三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

後半は疲れと進行の遅さなどで崩れる

今日は楽天1人予約で阿蘇大津GCに行ってきました。今日は朝の8時20分スタートだったので、早めに終わるだろうと、やり残していた庭木の剪定を帰ってからする予定を立てていました。

前半を2時間で回って10時20分に40分の休憩を入れて11時スタートになり、後半を2時間で終わるのが13時という計算で、悪くても13時半くらいには終えるだろうと皮算用していました。


しかし、最初のスタート時間から大きく遅れてしまいます。
20分になっても前に2台のカートが止まっていて、結局15分遅れでスタートしましたが、前半は思いのほか進行が良く、2時間15分ほどでクラブハウスに帰ってきました。


そのときは10時50分でしたが、後半スタートが、なんと12時5分だと言われてしまいます。
通常は50分程度なのに1時間15分待ちという、長めの休憩になり、そんなに混んでるの?と思いましたが、カートはそんなに詰まっている様子ではありませんでした。


「もしかすると早めにスタートになるかも」と同伴者と淡い期待を持って話していましたが、食事後の11時半にカートに行くと、前にかなりの台数が止まっていました。
「これじゃ予定通りだね」と諦めて、バンカー練習などをしていましたが、結局後半のスタートも15分遅れになってしまいます。

(スタート予定の15分前で、カートが5台いたので、スタートは早くても30分後になりそうです。)


後半は全般的に進行が遅く、待ち待ちのラウンドになり、気温も上がり、だんだんと疲れも出てきて、集中力を無くしていきました。
1番・2番・3番・4番までは1バーディー2ボギーでまずますのペースでしたが、5番パー4でフェアウェーからセカンドショットをダフって手前のバンカーに入れ、均してないアゴの近くの足跡に球が入り、このホールをダボにして、すっかりやる気を失ってしまいました。

(2番パー4からグリーン方向を望む。左の山肌は、熊本地震で崩落したもの。)


前半は全く飲まなかった1リットル入りのペットボトルのお茶が無くなってしまうほどの暑さになり、左股関節から腰に掛けても痛みが出るし、同伴者にも邪魔をされるし、全くゴルフをしている気分になりませんでした。


前半で止めておけば良かったと思いましたが、後の祭りです。
「こんなことではいけない!」と喝を入れながら頑張ろうとしましたが、こんな時に限って悪い方向に進んでしまい、前半は決まっていたパットもわずかに外れだし、最後は3パットを連続してしまいます。


いったん崩れたリズムは結局取り返しのできないまま、後半はダボを量産し、久しぶりにハーフ45というスコアを叩いてしまいました。


とりあえず、帰ってから剪定作業を暗くなるまで行い、くたくたになってしまいます。体重も通常は72~3キロ程度ですが、作業後に測ったら70キロ台まで落ちていて、これは水分が抜けているのが原因のようでした。


スコアを見返していたら、5番のパー5のパット数は「2」でした。修正するのも疲れて面倒くさく、明日以降に修正しようと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。