三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

今日のラウンド内容は雨のち晴

今日は楽天1人予約の「誰でも1人目無料」プランで阿蘇大津GCへ行ってきました。
朝は濃霧でしたが、霧が晴れた後は快晴になり気温も上がっていきます。


ラウンド中は汗ばむほどで、天気予報で気温が上がると言っていた通りになりました。


今日の同伴者は70歳代の方と60歳代の方で、それぞれスコア申告は100になっています。
70歳代の方は70歳を機にゴルフを再開されたようで、何ホールか大叩きがありましたが、それ以外は確実にボギーオンされ、2パットのボギーを取るゴルフを展開されていて、年齢相応の立派な内容でした。


60歳代の方は、力みすぎのショットを繰り返し、そのたびに「おかしいな?」と首を捻っていましたが、もう少し練習場で打ち込みをしないと単なるゴルフ遊びになってしまうものです。
1人予約は初めてとのことでしたが、最初に注意したことに対し、なんとなく素直には受けとられなかったようで、前半はそれがスコアを崩した原因だったのかもしれません。


なにしろ、自分がオナーでもないのにティーインググランドで、オナーかのような振舞いをしたり、ティーショットを打つすぐ傍に立ったり、スイングを始めてるのに急に大声を出したりと、かなりマナー面で問題がある方でした。


最初に、「後ろには立たないでくださいね。」と頼んでいたのにも関わらず、平気で立たれ、2回目に注意したら「ハイ、ハイ分かりました!」と、さもうるさい奴だと言わんばかりの態度をされ、「ヤレヤレ今日は外れの日だ。」と思ったほどでした。


グリーンでもパターで打つ構えをしているときに平気でカップの向こうを横切ったりと、前半は半ばあきらめてプレーしていましたが、昼食中に話をしたことで後半は少し大人しくなり、私のショットが切れだすと、それに比例してメロメロのゴルフになっていったようです。


聞けば、普段は仲間内だけでのラウンドで、そういったマナー面は誰からも教えられなかったようで、「ゴルフ規則の最初にマナーとエチケットが書いてあるほどマナーはゴルフでは大事なことで、スコアよりエチケットを優先しないと1人予約では嫌われて誰も一緒にならなくなりますよ。」と昼食時に話をしました。


今日は、そんな経緯で前半のインではショットが全く当たらずに苦労しましたが、昼食後のアウトは一転してショットがピンに絡み、2バーディーを取れてしまいます。
前半は寄せ1狙いのパットが入らなかったのに、後半は手応えはショートだったものがグリーンの速さでカップインするなど、ラッキーな面もありましたが、久しぶりのハーフアンダーで回れました。

先日の阿蘇グランビリィオの遅めのグリーンに比べ、阿蘇大津GCのグリーンはまだ速さが落ちていません。
前組にたまたま旧職場の職員が期末試験中ということで代休を取って来ていましたが、グリーンの速さに驚いていました。


朝の練習グリーンで「もしかしたら」とは思っていましたが、今日は平日だしゴルフなんかに来れるはずもないと別人だと思って声を掛けませんでした。
しかし前組になり、カートに乗っていたら向こうから声をかけて来てくれ、「悪いことはできないなと思いました。」と言ったので、「きちんと休みを申請してきているのであれば問題ないよ。どうせ元職場の職員とは今は全く繋がりがないから大丈夫。」を笑って答えました。


明日は同じ阿蘇大津GCで兄と一緒にラウンドすることになっています。
兄は先週の知り合いとのラウンドが雨で中止になったようで、一緒にラウンドしてから後はクラブを握っていないようです。
明日も苦労しそうですが、週一程度でラウンドしていると、元々のポテンシャルは持っているので、すぐに100切りはできると思っています。


ただ、早朝8時のスタートで誰も入って来ないと思っていたのに、今日になって40歳代の方が2人も入ってきました。
兄の紹介欄に「スコア120台。ほぼ初心者で迷惑を掛けます。」と書いていましたが、案外下手なメンバーだと安心されるのかもしれません。


今日も昼食休憩中の話の中で、お二人が「申告スコアを見て80台とあったらビビッて入り難い。」と言っていましたが、初心者レベルがいれば自分も安心してゴルフができると思うのでしょう。


とにかく明日は兄の面倒を重視してラウンドしたいと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。