンもそれなりに速く、池がらみのホールも多く、昨年は日本ミッドアマの会場になるような本格的なチャンピオンコースです。


経営がオリックスに変わり、集客が平日でも多いのは、やはりコースの質と料金の比較でお得感が高いのだと思います。
コンペを開催しても、大津だと誰も文句は言わないだろうという雰囲気があり、それなのに食事付きで平日は6千円台だというリーズナブルな料金であるため、幹事には使いやすいゴルフ場なのです。


クラブハウスも豪華で、誰を連れて行っても恥ずかしくないゴルフ場ともいえます。
過去には、福岡ソフトバンクの納会ゴルフも数回行われたようで、サインの寄せ書きが休憩室の壁に貼られています。


さて、来週は月曜日から金曜日まで大津GCの1人予約に入れていて、火曜日以外には2人目が入っています。
月曜日には「アプローチの達人」と「鉄人」それに先週ご一緒した50歳代の方が入って来られ、ほぼ開催決定は間違いないとことです。


火曜日と水曜日は現在の予報では天気が崩れそうなので、火曜日は誰も入っていませんが水曜日の2人目の方がキャンセルになるかもしれません。
木曜日には3人目まで入っていて、金曜日は2人目が入っていますが、天気さえよければ追加で予約が入るはずです。


1人予約は前日の夜に急にラウンドしたいと思って探される方が多いようで、2人目が来ていて成立すると3人目が入ってくるケースが多いようです。
2サムでのラウンドかと思ってゴルフ場に行ってみると、夜のうちに3人目や4人目が予約されて4バックということもあり、前日の夜でも予約できることが人気の1つです。


今週も無料プランだけで3ラウンド程度は大丈夫そうなので、大津に行くことになりそうです。
後は天気次第ですが、秋の好天が続くことを祈っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。