三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

2017年の総括(私的ゴルフ)

今日は12月30日です。


昨日は地域のお宮の清掃作業に行ってきました。大きな門松を作ったり、落ち葉で埋め尽くされた境内の清掃を地域の方々と半日がかりで行い、無事に正月準備ができました。


門松作りは、裏山からの大竹切りから始まり、一輪車で泥を掘っては運んだりと、4人がかりで立派なものができましたが、おかげで今日は筋肉痛になっています。


さて今年も残り2日となり、私的なゴルフの総括をしてみました。


今年で一番の大きな出来事は、5月末から7月初めまで北海道へゴルフ旅に出掛けたことです。
1人予約で知り合った南阿蘇の元歯科医のじっちゃま(通称「流離のゴルファー)から、毎年北海道にゴルフに行っている話を聞き、行ってみたいなと憧れていました。


北海道の市町村のいくつかで、移住のためのお試し住宅提供が行われていて、その中の住宅に申込み、当たったら行こうと決めたところ、運よく岩見沢の住宅を借りることができました。
その住宅は年単位で借りることもできましたが、周りが何もないところで田舎過ぎて、さすがにここに住むのはと躊躇するような住宅(「ラウベ」という農作業用の小屋が発祥の小住宅)でした。


ただ、もしもっと良い場所があれば、移住とまでは行かずともシーズンスティ(お試し住宅の応募は「移住」もしくは「シーズンスティ」を希望する者が対象)はしたいなと考えてはいます。
夏の間は北海道でゴルフをして過ごし、冬季は九州でゴルフというのは理想的で、来年も北海道のどこかに行ってみたいなと計画中です。


今年の北海道では50日間ほどの滞在で、22ゴルフ場の24コースで通算37ラウンド(1.5ラウンドもあるため正確には39.5ラウンド)しました。1日で2コースラウンドしたこともあってラウンド数は伸びました。


実はラウンド記録を取ったのが、北海道行きが決まった2月からで、1月から2月上旬までの記録は取っていなく、どのくらいのラウンド数があったか不明です。
北海道の記録を残すためにこのブログを始め、ラウンド記録を取り始めたのが2月9日からなのです。
今年は1月1日からラウンドに行った記憶があり、たぶん百花園やチェリー宇土を中心に10回程度は行ったはずです。


しかし、記録の無いラウンドは別にして、記録に残った今年のラウンド数は122回になりました。
そのうち熊本でのラウンド数は85回でした。


一番多くラウンドしたのは阿蘇グランビィリオゴルフ場の21回で、以下多い順に阿蘇大津GC19回、あつまる阿蘇赤水GC16回、百花園ゴルフ場9回、菊池CC5回、チェリー宇土GC3回、熊本クラウンGC3回、その他9コース9回でした。


阿蘇グランビリィオゴルフ場と阿蘇大津GCの回数が多かったのは、楽天1人予約の「1人目誰でも無料」プランのおかげで、流れたケースも多かったのですが、同伴者が予約に来てくれたおかげで、熊本でのラウンド数のほぼ半数近い40回を安価な金額(無料プランでも税や昼食代で1600円程度は必要になる。)でラウンドすることができました。
改めて、同伴していただいた方々に感謝したいと思います。


次に多いあつまる阿蘇赤水GCはホームコースでもあり、特に3月の社長杯や4月の理事長杯などの影響で前期でのラウンド数が多かったようです。
ただ夏場以降はグリーンが激重になっていて、ほとんど行かなくなっています。


以前のホームコースであるチェリー宇土にも前半は良く行っていました。ここは火曜日が5千円内で食事付きのラウンドができるため、阿蘇とは違い平地のゴルフ場なので冬季は良く行くところです。


菊池CCも楽天1人予約でステーキの食事付き5千円という破格なプランが出る場合があり、空いていれば予約して行きました。
冬場は寒くとも、料金の安さにひかれて1月にも何度か行ったはずです。
菊池CCの料金は楽天の同じようの時間帯でのスタートでも場合によっては2千円も違うというおかしな設定ですが、たぶん直前に空きが多いスタート枠を安価に開放しているのかもしれません。


熊本クラウンGCは自宅から2時間はかかるゴルフ場ですが、ここも平日に楽天1人予約で「2人目まで半額」プランがときどき出ていて、高速道路を使わずに峠越えで往復しました。
幸い以前、経路途中にある五木村に6年間住んでいたため、熊本クラウンGCまでの経路は通勤経路でもあったし、道路の状況や道順は詳しいのです。
阿蘇地方も熊本地震での阿蘇大橋崩落の影響で、代替道路の二重峠越えが混雑するため2時間まではかからなくともそれに近い時間を要し、それだったら熊本クラウンまで行くのと大して変わらないと思ったのも行こうと思った理由です。


最後に冬場にラウンド数が多くなるのが、百花園ゴルフ場です。ここは手引きカートでの歩きになるため、暑い夏場(4月~10月)は全く行きません。
また芝も高麗芝なので夏場はグリーンの速度が遅いのですが、冬場は反対に速くなるため、12月から2月までの期間中はメインにラウンドするゴルフ場になります。


パー4が5ホールとパー3が4ホールというレイアウトで、パー4でドライバーショットの練習とセカンドでのショートアイアンやウェッジの距離合わせの練習、パー3で7~8アイアンのショット練習、7番パー3で5Wの練習と、ほぼすべてのクラブでの練習ができます。
グリーンも傾斜が複雑でスピードも速くなり、下りは思わぬカップオーバーが出てしまうため、冬場は楽しいゴルフ場です。


今年はゴルフ人生で一番多くのラウンド数をこなしました。
来年はここまでの数は無理だとは思いますが、一つ一つのラウンドを大切にして楽しく回れたらと思います。
また北海道にも今年と同じく梅雨の間に行ってラウンドを楽しめたらいいなと思っていますが、申し込んでいるお試し住宅の結果が分かるのが来年の2月ということです。
もし当たらない場合は、民間のマンスリーアパートでもいいかなと考えていて、健康に不安がない間は北海道の旅行とゴルフを楽しみたいなと考えています。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。