三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

好スコアながら微妙なラウンド

今日も楽天1人予約が成立し、阿蘇大津GCに行ってきました。今日の同伴者は、ご一緒したことのある70歳の方と、初めて一緒になった北区在住の51歳の方に、同じ年齢ですがわざわざ宮崎からやってきたという申告スコア80台という方でした。

(昨日は誰もいない練習グリーンでしたが、今日は8時前なので何人も練習していたし、すでにスタートしている組もいました。)

(最近のバンカー練習用の球は、カラーボールを使用していて、探しやすいようにしています。)

(熊本地震以来停止していた風力発電の風車が、今日は回転していました。この辺りは阿蘇外輪山の唯一開けた場所なので、風の通り道になるのです。だから大津GCも風が強いゴルフ場になります。)

(西の空は晴れ間が見え、スタート後は天気は回復して半そででプレーできました。)


51歳の宮崎から来た方は、なるほど申告スコア80台とあるように、かなりの上級者で、前半のインこそ4ボギーを叩かれましたが、後半のアウトは3バーディーの3アンダーというスコアで、通算1オーバーの73でラウンドされました。

(昨日に引き続きBグリーンだったのが、好スコアを出せた一因です。)


7番のパー3で私が9mのバーディーパットを打ち切れず、1mのパーパットも外す3パットのボギーに対し、宮崎の上級者は5mのバーディーパットをしっかり打たれて見事に沈められます。
これでお互いに1オーバーとなり、他の同伴者から「優勝争いは残り2ホール」とはやし立てられ、8番こそお互いに嫌な距離のパーパットを沈めましたが、最終ホールで私がドライバーショットを引っ掛けて、結果的にパーオンできず、3mのパーパットも打ち切れずのボギーに対し、1打目・2打目と確実にフェアウェーに打たれて、5mのバーディーチャンスとされ、バーディーパットもしっかりヒットし、わずかに左を抜けるパーとされて、最後に逆転されてしまいました。


実際はこの方と勝負しているわけではありませんが、負けないように頑張った結果が緊張感のあるラウンドになり、結果的に好スコアに繋がったようです。


ただ前半は、神がかり的に10mほどのパーパットがスタートの10番と18番で入り、特に18番は池ポチャからの4オンで、ダボを叩かないようにと思って寄せたパットが入ったのでした。


昨日も16番までパープレーしていて17番・18番で大きくスコアを崩したので、今日はとにかくボギーはOKだけどダボは打たないという意識でプレーした結果が、ハーフパープレーという結果になりました。
良かったのはショートパットで、前半はこれまで外していた1~2mのパーパットを「クローグリップ」で悉く沈めることができました。


唯一、後半の8番のパー3でカップ先が下っていて速いのを知っていて、昨日もラインは違っていましたが下りを大きくオーバーしていたので、どうしても打ち切れずに上りを大きく左に持っていかれます。
残った上りの1m強のパーパットもしっかりヒットできずに左に切れてしまいましたが、ここはいつものように弱気な打ち方になったようです。


しかし、それ以外はしっかりヒットできたので、嫌な距離があまり嫌だと思わずに打てたことがパット数28という結果に繋がったのです。


パットは日替わりの傾向がありますが、明日も大津でのラウンドが入っていて、明日はたぶんAグリーンになると思います。



(今日は9番パー5は比較的前のティーが使われていました。明日はきっとAグリーンなので576yのティーになるはずです。長いホールなのにグリーン手前に普段はない池が作られますが、まだ水は入れてなく、そのままプレーできます。)


明日は兄とのラウンドなので、あまり自分のスコアは考えずに兄をサポートしながらラウンドする予定です。

しかし、いつ来ても平日なのに大津GCは多くの来場者に溢れています。土日は、もっと多くのゴルファーがいて、かなり混雑するようです。
宮崎の上級者が言っていましたが、熊本の人気ナンバー1のゴルフ場だと聞き、わざわざ3時間かけてやってきたとのことでした。


確かにコースはいつも綺麗に手入れされていて、それでいて食事付き6,500円程度というコスパに優れた数少ないゴルフ場だと思います。
コースも難しいし、グリーンも難解で、何度来ても飽きないコースです。


コンペも多く入っていて、もう少し早く進行できないかなというのが本音ではあります。
時にはハーフ3時間もあり、平日なのにとどうなっているのと呆れるばかりですが、それも人気の証拠なのです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。