三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

豪雨で途中でラウンドを諦める

今日は楽天1人予約が成立し、阿蘇大津GCに朝から出かけて行きました。7時前に自宅を出たのですが、朝6時ころまでは雷雨になっていて、今日はラウンドできるかなと心配して天気予報を確認しました。
熊本県地方は「晴れ時々曇り」というものだったので、午後からいつものように猛暑になるだろうなと予想していました。

今日の同伴者は「アプローチの達人」とあだ名している70歳のシングルさんと、それぞれ熊本県内から来た60歳代と50歳代の方々です。


60歳代の方とは以前に一度ご一緒したことがあるようで見覚えがある方でしたが、もう1人の50歳代の方は初めてでした。
しかし、前半はスコアも纏まらないし、楽しくもなんともないラウンドになり、豪雨になった後半は数ホールしかプレーできませんでした。

(18番ティーに向かう同伴者。達人と私は「パス!」を宣言してカートの中で待機していました。西の空には晴れ間も見え、雨雲が通り過ぎると晴れるという変な天気でした。)


前半は、雨も小雨で済み17番まではどうにかプレーできましたが、17番を終わって18番に移動中に雨が激しくなり、「達人」がまず「パス!」と宣言され、私も同様に「パス」としてプレーをしないことを決断します。
他の2人は雨の中プレーされましたが、この時まではまだ通り雨だと思っていて、昼食休憩後の後半には天気は回復するものと誰もが思っていました。

(2番のグリーン。雨つぶが白く映っている。グリーン左端には水溜まりができ始めていた。)


1時間近くの休憩後に青空が見える中、後半のアウトをスタートしましたが、2番の途中でまた雨が酷くなり、私と達人は「パス」し、3番も引き続きパスをしました。
2人は頑張って3番のグリーン近くまでプレーされましたが、すでにグリーン上は水溜まりができていて、パットは諦められます。

(3番グリーン上は水浸しでしたが、お二人はグリーン近くまでプレーを続けられました。ここでも雨粒がはっきり映るような雨足です。)



4番パー3もお一人だけがティーショットされましたが、右に外し、アプローチも乗せられずにそこでプレーを諦めてしまいます。

(4番から見た3番の後続組。豪雨の中でもプレーしていたのが驚きだったが、5番のティーには20分経ってもやってこなかったので、途中で雨宿りしたのかも。)


5番では猛烈な雨になり、6番との間の茶小屋まで行こうとしますが、大津のカートは誘導式なので、前の組を追い越せずに後ろに付きました。
さすがに前組もグリーン手前でプレーを止めて、そのまま6番に向かいましたが、我々は茶小屋で後続組が来るまで休憩を入れることにしました。

(茶小屋から南方面を望む。画像では明るく見えて分かりにくいが、左半分の遠方は雨で右半分の遠方は晴れていた。)

(不気味な雲の部分をアップしてみた。左半分は大雨になっている状況だが、右の先は明るい。)

(誘導カートの道路にも深い水溜まりができていて、上手くカートを誘導してくれるか心配だった。)


茶小屋には20分ほどいましたが、後続組もやってこず、そうこうしていたら雨も止んで晴れ間が見えてきたため、6番パー5のティーに向かいます。
ただ、この頃から雷鳴が聞こえ始め、カートのナビにも「雷に注意してください!」と表示が出ていました。


6番ティーでは、前ホールをプレーしていなかったため、最後(達人は赤ティー使用)に打つことにし、待つ間はドライバーを横に置き、背を低くして雷に備えていました。
しかし3打目地点でまた雨が降り出し、達人はその時点で中止されましたが、私は5mのバーディーパットだったので、打つことにして最後までプレーしました。


7番パー3はどうにか小止みの中、全員プレーできましたが、8番では2打目を打った辺りから激しい雨になり、全員プレーを止め、最後の18番では誰も打とうとせず、そのままカートに乗ったままクラブハウスに帰ってきました。


今日は天気に翻弄された一日になりました。雨雲が通り過ぎると晴れ間が見えるという変な天気でしたが、雨の降り方が半端なく、熱帯のスコールのような雨が何度もやってきました。
日本も陽性の雨の降り方になってしまったようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。