三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

シャトレージ札幌でリベンジならず

今日は「GOLFmembers」というサイトで募集のあったラウンドのため、シャトレージ札幌CCに行ってきました。

(入り口の看板です。ケーキ屋もあり、お昼ご飯時は、ケーキ食べ放題がうれしいところです。)
シャトレーゼ札幌は岩見沢のクラインガルテンから10Kmほどの距離にあり、10分ほどで行ける最も近場のゴルフ場です。


昨年は「流離のゴルファー」と「指宿のチャンピン」と3人で勝負しましたが、西コースで51スコアと大叩きして、「もう二度と来ない!」と思ったゴルフ場です。
何しろ、打つべき方向が良くわからず、真ん中を狙ったショットが突き抜けてOBになるなど、アンフェアなコースだという印象でした。

(ホテルも併設され、温泉付きです。)


今日も何度か「ええっ~」というコースもありましたが、それよりグリーンがメチャ重で、雉ケ森と変わらないような転がらないグリーンでした。
打っても打ってもショートを繰り返し、これだけ遅ければパットの楽しみが全くありません。
ゴルフはショットでコースマネジメントする楽しみと、グリーンで傾斜と曲がりを読んでカップインを狙う楽しみの2つがありますが、転がらないグリーンは「読み」という部分が欠落してしまい、ただ単に強く打つだけになる単純なものになってしまいます。


今日は千葉の方が募集したラウンドに、埼玉や岡山・大分・福島などいろんな県からやってきた総勢7人のゴルフ好きの集まりです。
千葉の方とは昨年もご一緒し、残りの方々とは初対面でしたが、メールなどでやり取りした方もいて、ラウンド自体は楽しいものになりました。

(1番での同伴者のショットを写させてもらいました。)


東コース1番はティーから打ち下ろしで3打目が打ち上げになるパー5です。ここは、ドライバーショットが天ぷら気味に左のラフに飛び、7Iで刻みましたが、また左のラフでした。
3打目も7Iで打ったらラフに食われ、距離が出ません。上りの30yを52度でピンの左1mに寄せましたが、このパットを左に外してしまい、ボギースタートになりました。
スタートホールの1mのパットを決めきれなかったことが、今日のラウンドを象徴するようなものになったようです。


2番は2打目からかなりの打ち上げになるパー4です。ここはドライバーショットがまた左に飛んで、左へ大きく下る斜面途中のラフでした。
残りは上りで145yのつま先上がりのラフから、6Iで強振したら上手くピンの左8mにナイスオンでした。
バーディーパットは、遅いグリーンを意識して強めに打ったら、下りを転がって2m近くもオーバーしてしまいます。
ここは返しをどうにか入れてパーゲットでしたが、ここのオーバーでその後の遅いグリーンをどうしても打ち切れない原因の一つになっています。


3番は2番と違って左曲がりでかなり打ち下ろしになるパー4です。ここは前日にHPにあった林超えを狙ってのショットでした。
しかし落下地点が分からず、予想した地点にはなく、ロストかなと思っていたら同伴の方が左ラフで見つけてくれてホッとします。
しかし9Iでのショットは深いラフで上手く打てず、手前の斜面からのアプローチも3m手前で、このパーパットはショートしてボギーでした。
パターの球が全く転がりません。


4番はグリーン手前に大きくバンカーが口を開けて見える166yのパー3です。6Iで打ちましたが、風で左に曲がりバンカーインでした。
バンカーショットは、上手く打てましたが傾斜で右に切れ、2.5mのパーパットはカップに蹴られボギーでした。


5番は真っすぐですが、グリーン面が見えない軽く打ち上げのパー4です。ここはドライバーショットが天ぷら気味になり、フェアウェーでしたが距離が出ません。
U4でグリーン方向に打ちましたが、右手前のラフに食われショートしていました。
52度でのアプローチも手前で止まってしまい、4mのパーパットもショートしてボギーでした。


6番パー3は右からのアゲインストの中、U4で打ちましたが左のラフに外しました。52度でのアプローチは上手く打てたと思ったのに、傾斜で右に切れて行き、ここも4mのパーパットをショートしてボギーでした。


7番パー4はセカンドが打ち上げになるミドルですが、ティーショットを右のラフに打ち、7Iでシャンクが出てしまいます。
右のラフからのアプローチは大きめで、左からの下りを2パットのボギーでした。


8番パー4は右ドックで、コース案内に200y打てば突き抜けてOBとあり、UTでフェアウェーに打ちました。
しかし行ってみるともっと先まで打てるほど先が広く、コース案内は?というものです。
距離が残ったため6Iで打ち、グリーン右端にオンし、13mのパットをしっかり打ちましたが1mショートし、これを入れてパーでした。


9番はセカンドから打ち上げになる短めのパー5です。ここはドライバーショットが右目に飛びましたが、幸いライが良くU4で2オンを狙ってピン方向に飛んでいきます。
オーバーかなとの手応えでしたが、グリーンに上ってみるとピン奥に4mに乗っていて、ナイスオンでした。
下りを意識したパットはわずかに左を抜けましたが、楽々バーディーでした。


前半は1バーディー6ボギーの41スコアでしたが、パット数は18打でした。

(練習グリーンもメチャ重でした。)


後半は昨年51を叩いた西コースです。

(駐車場に面した場所にクラッシックカーが3台展示されいました。)


1番パー5はドライバーショットは右フェアウェーでしたが、球が沈んでいます。U4で打ちましたが、チョロ気味の当たりで距離が出ません。
フェアウェーから打ち上げを同じU4で打ち、ピンの手前5mにナイスオンでしたが、このパットもショートしてパーに終わりました。


2番パー4は軽い打ち下ろしですが、左は土手で受けていて、右は傾斜下が1ペナになります。
昨年も右に落としてダボを叩きましたが、今日も同じようにやってしまいます。
ドライバーショットは上手く打てたと思いましたが、最後に右目に切れ、下り傾斜を右に跳ねたように見えました。
右の下り傾斜のラフにあったプロV1xを8Iで打ちましたが、飛び方が変です。3打目地点に行ってみると、球がざっくり割れています。
ええっと思ってよく見ると、球の番号が違うようで、慌ててポケットの予備球を確認すると、やはり違っていました。
誤球をやらかしてしまい、戻ってオンして2パットでしたが、初球が1ペナで誤球の2打罰を足してトリプルになりました。


3番パー4は打ち上げでコースが見えませんが、目印の旗の右に打ったら小山の上のラフでした。
目印の旗自体が小山の傾斜に立っていて、左はコースが広くあり、なぜあんな場所に目印があるの?と疑問に思ってしまいます。
つま先上がりのラフからU4でグリーンを狙いましたが、右のラフに外し、52度でのアプローチは上手く打てたと思ったのに、傾斜を転げ、3mのパーパットもショートしてボギーでした。
ここは変な場所の目印に惑わされてしまいましたが、グリーンもパットは転がらないものの、アプローチは止まらないという変なグリーンです。


4番パー4は打ち上げになるパー4でしたが、ドライバーショットが大きく左に飛び、隣のカート道路を手前に戻ってしまいます。
ここはU4で右フェアウェーに運び、アプローチショットを3mに付けましたが、パーパットはショートしてボギーでした。


5番は極端に打ち下ろしになる410yの左曲がりのパー4です。ここは19度UTで打ったら下りを転がって残り100yまで転がっていました。
PWでピンの右5mにオンでしたが、バーディーパットはショートしてパーに終わりました。
しかしUtで打って310yドライブとは、恐るべきコースです。


6番はセンター159yでグリーン奥まで185yのやや打ち下ろしになるパー3です。
フォローだったので7Iで手前でもいいと思ったショットは、グリーンをオーバーしてしまい、奥のラフに転げてしまいます。
打ち上げのアプローチはざっくりし、再度のアプローチも4m手前で、このボギーパットもショートするダボになりました。
いくらフォローで軽い打ち下ろしでも、7Iで180yも飛ぶなんてなんか変です。


7番は打ち上げになる真っすぐなパー4です。ここはやっとドライバーショットが真っすぐ飛びフェアウェーでした。
残り100yの打ち上げを9Iで打ち、ピンの手前にオンでしたが、5mのバーディーパットはショートしてパーに終わりました。


8番パー3は谷越えのホールで、アゲインストだったため159yを6Iでしっかり打ってピンの右6mにナイスオンでした。
ここのバーディーパットもショートしないと強めに打ったのに、手前にショートしてパーに終わります。


最終9番パー5は昨年左に2連発OBを打ったホールです。それでアゲインストでしたが19度UTでティーショット氏してェアウェーでした。
しかしやや沈んだライからU4でトップしてしまい、距離が出ません。
残り距離もあり打ち上げだったので再度U4で打ちましたが、なんとまた同じような当たりです。
残りが140yも残る打ち上げを7Iで右に大きくスライスしてオンし、左のカップへの15mのパーパットはしっかり打ちましたがやはり1.5mショートし、ここはどうにかしっかりヒットしてボギーで凌ぎました。


後半は3ボギー、1ダボ、1トリの8オーバー44スコアでパット数は18打でした。


通算は85スコアで36パットでした。
グリーンの遅さがスコアを纏めきれない原因ですが、一番大きな理由はティーショットのドライバーが当たらなかったことです。
左に飛んだり、右にスライスしたりと左右に飛ぶため、困ったものでした。


その要因の一つが、コースでの狙いどころが漠然としたホールがあり、そんな場所ほど大きく曲げています。
狙いどころを決めきれないまま打つと、ショットが曲がる傾向にあるようです。


明日は難しいと聞いている余市にあるエーブランドまで行く予定です。クラインガルテンからは100キロ以上あり、10時スタートなので6時には出ようと思っています。
メンバーは今日とほとんど同じですが組み合わせが変わるようです。
明日はもう少しドライバーショットを安定させなければ、それこそ90叩きは免れないようです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。