三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

パットも酷いしコースマネジメントもできず

今日は楽天1人予約の「1人目誰でも無料」プランで阿蘇グランビリオゴルフ場の西コースに行ってきました。
久しぶりのグランビリオでしたが、パットが酷く、併せて80切りのためのマネジメントも悪く、最終ホールで叩いて目標は達成できませんでした。

(今日のピンポジはCですが、グランビリオはグリーンを3分割しただけでかなりアバウトな表示になりますが、2段や3段もあるアンジュレーションが激しいグリーンなので、もう少しカップまでの距離情報が欲しいところです。)


スタートホールの1番パー4で、7mのバーディーパットを大きく打ちすぎて、返しは打ち切れずの3パットボギーを叩いてから、パットの距離感が悪くなり、チャンスをことごとく逃してしまいます。


2番パー4では3mのバーディーパットを1番でオーバーした後遺症から打てずに、カップ手前で切れるパー、3番パー5でも2mを打てずにパーとなってしまいます。

(4番パー3は打ち下ろしですが、今日のピン位置は奥なので210yほどあり、打ち下ろしを加味して実質は195yほどの距離を打つショットが必要になります。西の空には青空が見えましたが、阿蘇の上空は雲が広がっています。)


4番の長いパー3ではU4で右に外し、アプローチは2mに付けましたが、これも外すボギーでした。
5番パー4こそ、18mほどの長いバーディーパットを50cmまで寄せてパーで凌ぎましたが、長いパットは寄せられても、決めたい距離を入れきれません。


6番パー4は、フェアウェーから奥にこぼし、U6で1mに寄せてパーでしたが、7番パー3では左奥に外したアプローチを1mに寄せたのに右に外してしまいます。


8番パー4では手前からU6で寄せてパーとしたのに、9番パー5で逆球が出てしまいドライバーショットでOBを打ってダボを叩いてしまいます。
ここは台風の影響による強いアゲインストで、力んでしまったようです。左ドックなのでスライスで中央狙いだったのに、捕まってしまいました。


前半は、3ボギー1ダボの5オーバー41スコアで、17パットでした。

(出戻りの台風12号の影響なのか、雲が垂れ込め時折雨がパラつき、強風の中でのラウンドになりました。)


スルーで後半に向かいます。


10番パー4でも3mのバーディーパットを決めきれずのパー、11番パー4は5mを外すパーとし、12番パー3は左ラフから1mにアプローチを寄せてのパーでした。


13番パー5では、左からの12mのバーディーパットを50cmに寄せてのパーでしたが、14番からパットがおかしくなります。


14番パー4はセカンドの番手を間違って奥に付け、下りの10mバーディーパットをダフってしまいます。
結局、パーパットもわずかに外す3パットボギーを打ち、続く15番パー4でも上りの7mをまたきれいにヒットできずに大きくショートする3パットボギーを打ってしまいました。


この辺りでは、パットの打ち方そのものが分からなく程で、混乱してしまいます。


16番パー5では2mのバーディーチャンスに付け、「これを入れきれないと何も決めきれない!」と宣言してのバーディーパットを打ち切れずにカップ手前で左に切れてしまいます。


17番パー3でやっと2mのバーディーパットを決めましたが、これも左に切れそうなのがどうにか転げ落ちたもので、同伴者からも「心臓に悪いパットだった!」と言われる始末です。


しかし、これで通算を6オーバーとして、最終18番の難しいパー4をボギーで終わると80切りが見えてきた展開でした。

(18番はテーショットの落ち場所が絞られ、左にはOBがある1打目が難しいホールですが、センターにナイスショットでした。同伴者は全員飛距離が出ない方々で、30~50yは違っていて、ここは広いけどセカンドの距離が残ります。)


18番パー4はティーショットの落しどころが狭く、セカンドは大きく打ち上げになる難ホールです、ドライバーショットを残り150y杭の内側に運ぶナイスショットをして、第一関門はクリアします。
しかしフェアウェーから打ち上げの150yを6Iでダフってしまい、手前に2つある入れてはいけない手前バンカーに入れてしまいました。
ピンまで40yほどのバンカーショットは、1つ先のバンカーの淵までしか飛ばず、ラフからのアプローチもスタンスが取れない場所で、どうにかオンして6mのボギーパットは左に外すダボを打ってしまいます。


結局、後半は1バーディー2ボギー1ダボの39スコアで、18パットでした。
通算は80スコアで、36パットでした。


入れたいパットを悉く決められなかったのが、80切りできなかった一番の理由ですが、最終ホールで漠然とパーオンを狙ってしまったのが、二番目の敗因です。
ここは打ち上げなので、無理せずにU6でグリーン周りまで運ぶべきでした。
ピンまでの距離を打つ6Iを選択したため、届かないかもと力んで打ってしまい、ダフってしまったのです。
余裕を持って大きめのクラブでゆっくり振ればよかったと、後で反省しましたがこれこそ後の祭りでした。


11回もバーディーパットを打ちましたが、決まったのは1回だけで、長いパットは距離感よくパーを拾いましたが、3m以内をパーパットも含めて9回も外してしまえば、さすがに80切りは無理だということです。
タラレバですが、全部入れていればアンダーのスコアだったわけで、スコアに占めるパットの重要性を改めて実感しました。


明日もグランビリオでのラウンドです。
明日は「アプローチの名人」と「鉄人」との久しぶりのラウンドになります。
今日の失敗を繰り返さないよう、頑張ります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。