三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

ショートパットを外しまくる

今日は楽天1人予約が成立し、阿蘇大津GCに行ってきました。
昨日は朝5時起床で1ラウンドを選手と一緒に歩き、終わって糸島市から3時間半かけて帰って来て、今日も5時起きなのでかなり疲れてはいました。


しかし、今週はまだラウンドを入れてなかったし、調整を兼ねてラウンドがあったことはラッキーでした。
しかし、今日はショートパットを外しまくり、スコアを崩してしまいます。


元々、今日はスコアよりショットの傾向を把握しておきたいと思ってのラウンドでしたが、やはり短いパットを外してボギーを叩くと、なんとなく気分は上向きにはなれません。
その代わり、ショットはかなり良い傾向で、不安定なアイアンもそれなりに飛んでくれました。

(Aグリーンは更新作業後に少し遅めになっています。)

(大津GCの練習グリーンは2つあり、その日の使用グリーンによって練習グリーンも変わります。手前はBグリーンの練習グリーンで奥がAグリーンの練習グリーンです。)

(バンカー練習場の顎の高さはほぼ身長ほどで、先の面が見えませんが奥は傾斜で受けていて安心して打てます。大津では必ずここでスタート前に練習します。)


今日は「アプローチの達人」とあだ名した70歳の方との2バッグが当初の予定でしたが、昨日になって60歳代の方と50歳の方が入って来られ、4バッグでのラウンドになりました。

(10番のティーには、シートで養生された部分がありました。)


10番パー4ではセカンドの7Iが右にふけましたが、カラーから上りの5mをパターで寄せてパースタートでした。
しかし11番パー3ではUTで右のバンカーインになり、上手くバンカーショットはピンに絡めましたが、傾斜で1.5mほど転がり、このパーパットを強めに打って左に外してしまいます。
なんだか慌てて打った感があり、もっとゆっくり間を取って打つべきでした。
12番パー4はフェアウェーからPWのセカンドをピンやや右奥2.5mにナイスオンでしたが、このパットは打ち切れず、カップ手前で左に切れてパーでした。


13番パー4は、ドライバーショットはフェアウェーでしたが、残り距離がありUTで打ったら奥のカラーまで飛んでいました。
パターで下りのフックラインを読んで打ちましたが、予想外に転がらず、2mショートし、このパットも左に外すボギーでした。


14番パー4は1打目フェアウェー2打目フェアウェー、3打目を52度でピンの右2mにナイスオンでしたが、下りを意識したパットは上手く当たらずにショートし、パーに終わります。


15番パー4はフェアウェーから7Iでピンの左1.5mにナイスオンでした。同伴者のパットが5cmほど遠くの同じラインにあり、やや下りの真っすぐをカップインしたのを見て、ラインは分かっていたのに、バーディーパットはなんと触っただけになってしまい、ショートしてパーに終わります。


16番パー3は7Iでピン奥のカラーまで飛んでしまい、パターで上って下りの5mを寄せましたが、右に切れ残った1m弱も左に外すボギーでした。


17番パー4はドライバーショットを右の池を怖がって左に打ち、バンカーインでした。残り160yを6Iで狙いましたがダフって大きくショートしてしまいます。
52度ウェッジでの50yのアプローチショットは、カップと同じ面の段上に上らず、手前からの8mのパーパットは1mオーバーして返しも左に外すダボでした。


18番パー5はどうしたのかドライバーショットでチョロってしまいます。セカンドをラフからUTで打ったらスライスになり、池を越えません。
池の淵から4打目もグリーン手前で、そこからピン手前4mにオンしましたが、大きくスライスする上りのボギーパットはカップのわずか右に切れ、連続ダボになりました。


前半のインは、3ボギー2ダボの7オーバー43というスコアで、パット数は18パットでしたが、短いパットを外しまくったツケが溜まってしまいました。


昼食後のアウト1番パー4は、フェアウェーから10番とは違い7Iで左に外してしまいます。
しかしここは凹みのラフから58度で上手くピンに付け、50cmを入れてパーゲットでした。
達人から「難しいアプローチは上手く打てるんだね?」と笑われてしまいます。
「マッチプレー向きだね、相手はきっと寄らないと思ったアプローチを寄せられると、ショック倍増だろうから。」と褒めてくれました。


2番パー4はドライバーショットを左の傾斜地へ落としてしまい、7Iで砲台グリーンの右手前にいったん刻みます。
そこからのアプローチは上手く打てた感がありますが、右から左への傾斜が強く、ピンに当たって1m強が残りました。
しかしこのパーパットも左に外し、ボギーになりました。
今日はどうもショートパットが入りません。


3番パー4はアゲインストの風の中、ドライバーショットが風に負けて左のラフにありました。
6Iでグリーンを狙いましたが、力んで打ってしまい大きくスライスしてサブグリーンにでした。
手前の芝が薄いエッジにドロップしての3打目はダフらず上手く打てたけど、7mのパパットが残り、これはカップ傍まで寄せて「お先」にのボギーでした。


4番パー3はピン奥でグリーン奥まで137yと距離計が示したので、9Iでしっかり打ったらなんとグリーンをオーバーしてカラー近くのラフまで飛んでしまいます。
冬場は125yしか飛ばなかったのに、温かくなって距離が伸びたのかもしれません。
最初はパターで寄せようと思いましたが、練習のためにウエッジを持って寄せましたが、上手く当たらずグリーンに乗っただけで、そこから下りの3mを1mオーバーし、ここは返しをどうにか入れてボギーでした。


5番パー4はドライバーショットがやや左に飛び、ラフから6Iで上手く当たらず手前の凹みに打ち込んでしまいます。
打ち上げのアプローチは、58度でピンの左1mに寄せ、ここはしっかり決めてパーでした。
ここも達人が「難しいアプローチなのに、よく寄せたね。簡単な方はイップスがでるのに、絶対に寄らないと思ったアプローチは上手く打つね!」と褒めてくれました。
確かに見た目で簡単だと思うと身体が固くなりますが、難しい状況だとイップスが出ないのが不思議です。


6番パー5は、ドライバーショットフェアウェー、セカンドのUTもフェアウェーで残り100yの砲台グリーンにPWでこれも上手く打てましたが、やや左にオンでした。
7mのバーディーパットは、やや下りだったので1mオーバーし、この返しも外すボギーになってしまいます。
途中のショットは完璧に打ってたけど、最後のパットが決まらないとスコアは纏まらない典型のようなホールでした。


7番パー3は7Iで右のカラーに外し、上ってフックする13mほどの距離をパターで右目を狙ったらフックせずそのまま真っすぐに奥のカラーに転げてしまいます。
そこからまたパターで5mを狙いましたが、わずかに右に切れ、ボギーになりました。
ここはパターで打つよりUTでコツンと打った方が良かったと後で反省しました。

(8番ティーインググランド横の桜は満開でした。)

8番パー4はドライバーショットは達人と同じような位置でのフェアウェーです。
達人とマッチプレーのセカンドと想定しての2打目でしたが、先に達人がウッドでピンの右にナイスオンし、「乗せないと負けだ」と呟いての7Iでのショットは手前の傾斜に当たってショートしてしまいます。
10yほどのアプローチショットは、「寄せないと負け」と呟きながら打ちましたが、58度で打ったため距離が足りず、パーパットも右に切れてボギーとなり、達人の2パットパーに負けてしまいました。


達人は飛距離はでないものの、私が7Iの距離を5Wで上手くグリーンにオンさせる技が光り、いくつかのホールでパーオンさせています。
さすが達人だという面目躍如です。


9番パー5はここも勝手にマッチプレーと想定してのプレーにしました。ドライバーショットは右ラフに飛び、UTで今度は左ラフに打ち込んでしまいます。
しかし7Iで上手くピンの右手前にオンし、10mのバーディーパットは左に切れて1mが残ります。
達人から「入れると優勝だ!」とプレッシャーをかけられましたが、このパーパットはどうにか決めて、やっとパーゲットでした。


後半は6ボギーを打ちましたが、ほとんどがショートパットを外した結果のボギーでした。
スコア42でパット数は16パットでした。


通算は85でパット数は34パットでしたが、短いパットを何度外したことでしょう?


明日は深田村の熊本クラウンGCに片道2時間かけて行く予定です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。