三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

打ち込まれて激怒する

今日は1人予約で阿蘇グランビリオゴルフ場の東コースに行ってきました。
当初は隣の阿蘇ハイランドGCに予約を入れていましたが、誰も来なかったので流れていたのですが、他のゴルフ場を眺めていたら「流離のゴルファー」の名前があり、3人目で予約を入れました。

(二重の峠は霧の中、大渋滞でした。通常は15分で通過できる距離を30分以上かかります。早くトンネルが完成してほしいのですが、33年度開通予定とのことです。)


阿蘇グランビリオでのラウンドは、ほぼ1人目無料プランばかりです。これまで1人目の「先生」からキャッシュバックの約束で2人目に予約を入れたことはありますが、3人目として普通の料金でラウンドするのは、初めてでした。

(グランビリオに着くと、霧は晴れて晴天のきれいな空が広がっています。)

普段は無料でラウンドさせてもらっているので、何かトラブっても直接文句は言わないようにしていますが、今日は1人のお客さんだと思っていました。


実は途中で後続組から打ち込みをされて、挨拶もなしだったのでかなり怒り、文句を言ったりして、自分の気持ちを波立ててしまい、スコアになりませんでした。
その打ち込みは、グリーン上で我々がこれからパットに入るところでしたが、カラーに立っていた「流離のゴルファー」の右太ももを打球が直撃したのです。


「流離のゴルファー」は昨年、転倒して腕の骨折をし、やっとラウンドができるまでに回復されていたのですが、当たりどころが悪ければ、またゴルフができない身体になったかもしれず、当たった本人は「筋肉に当たったから大丈夫。」と言いましたが、さすがに危ないと思いました。


我々がグリーン上にいるのに打つのも非常識ですが、打ち込まれた後に後続組を見ても誰もリアクションがなく、その時点では別のホールからの球かと思ったほどです。
しかし、周囲を見回しても飛んできそうなホールは無く、後続組しかないと確信しましたが、1人でも手を上げるなりの素振りがあればまだしも、自分たちは関係ないというような無関心な様子で、あまりに無責任な後続組に怒り心頭になりました。


結局、次のティーから睨んでいたら、ようやく1人が「打ち込みましたか?」と言ったので「当たったよ!前組もずっといて我々が遅いわけではない。先ほどのホールでも打ち込んできた!」と怒りました。
さすがに恐れをなしたのか、遠くから頭を下げて、近寄っては来なかったのですが、前ホールでもセカンド地点にいた私の横までティーショットのボールが飛んできていたのです。
このホールは打ち上げでブラインドホールになっていたので、仕方ないかなとその時は文句は言いませんでしたが、こちらのグリーンはセカンド地点からはっきり見えているはずで、例え見えない場所から打ったとしても、同組の誰かが「まだ打てない!」と声をかけるべきでした。


たまたま「流離のゴルファー」に大きな怪我がなかったからよかったのですが、当たりどころが悪ければ、73歳という高齢でもあり、大きな怪我に繋がるところでした。


こんな出来事があり、後味が悪いラウンドになりましたが、昨年の7月の北海道の岩見沢雉が森CC以来の久しぶりの「流離のゴルファー」の元気にラウンドする姿を見て、安心しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。