三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

台風の強風下でのラウンド


今日は楽天1人予約に「アプローチの達人」と「鉄人」が入って来られて成立したので、阿蘇大津GCに行ってきました。

今日のスタートは朝の7時30分過ぎでしたが、夕方から雨の予報だったため、別にもう1人も入って来られたので、4バックでのラウンドです。

(朝7時過ぎの練習グリーンには「達人」だけがパット練習をしていました。)


追加で入って来られた方は、40歳代で佐賀県の鳥栖市から来られた方でしたが、大津GCでは久しぶりのラウンドだということです。


台風24号は今日はまだ沖縄県に近づこうとしている位置でしたが、遠く離れた熊本でもその影響で強風が吹き荒れていました。
大津GCは1番・4番・10番は南北になるコースですが、それ以外は東西に折り返すホールなので、強い東風により、アゲインストとフォローの風が交互に来るという状況でした。


今日はU6が良く当たり、何度もチャンスは作ることができました。

(1番パー4をティー後方から望む。右の木の先は並行する10番パー4になる。)


1番425yパー4は左からの強風でフェアウェーからU6のショットが戻されて、ピン奥にナイスオンし、6mの下りのパットはダフリましたが、カップ先まで転がり、返しを入れてパースタートでした。


2番412yパー4はかなりのアゲインストになり、ドライバーショットは右ラフに戻され、U6のショットはアゲインストの風に戻され、サブグリーンにオンでした。
グリーン外にドロップしてからの40yのアプローチショットも風で飛ばず、傾斜で手前の深いバンカーに転がってしまいます。
52度でのバンカーショットは上手く出て1mに付き、どうにかボギーで凌ぎましたが、ここでダボを打たなかったのが結果的に大きかったのです。


3番383yパー4はフォローの風に乗ってフェアウェーにナイスショットでした。セカンドはPWでピン奥6mにオンしましたが、バーディーパットは左に外れパーに終わりました。


4番149yパー3は、8Iでのショットが右からの風に大きく左に持っていかれます。ラフから52度の下りスライスのアプローチは3mが残り、2パットのボギーでした。


5番364yパー4もアゲインストの中、ドライバーショットはフェアウェーセンターでしたがセカンドの7Iが当たらず、右のバンカーインでした。
バンカーショットは4mが残り、ここも2パットのボギーでした。
フェアウェーからのショットミスは頂けません。


6番499yパー5は、ドライバーショットが風に乗り、左のバンカーを越えて行きましたがラフに止まります。
U4でフェアウェーに運び、残り40yのアプローチショットは、やや強めに入り、奥にオンでした。
6mのバーディーパットは、右を抜けてパーに終わりました。


7番129yパー3はフォローなのでPWでピンの左手前にナイスオンでした。3mのバーディーパットはスライスラインを上手く打て、バーディーでした。


8番394yパー4はアゲインストの中、ドライバーショットはフェアウェーに飛び、セカンドをU6でピンの左手前7mにナイスオンでしたが、このバーディーパットは左に外すパーでした。


9番パー5は576yという長いホールです。フォローの風の中、1打目も2打目も右に打ってしまい、3打目を深いラフから9Iで打ちましたが、上手く打てずに手前の凹みラフでした。
つま先下がりのラフから、打ち上げの30yのアプローチショットは強めに入ってしまい、奥のカラーまで飛んでしまいます。
パターで上手くコブを越えて1mに付け、どうにかボギーで凌ぎました。


前半は、1バーディー4ボギーの39ストロークで、15パットでした。2番や18番はダボを絵もおかしくない展開でしたが、そこをボギーで凌げたのが大きかったのです。

(レストランから降りてきたら、まだ10時前なのでこれからスタートするカートがたくさん並んでいた。)

(先のAグリーン用の練習グリーンにはこれからスタートする人たちがパット練習をしていた。手前はBグリーン用の練習グリーンで今日はクローズになっている。)


前半は9時20分に終わりましたが、後半はまだインスタート組がたくさんいて、50分待ちになったため、早めの昼食を取ろうとレストランに向かいます。
1人目無料プランでは食事は別料金ですが、「アプローチの達人」と一緒の時は、達人は食事を摂られないので、達人用に生ビールを私が注文し、代わりに達人の食券で私用に料理を注文してもらうのが慣例となっています。
今日は、サンドイッチを注文し、達人にビールの肴として2切れ食べてもらいました。


達人には2千円のキャッシュバックを行いますが、食事代が780円で済み、いつもの1,080円より300円は浮く計算になります。わずかな差ですが、ウィンウィンの関係なのです。


後半の10番403yパー4は左からの風の中、ドライバーショットが予想外に飛び、フェアウェーから9Iでピンの奥3mにナイスオンでした。
下りのフックラインをかなり膨らまして、最後にカップに転がり込み、ラッキーなバーディーでした。ここは達人もセカンドを1mにナイスオンしてバーディーを取られました。


11番205yパー3はU6でのショットが当たりがやや薄く、手前のラフにショートします。U6での転がしは1mに付き、パーゲットでした。


12番352yパー4はドライバーショットは右目に飛び、いつものラフの凹みかと思いましたが、フォローの風でそこを越えてラフでした。
52度でピンの左手前にオンしましたが、6mの上りスライスバーディーパットはわずかに左で止まってしまい、パーに終わりました。


13番402yパー4はアゲインストの中、右のバンカーインでした。6Iでのバンカーショットは上手く当たらず、ラフからの40yのアプローチショットは、いい感じで打てたと思いましたがアゲインストの風で伸びず、手前の花道でした。
当初は10mをU6で転がそうと思いましたが、イメージが出なかったので52度で打ち、ピンの左30センチに付けるナイスアプローチで、ここもボギーで凌ぎました。

(14番のティー横で待つ達人。70歳の達人はいつもゴールドティーを使用されるが78歳の鉄人は同じレギュラーティーからロングドライブをかっ飛ばされる。)


14番481yパー5は、フォローの中ドライバーショットがこれまで越えたことがないフェアウェーを横断するカート道路を越えたラフまで飛んでいました。
グリーンまで205yでフォローだったので、グリーンが空くまで待ってU4で打ちましたが、グリーン手前の花道で左にキックしてしまい、左カラーでした。
U6での15mの転がしはやや弱く、3mのバーディーパットもカップ手前で右に切れるパーに終わりました。
ここはセカンドの手応えも良く、乗ると思いましたが、花道でなぜか左にキックしたのがアンラッキーでした。


15番399yパー4はアゲインストの中、フェアウェーから残り160yをU6でピンの左手前7mにオンしましたが、バーディーパットは左を抜けてパーに終わりました。


16番136yパー3は9Iでフォローの中、抑えたショットをしましたが、風に乗り左奥のカラーにこぼれてしまいます。
U6の転がしは1mに付きましたが、このパーパットを右に外すボギーでした。
ここまで短いパットも決めて、ダボのピンチをボギーで凌いでいましたが、ここでついに苦手のショートパットを外してしまいます。
実はここは先に同伴の鳥栖から来た方が、同じような場所からのアプローチを2.5mほどショートしましたが、パーパットをしっかり決められ、なんとなく嫌~な気持ちで臨んだことが良くなかったようです。
他人のパットは自分のパットに物理的には影響は全くないはずなのに、心理的な影響を受けたのは、自分の心の弱さからです。


そんな中で迎えた17番377yパー4は、オナーの鳥栖から来た方が右の池に打ち込み、鉄人は左のバンカーインだったので、安全にと思って19度UTを使いましたが、このショットが右に出てしまいます。
達人は大丈夫と言いましたが、落下地点に行くと球は見つからず、ドライバーだと広くなっている右の池との間が、この辺りは傾斜で狭くなっていて、池に入ったようでした。
ガックリ来て、3打目をドロップし、ピン奥にオンでしたが、下りのフックラインを左に外しボギーになりました。
安全に刻もうと打っても池に打ち込むのだったら、最初からドライバーで打てよと思ってしまいます。


18番499yパー5は、アゲインストの中、ドライバーショットがスライスを予想してのショットがスライスせずに、真っすぐ右曲がりのコースを突き抜けそうになります。
幸い小山に当たってOBは免れ、左足上がりでややつま先下がりのライから、右の池だけには入れないようにと注意しながらU4で打ったらナイスショットになりました。
フェアウェーから、残り120yの強いアゲインストの中、8Iで思い切って打ったらピンの手前3mにナイスオンでした。
「入れる!」と宣言した鉄人が最初に5mをねじ込み、続いて「絶対に入れる!」と言いながら打ったバーディーパットはカップに蹴られてしまい、パーに終わりました。


後半は、1バーディー3ボギーの2オーバー38ストロークで、15パットでした。
通算は、5オーバー77ストロークで30パットです。


今日は強風が吹き荒れ、距離の長いAグリーンだったので、スタート前はどうなることやらと心配しましたが、U6のショットが安定していたのが幸いして、強烈なアゲインストの中でも好調にパーオンすることができました。


距離が長いAグリーンでの久しぶりの80切りは素直に嬉しいものですが、決めるべきパットを外したりはいくつかあり、快心のラウンドではなかったのです。


日曜日の選手権の決勝は、ちょうど台風が最接近する状況下が予想されますが、果たして予定通り開催されるのでしょうか?
ゴルフ場まで行く途中の道路状況が心配で、できれば延期してほしいところですが、ゴルフ場側も延期すると営業上で影響も出るだろうし、難しい判断になりそうです。
しかし、台風の強風でトラックが横転するようなテレビ映像を見ると、場合によっては棄権する選択肢もありそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。