三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

今日は百花園ゴルフ場で練習したけど

今日も1人予約が流れたので、百花園ゴルフ場まで練習に行きました。
朝9時過ぎに着きましたが、木の影になる場所の芝は所々が白く凍っていて、朝方は気温がかなり下がっていたようです。


百花園は手引きカートを引きながら歩きのラウンドなので、少しくらい寒いのは自分的には平気で、3回のラウンドを休憩なしで回りましたが、途中から温まり2回目からはジャンバーを脱いでのラウンドになりました。


今日も3回目は途中でリタイヤしようかなと思っていましたが、3回目に一緒になった方たちお二人がかなりお上手そうで、緊張感のあるラウンドになり、リタイヤせずに最終ホールまで行ってしまいます。


某ゴルフ場のメンバーのようで、お一人はいろんな大会で名前を聞いたことのある年配の方でした。
出だしの1番2番でショットを曲げ、ボギーがやっとの内容に対し、お二人はバーディーチャンスにそれぞれ付け、年配の方は2番で見事にバーディーをゲットされました。


3番で奥からのバーディーパットを打ちすぎ、返しの2mをやっと入れてパーを獲りますが、それでも3番バッターから抜け出せませんでした。
4番でも長いバーディーパットを2mオーバーしましたが、ここも返しを入れてパーで凌ぎます。
ここまで年配の方が1アンダー、もう1人の50歳くらいの方が4番でボギーになり1オーバーで、やっと2番バッターになりました。


今日は5番パー3が相性が悪く、1回目も2回目も奥のバンカーに打ち込んでいました。
それを意識して抑えたショットをしようとしたら、身体が止まってしまい見事に引っ掛けて木に当ててしまいます。
ここはアプローチで3mに寄せてパーパットはわずかに外れるボギーでした。


6番パー3は5番と違って相性がよいホールになっていて、3回目も奥でしたがオンし、バーディーパットはカップ横に止まるタッチでお先にのパーになります。


しかし7番パー3で23度UTにしようと5Iで打とうか迷い、結局5Iで力んでしまって左に大きくフックさせて左小山の傾斜にぶつけてしまいます。
つま先下がりのラフから木の上を越えて40yのアプローチショットを上手く打て、カップの左上1mにナイスオンし、下りのスライスラインをしっかり読んでナイスパーで凌いで勢いが出ました。


8番パー4はドライバーショットが当たり、残り40yのフェアウェーから52度でのアプローチショットもピン手前1mにナイスオンし、ここもスライスラインを読んでバーディーをゲットしました。


9番パー3は8Iでピン奥4mにナイスオンし、下りのスライスラインを大きく読みすぎてカップ手前で止まり、お先にのパーでした。


3回目の後半の方は手応えのある内容でしたが、2回目まではフェアウェーからウェッジでダフったり、オーバーしたりと全くピリッとしない内容でした。
2回目では2番と8番でエッジからチップインのバーディーゲットでしたが、その前のショットがフェアウェーから80y以内を外しているもので、褒められたバーディーではありません。


アプローチでも7番で20yをトップしてしまい、大きく奥のラフまで転がってのダボを打ってしまっています。
5番では2回も奥のバンカーに入れ、バンカーショットは2回ともグリーンをこぼして、1度目はパターで寄せてボギーで凌げましたが2度目はダボになってしまっています。


今日も全般的に縦の距離が合わずに奥目に打ってしまいましたが、飛んでしまったのではなく、ダフるのが怖くて強めに打ってしまった結果でした。
3回目は、それなりに距離を合わせたアプローチやショットが打てましたが、まだまだミスが多く、これでは良いスコアを本コースでは出せないなという反省だけが残りました。


次のラウンドは明後日の大津になる予定ですが、もし同伴者にキャンセルがあればまた百花園で練習ラウンドをしようかなと思っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。