三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

今日はアウトのパー3で大叩きする

今日も昨日に引き続き、阿蘇大津GCの楽天1人予約でのラウンドに行ってきました。
今日は大分からの方が最初に入り、せっかくだからと兄を誘って久しぶりの兄弟ラウンドになりましたが、4人目に女性が入ってこられ、4バックでのラウンドになりました。

(今日は距離のあるAグリーンでした。)


前半は昨日に引き続き好調でしたが、18番でバーディーパットを外し、短い距離を無造作にタップして外すボギーを打ってから、後半はスコアメークに苦しみます。
特にアウトのパー3で2ホールとも3パットをやらかしてしまいました。


スタートの10番403yパー4はドライバーショットが低く出て距離が出ず、フェアウェーから残り200yをUTで手前にオンでした。
しかし20mのロングパットは右に切れ、1.5mのパーパットも右に外す昨日同様3パットボギーでのスタートになりました。


11番165yパー3は7Iで右にオンし、7mのバーディーパットはわずかにショートするパーでした。


12番352yパー4はドライバーショットが当たり、残り100yのフェアウェーからPWでピン奥4mにナイスオンし、この下りを真ん中から沈めるバーディーがきました。


13番402yパー4はドライバーショットはフェアウェーに行き、6Iで狙いましたがわずかにエッジで止まり、そこから8mほどをUTで転がして50センチにつけ、パーゲットでした。


14番481yパー5はアゲインストの中、ドライバーショットもセカンドのUT共にフェアウェーで、残り90y打ち上げをPWで緩み、手前にショートしてしまいます。
52度での8mほどのアプローチはピンに当たって入りそうでしたが、弾かれパーに終わります。


15番399yパー4はフェアウェーからフォローだったので、残り145yを8Iで左奥にオンし、13mの下りスライスをカップ傍に寄せてパーゲットでした。


16番135yパー3は、左前からのアゲインストだったので8Iで風にぶつけましたが、そのまま左に飛び、エッジでした。
UTで10mほどを転がして50センチにつけ、パーゲットになりました。


17番377yパー4は、フェアウェーからPWでピンの奥4mにオンしましたが、バーディーパットはカップの右を抜け、パーに終わりました。


18番499yパー5は、ドライバーショットは右の池を避け、左のファーストカットでした。
そこから7Iで刻み、フェアウェーから52度で60yをピンの左5mにオンし、下りを意識したバーディーパットは40cmショートし、「お先に」と声をかけたパーパットを外してしまいます。
もっと慎重に打てばよかったと思いましたが、後の祭りでした。


前半はせっかく好調なラウンドをしていたのに、最後につまらないミスをしてしまい、1バーディー2ボギーのスコア37で、16パットでした。


ハーフ40を切るかという最初の目標と共に、パープレーそしてアンダースコアとそれぞれの段階での目標がありますが、せっかくのパープレーのチャンスを無造作なパットで台無しにしてしまいました。


今日もミックスサンドという最近の定番の早めの昼食を取り、1時間20分待ちで後半のスタートです。


1番425yパー4はフェアウェー左から7Iでグリーン手前にショートしましたが、UTで8mを転がして1m弱に付け、パーゲットでした。


2番412yパー4は苦手のホールですが、ここは左から軽いフェードでフェアウェーセンターに打ち、7Iで右からの傾斜で左に転がると読んで右にオンしました。
しかし思ったように左に転がらず3パットのピンチでしたが、10mの強烈な下りの軽いフックラインをトロトロと寄せてどうにかパーセーブでした。


3番383yパー4は、アゲインストの風の中フェアウェー右にナイスショットでした。
7Iでピンの奥5mにオンしましたが、バーディーパットは下りを意識してしまい、ラインに乗ってあと一転びのカップ手前で止まってしまい、パーに終わります。


すると短い4番パー3でやらかしてしまいます。今日はティーが前でピンまで115yほどで奥はダメなのでPWで手前を狙ったら見事トップしてしまいます。
奥のラフから、52度上手く打てましたが、傾斜を転がるはずが上手く打ったため止まってしまいます。下りの強烈なフックラインは膨らましましたが、左手前に切れてしまい、1mのボギーパットも右を抜けて3パットのダボになってしまいます。


5番363yパー4は、フェアウェーから8Iで左奥にオンし、下りのスライスラインは予想外に右に切れましたが、返しをどうにか入れてパーセーブでした。


6番499yパー5はフェアウェーからUTで左のラフに打ってしまい、残り100yの打ち上げややアゲインストをPWで高く上げましたが、ラフから止まらずに奥にこぼれてしまいます。
ここはアゲインストでグリーンに残っていると思っていたので、若干ショックでした。
52度でのアプローチは傾斜を止まらずに5mもオーバーし、返しのパーパットはショートしてボギーになりました。
セカンドでラフに打ち込んだのが敗因で、アゲインストでも止まらなかったのはフライヤーしたためのようでした。


7番129yパー3はアゲインストのため、9Iでしっかり打ったけどグリーン右のエッジでした。
またUTで転がそうと思ってパターとUTだけを持ってグリーンに上がると、なんとライン上に散水栓があり、凹みが転がす邪魔になり、打つラインは右にか左かしかなく、フックラインなので右に打ちましたが、カップの上1mに止まってしまいます。
このパーパットを強めに打ってラインを消そうとしましたが、入らずに2m弱転げ、このボギーパットも右に蹴られるダボになりました。
ここはアンラッキーな場面でしたが、ウエッジを持っていかなかったという根本的な判断ミスがありました。


これで思わぬダボが2つ来て、前半は余裕で80切りができそうな展開が一気に怪しくなりました。


8番394yパー4は、フォローの風に乗せて距離を出そうと力が入り、大きむ右に打ってしまいます。
右バンカーはどうにか超えましたが、スタンスがバンカー内にかかる深いラフに入っていて、残り140yを7Iを短く持ってのショットでしたが、当たらずに左のラフにショートしてしまいます。
ここからの40yのアプローチは上手く打てた感はありましたが、グリーンの目に見えにくい傾斜が右に流れていて、止まらずピンから離れていきます。
4mのパーパットもカップ淵で左に切れるというボギーでした。


これで後半はダボ2つにボギー2つになり、前半と合わせて7オーバーとなって80切りがかなり怪しくなってしまいます。


最終9番553yパー5は、アゲインストのティーショットは敢えて右狙いとしました。
ここは鉄人と呼ぶ80歳の方が使った方法で、右カート道路に打つと、傾斜で距離を稼ぐことができ、併せてセカンドが打ちやすい場所なのです。
ただ右カート道路の10m右はOBになるため、危険なかけでしたが、アゲインストで距離を稼ぐ方法はこれしかなく、OBなら仕方ないと狙いました。
狙い通り、ラフに落ちてバンカー先まで転がり、セカンドがかなり楽になります。
UTでフェアウェーセンターを狙い、残り150yを7Iでピン奥に乗せ、下りを慎重に寄せてどうにかパーセーブでした。


後半はパー3の2ホールで短い距離から3パットしてのダボを打ってしまい、スコアを崩しましたが、難関の最終9番でどうにかパーセーブでき、6オーバー42スコアで19パットでした。
通算はやっと80切りの79スコアで、パット数は3パット4回が響き、36パットでした。


これで明日はラウンドがなく、日曜日の理事長杯決勝に臨みます。
調子が良いのか悪いのか分かりませんが、大津で連続の80切りはショットが好調だったからこそ出来たわけで、この調子を日曜日まで維持できたらと思っています。


ネットで注文したユーティリティーの27度がさっき宅配便で届けられました。
実践投入なしに本番で使ってよいのかと悩みますが、明日は練習場に行ってみようかなと思っています。
5Iの代わりに使える武器になればよいのですが、、、。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。