三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

パットが決まらなかったがスコアは纏まる

今日は当初はゴルフ5美唄コースの1人予約を入れていましたが、誰も来ずに流れてしまいました。
手首の不調から今日も休養日にしようかなと思っていましたが、天気予報では火曜日と水曜日は雨の予報で、木曜日から千葉の上級者とのラウンドを予定していたので、練習しなきゃと思い、近場のニューしのつゴルフ場の1人予約を朝のうちに入れました。


楽天1人予約でのニューしのつゴルフ場は、1人でも成立するため、当日の朝からでも予約が可能だったのです。
13時台には先約者がいましたが、14時の遅めのスタート時間にして1人でゆっくりラウンドしようと思いました。


今日は月曜日なのでニューしのつゴルフ場ではシニアコンペがあっていて、昨年も2回ほど参加していたので、当初はそれに参加しようかなとも思いましたが、富良野でショットが不調だったので、コンペ参加は見合わせ、1人でのラウンドを選択したのです。


岩見沢のクラインガルテンを12時に出発したら、30分ほどでゴルフ場に到着しました。受付で「早目に到着しました。」と告げ、チェックインの手続きを行います。
今日は1人でのラウンドですが、立ち乗りカート利用で3,200円と比較的お得な料金です。


受付でもらった紙を持って堤防を越えたスタート室に行くと、「14時スタートですが、今ならスタートできます。」と言われてしまい、13時前にスタートすることになりました。
ただ「シニアコンペが前に4組入っていて、途中はかなり待つことになりますが、アウトも同様なので、ご了承ください。」と言われ、どうせ待つならアプローチとパットを練習しようと思いました。

(10番パー5。右が石狩川なのでスライスを恐れましたが、どうにか右ラフでした。)


10番パー5ではドライバーショットが大きくスライスするか心配でしたが、当たってやや右のラフでした。
フォローの風だったので、270yは飛んでいました。セカンドは23度UTで手前からグリーンへ転がってピンの左にナイスオンでした。
8mのイーグルパットは、ショートしてしまいましたがイージーバーディーとなり、現金なもので一気に気分が良くなります。


11番パー4は、スライスしましたが、右は広くラフにありました。ここもフォローで当たりが悪くても240yは飛んでいます。
9Iでピンの右4.5mにナイスオンでしたが、このバーディーパットはわずかにショートし、パーに終わりました。


12番パー4はクリークまで272yでしたが、クリーク手前のラフに止まっていました。52度でピンの左3mにナイスオンでしたが、このパットも打ち切れず右に外しパーでした。


途中は前が3人組のコンペだったので、待ち待ちでティーなどの横で練習していましたが、11番辺りから後ろに1人でのラウンドされる方が来て、グリーンでの練習は不可能になりました。
12番ではさらに後ろのお一人と一緒になったようで、2台の立ち乗りでグリーンにやってきます。
それで、せっかくだから前も3人だし、一緒に回ろうと13番パー4でティーショットを打ってから、後続の2人を待ち、「前が3人だから一緒に回りませんか?」と声をかけ、一緒に回ることにしました。


後ろの方は札幌から来たという昨年は30回はここのゴルフ場に来たという40歳代の常連さんで、もう一人は千葉からダム関係の仕事で来ている方で、このゴルフ場は初めてという50歳代の方でした。


3人になって、前組とのペースが合うようになり、リズムも良くなります。1人ずつ立ち乗りカートを使っているので、自分のペースで球の位置に行けるのもリズムが良い理由になります。


13番パー4は2段グリーンの手前にオンし、上の段のカップへの9mのパットは右を抜けて50㎝オーバーし、返しを入れてパーゲットでした。


14番パー3は折り返しになり、ここは右からの風になります。50度でのティーショットは風で左に流されバンカーインでした。
バンカーショットは1.5mに付き、これを慎重に入れてパーセーブでした。
ここのパーは素直に嬉しいと思いました。

(均した跡付近からのバンカーショットで砂1でした。)

(石狩川に大きなつり橋が架かっていて、その下の近くで折り返しになります。)


15番パー4からアゲインストになります。ずっとドライバーは260yほど飛んでいたのが、ここでは210yほどの飛距離に落ちてしまいます。
右のラフから残り120yを8Iでピンの手前にオンし、8mのバーディーパットはショートしてパーに終わります。
しっかり打った8Iでも、120yをショートするくらいの風の強さでした。


16番パー4もアゲインストでティーショットは飛距離が落ち、右のラフに曲げられました。セカンドもグリーンの右手前にショートしましたが、52度でのアプローチが転がってカップインし、ラッキーなバーディーになりました。


17番パー3は、U6でのショットでしたが、やはり右手前にショートしてしまいます。先ほどと同じようなシチュエーションのアプローチは、ライがクローバーのラフだったため強めに入り、4mピンをオーバーしてしまいます。
下りの軽いスライスラインは、思ったほど切れず左を抜けてボギーになりました。
せっかくのチップインの後に、ボギーは残念ですが、ライの状態で打ちやすいものと打ちにくいものがあるのは仕方ありません。


18番パー5はフェアウェーからUTで右ラフに入れてしまい、残り120yをアゲインストだったので8Iで打ったら、今度は風に負けずに2段グリーンの左奥にオンでした。
ここは右の段下のカップへ、上手く1m弱に寄せてパーゲットでした。
今日は、バーディーチャンスのパットは入らないものの、ロングパットは距離感よく打て、後半はとりあえずオンさえすればどうにかなるという意識になり、楽な展開になりました。

(クラブハウスは中央奥にあり、中央の堤防を越える道路を通って、左の青とオレンジの屋根のスタート室の小屋でカートを指定される。この辺りは、滝川市民ゴルフ場と同様の仕組みである。アウト1番はスタート室を左方向に行ったところにある。)


前半は2バーディー・1ボギーの1アンダー35スコアで、15パットでした。


後半はそのまま1番へ移動します。

1番パー5は、やはりアゲインストだったのでナイスショットしたのに210yほどしか飛んでいません。
フェアウェーからUTで打ち、残り50yを52度でアゲインストを意識しすぎて奥のカラーにオーバーしてしまいます。
ここはU6で転がして1mに寄せ、パーゲットでした。
18番・1番と絶好の場所から、アゲインストを意識しすぎて大きめに打ってしまいますが、それまでショート目ばかりだったので、そうなることはある意味仕方ありません。


2番パー4も風で右に持っていかれラフでした。残り155yだったので通常は7Iですが、アゲインストだったのでU4で低い球で手前から転がすイメージで打ったら、その通り打てましたが、さすがにグリーン上には止まらずに奥にこぼれてしまいます。
ここは52度で下りのアプローチを2mオーバーし、返しのパーパットは打ち切れずに右に外すボギーでした。


3番パー4はドライバーショットはフェアウェーでしたが、PWでのショットをミスし、右手前のエッジに外してしまいます。
ここはU6で転がしましたが、2mショートし、このパーパットも左に外すボギーになりました。
セカンドの距離感の狂いで、グリーンを外し、アプローチも寄せきれない連続ボギーは、ここから崩れるかなという心配もありましたが、「ボギーはOK」と自分に言い聞かせて次に臨みました。


4番パー4はクリーク越えですが、普通に超えて右ラフでした。同伴者はアイアンで刻んでいましたが、180yで超えると看板にあり、尋ねたら「その看板は適当だから信用していない。」と答えがあり、30回も来ている常連さんのいうことだから間違いないだろうけど、先に打っていて良かったと思いました。
ここは8Iで左手前にオンし、7mのバーディーパットはカップ手前でわずかに右に切れパーに終わりました。

(182yの標識よりわずかにティーは遠目にありました。)


5番パー3からアウトは折り返しになり、フォローの風に戻ります。
ここはピンまで185yあり、クラブ選択に悩みましたがU6を選択し、ピンの左8mにナイスオンでした。
バーディーパットは2パットでいいかなと距離感だけで打ったら、見事にカップインし、思いがけないバーディーが来ました。


6番パー4はフォローなのに当たりが悪く、237yショットで左ラフでした。PWでピンの奥にオンし、7mのパットは1mショートしましたが、これを入れてパーゲットでした。


7番パー3は150yを8Iで右のピンに対して左奥にオンでした。2段グリーンの下から10mのパットは上手くスライスラインを左から打って、50cmに付けてパーゲットでした。
長いパットも今日は距離感が良く寄せられるので、不安感がなかったのが良い結果に繋がります。


8番パー4は、ドライバーショットがやや左に飛びラフでした。ここはPWでフライヤーしないよう、スイングスピードをやや落として打つと、ピンの手前1.5mにナイスオンでした。
右へのスライスラインとは読めますが、どれくらい切れるかが分からず、読みすぎて左に外すのも嫌だと思い、カップ内左側を狙ったバーディーパットは、しっかり打てなかったため右に切れて行きパーに終わりました。


9番パー5はティーショットは272yのショットでしたが、セカンドはUTで残り40yのラフでした。52度でピンに寄せようと打ちましたが、傾斜で左に転がって5mが残ります。
ここもスライスで軽く上ってピン手前から下ると読んで打ったバーディーパットは、ラインに乗っていましたが、わずかにカップに届かず、パーに終わりました。


後半は1バーディー・2ボギーの1オーバー37スコアで、16パットでした。


通算はイーブンパーの72で、31パットでした。


今日は自信喪失している中でのラウンドでしたが、スタートホールのバーディーで波に乗り、途中から同伴者が加わることで、待ち時間が無くなるというリズムも出て、大きなスコアロスはほとんどありませんでした。
ラッキーなバーディーもありましたが、反対に決めなければというチャンスは悉く外しています。


河川敷の平坦なコースということを差し引いても、パープレーできたことは自信を回復するものです。
明日と明後日は休養日に充て、木曜日から千葉の上級者とのラウンドを楽しみたいと思いますが、木曜日は昨年大叩きしたシャトレーゼ札幌なので、あまり自信はありません。
また金曜日は、千葉の上級者が難しいとお墨付きのエーブランドGCで初めてのコースなので、こちらも自信はありません。


とりあえず、90叩きをしなければいいかなと思っていますが、さてどうなることでしょうか?






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。