三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

上級者のマナーが良くなる理由

今日は楽天1人予約が流れたので、天気が良いけどゴルフはお休みです。
明日は阿蘇大津GCでのラウンドが決定しているのですが、今晩はソフトボールの練習日なので明日は身体が持つか心配といえば心配です。


先週土曜日の試合で投球したため、今日の段階でもかなり膝やわき腹にコリが残っていて、昨日のラウンドでもドライバーの安定性が全くなくなっていました。


好スコアを出すためには、まず1打目の安定性は必須事項です。いくらショートゲームで頑張ろうにも、1打目でトラブルになっているとボギーオンも難しくなります。


話は変わりますが、MLBのエンゼルス大谷選手の活躍は素晴らしく、週間MVPを獲得したとのニュースが話題になっています。


大谷選手の紹介の中で、高校生の時の目標などを書くシートいわゆる「目標達成シート」(「マンダラート表」というそうですが。)に「運」という囲みを書いていて、その中には「あいさつ」「部屋の掃除」「審判さんへの態度」「ゴミ拾い」「道具を大切に使う」などが書かれていたそうです。


スポーツ選手にとって「運」は必要不可欠なものです。どんなに実力があっても、「運」がないまま表舞台に立てずに消えていった有望選手はたくさんいます。


熊本出身の女子ゴルファーである柴垣綾花プロは、運に見放されて結果的に大成できずに終わっています。
のちの賞金女王になった古閑美保プロと共に坂田塾の第1期生としてゴルフを始め、東海大二高時代には史上最年少で日本女子オープンの予選通過の記録を作り、同年には高校選手権女子個人の部で優勝し、翌年から古閑美保とともに2年連続高校選手権団体優勝のメンバーでした。


高校3年生になった2000年はゴルフ部の主将として8月には日本ジュニアで優勝し、同年10月には、広島・賀茂CCで開催され日本女子アマ選手権で東海第二高校の同級生だった古閑美保と決勝のマッチプレーを争い、見事勝利して史上2人目の同一年日本ジュニア・日本アマの二冠を達成しています。


しかし2001年にプロテストを古閑とともに受け、古閑は合格したけど柴垣は不合格になり、ここから人生が暗転してしまいます。


2002年にプロテストに合格したものの、その後は2010年のステップアップツアーでの1勝のみで終わり、古閑美保プロの華やかなプロ人生とは正反対のゴルファー人生を歩んでいます。


身長172cmと長身から繰り出されるドライバーショットは、2010年当時ダイキンオーキッドレディスで同組だった横峯さくらプロを20y~50yもオーバードライブしたという話題が記事になったほどです。


しかし、この年以外での賞金獲得額は0円で、表舞台からは消えてしまいました。


アマチュアの時は実力がものを言いますが、プロになれば実力以外にも「運」が必要になります。
古閑美保プロが賞金女王になったときも、当時無敵の不動裕理プロが最終戦の最終日に短い距離からまさかの3パットで優勝を逃した結果です。


ゴルフはまさしく「運」が左右するスポーツだといえます。どんなにナイスショットしてフェアウェーど真ん中だとしても、ディボット跡などに入ることもあり、常に良いライが保証されているわけではありません。
反対に大きく曲げてOB方向に球が行っても、木に当たってフェアウェーに戻ってくるというケースもあります。


ゴルフが300yのショットも1センチのパットも同じ1打という不条理なルールで成り立っている以上、カップ淵で球が止まるか落ちるかで結果が大きく変わってくるのです。
そのため、上級者になればなるほど「ゴルフの神様」に意地悪されないようコースの保護に力を入れる傾向にあります。


ティーインググランドに残る折れたティーを拾ってごみ入れに入れる、吸殻を見つけたら拾う、ディボット跡に目土するための砂袋を携行する、バンカー内の他人が残した足跡も一緒に均す、グリーン上の目につくディボット跡はスロープレーにならない範囲で可能な限り修復する、などの行為は決して周りから「立派なゴルファー」に見られたいと思ってやっている行為ではないのです。


「ゴルフの神様」から意地悪されないために、できる限りのコースへの奉仕作業をやっているようなものです。
そんな意識を持っていても、ゴルフではやはり「不運」に見舞われることも多いのです。


アマチュアだったら「運が悪い。まぁ仕方ないか。」と思えることでも、1打の中に何人もが犇めくプロの世界では、「運」も立派なそのゴルファーの実力の一つと言えるのかもしれません。


上級者がマナーを良くするのは他人のためとかではなく、まさしく自分のためなのです。
だからこそ、上級者に少しでも近づきたい私は、マナーを良くすることでゴルフが上達できないかなと思っているのです。
だって練習する労力より、ゴミ拾いの方が簡単にできるのですから、、、。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。