三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

強風の中のラウンド

今日は楽天1人予約が成立したので、阿蘇大津GCに行ってきました。
数日前まで今日の天気は雨という予報だったので、一度は兄が予約を入れていましたが金曜日に変更し、今日は成立しないと思っていました。
しかし、昨日のうちにバタバタと3人も予約が入り、天気が心配でしたが、キャンセルするわけにはいかず出かけて行きました。


今日のスタートは8時45分でしたが、着いた7時半頃はコースはまだ霧の中でした。天気予報では、朝方まで雨が残り、午前中は曇りでも15時からまた天気は崩れる見込みで、強風が吹き荒れ、寒くなるという予報です。

(バンカー練習場からクラブハウスを見ても霧が立ち込めている。)

(練習グリーンから見た霧の中の16番パー3。右手前がBグリーンでと奥がAグリーン)


確かにバンカー練習している時間は汗ばむほどでしたが、スタート後から冷たい強風が吹き荒れ始め、ゴルフも風に翻弄される一日になりました。

(最高気温17度は、朝のうちだけで時間が経つにつれ、気温が下がっていきました。)


11時過ぎにアウト9番を終わり、他の3人にスルーで行くかどうか尋ねたら「雨が降るかもだから、できればスルーで」という意見に纏まり、スタート室に交渉に行ったら、「今だったら大丈夫です」と答えがあり、食事休憩中の前組を追い抜いてインに向かうことが出来、雨が降りだす前にホールアウトすることができました。


今日は今週末のマッチプレー対策として、同伴者の誰かを仮想相手として、マッチプレーと思いながらラウンドしようと当初は思いましたが、途中から風に翻弄される展開になり、マッチプレーどころかスコアを纏めることに必死になりました。


ラウンドの内容は、良かった点はバンカーから砂1を二度も取れたこととパットの距離感が良かったことですが、悪かった点はドライバーでOBと池ポチャを各一度、UTでOBを一度打ったことと、ミドルアイアンが相変わらず当たらなかったことです。


最近の傾向ですが、ティーショットをキチンと打てて、セカンドもしっかり打てたけど、距離の読み間違いなどで外した場合はアプローチが寄り、反対にミスショットでグリーンを外した後のアプローチは寄らないというはっきりした傾向があります。


つまり、ミスショットのリカバリーが出来ていないことが大きな欠点で、本来はミスをリカバリーしてスコアロスを防ぐのがアプローチ力です。
その意味で、ミスショットを引きずったまま、次のアプローチに臨んでミスを繰り返すことが自分の欠点のようでした。


何か、気分転換を図る魔法のキーワードでも決めて、それを実行することで気持ちを新たにする訓練をしないといけないのかなと思っています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。