三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

寒さの中のラウンド

今日は1人予約が流れたため百花園ゴルフ場に行こうかと思っていましたが、菊池カントリーに1人予約で空きがあったため、急遽行ってきました。


楽天の300円割引と菊池CCのポイントがあったため、食事付き6,700円が3,900円ほどになり百花園の4千円より安いと思ったからです。


しかし、菊池は雨模様だったためか、時折雪が舞うとても寒い一日でした。

スタート時間が10時半過ぎであり、混んでいれば日没までにホールアウトできるかと心配していましたが、幸い10時過ぎにはスタート出来て、そんなに混まずに前半のインが12時半前には終わることができました。


レストランの飲み放題の温かいスープが美味しく、冷え切った身体を中から温めてくれます。
昼食も食事つきプランから500円割り増しのステーキを注文し、とてもお得感のあるラウンドになりました。


しかし、スコアは気温同様お寒いもので、とくにアプローチが打てなくなり、簡単な状況からトップを繰り返してスコアを崩す結果になりました。
意識すればするほど、身体が勝手に動いてしまい、とうとう最後はパターで転がす羽目になります。


特に冬場のラフが短くなったライからは、打つ前からトップするかダフるかのイメージしか沸かず、同伴者から「バンカーからの方が打てているから、アプローチもバンカーのように打てばどう?」とまで言われてしまいます。


グリーン回りのアプローチも打てませんが、30~40yのアプローチショットもダフるイメージから強く打ってしまい、ピン奥に乗せるケースが多く、パターにも苦労してしまいます。
1パットが2ホールしかなかったのですが、ボギーは全てアプローチの悪さで寄せきれない状況でした。


同伴者の知り合いの元シングルHDCPの70歳の方が見事なアプローチでカップに寄せるのを見て、羨ましく見ていました。
その方はフロントティー使用でしたが、セカンドはほぼ同じ場所から上手くパーオンされるか外してもOKの位置に寄せられ、反対に自分は左右に外してアプローチが寄らないため、より以上にガックリ来てしまいます。


いろいろどうすればよいか質問したりしましたが、アプローチも身体を使って打たなきゃと言われてしまいますが、それをしたくても勝手に手と身体がバラバラに動いてしまうのです。


よっほど全てのアプローチをパターで打とうかと思いましたが、それでは練習にならないし、酷いアプローチでも諦めないで打つしかないのかもしれません。
百花園でアプローチの練習をするために、また行かなくっちゃと思いながら帰ってきました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。