三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

ニュードライバーが火を噴く

今日は楽天1人予約の「1人目無料」プランで大津GCに行ってきました。
今日も朝からあまり体調が良くなく、微熱もありましたが、ゴルフはできるだろうと思い、新しいドライバーと50度ウェッジの初打ちでもあり、楽しみ半分で出かけて行きました。


今日の同伴者は私より2歳年上で、マレーシアから最近帰ってきたという方です。
長男夫婦がニュージーランドにいるので、奥様は子守でそちらに行っているので、単身で生活していると言われていました。


この方は整体師でもあり、前半のイン14番辺りから咳が酷くなり、リタイアしなきゃいけないかなと思っていましたが、16番でグリーンが空くのを待つ間に背中のツボを押したりしてもらいました。
すると不思議なくらい身体が軽くなり、咳も収まっていきます。
「途中でリタイヤされると自分もゴルフができなくなるから。」と笑いながら言われますが、おかげでたいへん助かりました。


今日はニュードライバーをいきなり実戦投入でしたが、結果はかなり使えるというものです。

今日のコースコンデションは画像のとおりでBグリーン使用ですが、更新作業の関係でアウトの1・2・3・5・6番はAグリーン使用と若干変則的です。
2番が毎回スコアを崩すホールなので、Aグリーンは厳しいかなとスタート前は思っていました。


スタートホールの10番390yパー4は、ニュードラがどう飛ぶか不安の中でのショットでしたが、狙った方向に真っすぐに飛び出します。残り135yのフェアウェーでそこから9Iでピンの右にオンし、下りの5mをわずかに打ち切れずパースタートでした。
ニュードラは曲がらず、距離も出て手応えは十分です。


11番160yパー3は7Iでピンの右にオンし、左のカップに12mほどの長いパットを30cmに寄せて難なくパーでした。


12番336yパー4は、ここもドライバーが思ったより真っすぐに飛んで残り70yのファーストカットでした。52度で距離合わせしようとしたらダフってしまい、手前にショートしました。
8mほどのアプローチはキックが右に跳ね、下りの1mが残りましたが、慎重に決めてパーゲットでした。


13番372yパー4は、ドライバーショットは真っすぐややドロー目に飛び、左目のフェアウェーです。
残り110yを新しいウェッジで打ちましたが、これもややダフリ、手前にオンでした。
上ってカップ先から下るラインを強めに打ってしまい、2mもオーバーし返しはショートする3パットボギーでした。
1打目のナイスショットを生かせないセカンドのミスが3パットの原因です。


14番465yパー5は、ここもドライバーショットは当たりフェアウェーです。残り210yほどで2オンは可能でしたが前組が居て自重しました。23度UTで花道まで打ち、52度で30yをアプローチしましたがスピンで止まってしまい、奥に突っ込めません。5mのバーディーパットは左に外し、パーに終わります。


15番381yパー4は、どうしたことかドライバーショットをチョロってしまいます。14番のグリーンでかなり咳き込み、若干の眩暈さえあったのでその影響があったのかもしれません。
フェアウェーまで届かず、ラフからUTで打ちましたが左のラフに打ち込みます。
残り距離だけで52度を持っていきましたが、つま先下がりのラフだったのでPWで打てばよかったと後で反省しましたが、花道にショートしました。
ここからのアプローチもスピンで止まってしまい、5mのボギーパットも決めきれずのダボになってしまいました。


16番115yパー3では前々組がプレー中で、間に1組いました。同伴者が整体の店を開いている整体師とのことで、首のツボを押してもらいました。
すると咳が止まります。
背中なども押してもらいましたが、最初は気持ちよさも何も感じず、ただ触っている感覚があっただけです。
ここはPWでピンの右1m強に付け、バーディーチャンスでしたがパットを引っ掛けてしまい、パーに終わりました。


17番352yパー4のティー横でも、草むらに座って背中を押してもらいました。今度は気持ちよい感覚が伝わってきます。
さすが整体師で、背中のそれぞれの部位はいろんな内臓と繋がっているため
内臓が弱っているかもと言いながら、背中を押してくれました。
するとかなり身体が軽くなった感があります。
ここのドライバーショットは当たって、飛びすぎていったんフェアウェーから右の傾斜のラフまで行っていました。
残り50yを52度でピンの上2m弱に寄せ、ここは慎重に打ってバーディーゲットでした。


18番497yパー5は、いつも右の池が気になるところですが、今日はセンターを狙ってのショットでした。
ここも当たりが良く、プレ4を超えてフェアウェーでした。
残り210yを23度UTでピン位置が手前だったので花道から転がして乗せようと打ちましたが、ややつま先下がりのライだったので真ん中狙いにしたのが悪く、やや左に飛んで手前のバンカーインでした。
バンカーショットは右への傾斜で転がり、10mほどのバーディーパットは打ち切れず、どうにか2パットのパーでした。


前半は、1バーディー、1ボギー、1ダボの2オーバー38でした。パット数は3パットが1回あり、17パットでした。


昼食休憩が1時間ほどあり、後半はまたドライバーの調子が変わるかもと思いながら1番のティーに立ちます。


1番415yパー4はここもドライバーが当たり、左目のフェアウェーでした。残り140yを8Iで軽めに打ったらわずかに足らず、バンカー先のラフに掴まります。
下が砂地のラフなのに、打ち方を間違え、普通に打ってざっくりしてしまいます。再度の5mのアプローチを寄せてボギーでした。
ここはヒールを上げたアプローチで転がさなければならなかったのに、打ち方を失念していました。


スタート早々のボギーで後半はどうなることやらとこの先が思いやられます。


2番385yパー4は苦手なホールですが、1番と同様Aグリーンという難しい方です。
ここはいつも左下の凹みに打ち込みますが、今日はスライスは出ないと思って右目に打ったら、イメージ通りのショットが打てました。
残念ながら傾斜のラフに止まっていましたが、狙い目どおりのショットで気分は上々です。
フックを予想して9Iでグリーン右を狙ってのショットは、やはり大きくフックしわずかに足らず手前のバンカーインでした。
ピンは左手前で奥からは早いと分かっていたので、手前のカラーでも良いと思ったバンカーショットが上手く出て、ピンの横50センチに付き、ラッキーなパーでした。
苦手なホールのパーゲットは嬉しいの一語です。


3番383yパー4は、ドライバーショットが左を向いて打ったため、真っすぐに飛んで左のバンカー方向です。
幸い、バンカーを駆け上がりラフまで飛んでいました。
残り140yをラフから先ほどのようにフックすると読んで7Iで打ちましたが、そのまま真っすぐに飛んで奥にオンでした。
13mほどのバーディーパットは1.5mショートしましたが、どうにか次を入れてパーでした。


4番125yパー3は9Iで右のラフに外してしまいます。ここは52度のアプローチをピンに寄せ、パーゲットでした。


5番364yパー4は、ここもドライバーが左に真っすぐに飛び、ラフでした。8Iでピン方向に打ちましたが、距離が足らず手前にオンでした。
12mのバーディーパットは上りを打ち切れず、残った1.5mも左に外すボギーでした。


6番499yパー5は、ドライバーショットがセンターに飛び、ショットナビで計測したら245yのショットでした。
23度UTでフェアウェーに刻み、52度で残り60yをピン方向に打ちましたが手前で止まり、5mのバーディーパットは左に外すパーでした。


7番115yパー3はPWでピンに手前6mにオンし、段上へのバーディーパットは打ち切れず、ショートした1m強を入れてパーでした。


8番336yパー4はここもドライバーがいい感じでフェアウェーでした。残り60yを52度で打ち損じ、手前にオンでした。
8mのバーディーパットは1m強オーバーしましたが、返しを入れてパーゲットでした。
ずっと3パットしてもおかしくない距離を残しています。


9番534yパー5は、左のラフに入れないよう右目を狙ったらバンカー方向に飛びました。
バンカーかなと思ったら越えてラフに入っています。
23度UTで残り100y付近を狙い、フェアウェーに運びます。
残り110yと読んで、再び新ウェッジで打ちましたが、ピン筋には飛んでも7mもショートしてしまいます。
このバーディーパットも打ち切れず、残った1m強を右に外すボギーでした。


後半のアウトは、1番で寄せを失敗したボギーと5番9番の3パットボギーの3オーバー39でパット数は18パットでした。


通算は5オーバーの77とし、パット数は35パットでした。


ニュードラのゼクシオ9は、ミスヒットに強いヘッドだと思います。
スタートの10番など前半はイマイチ芯に当たらないショットでしたが、曲がらず飛距離もそこそこ飛んでいて、会心のショットでないのに、クラブが助けてくれたと感じました。


ショップの計測では安定したフェードボールでしたが、どちらかというとストレートボールになっていて、ときどきドロー系の球も出ていました。
これはショップより、実際のティーを高めにしていることが原因で、今日はスライス球は1球もなく、右に飛んだのは最終9番のストレート球だけです。


癖として左を向いて構えるので、どうしても左目に飛ぶ球が多かったようですが、ほぼストレートの軌道が多く、左のラフには2回だけだったと記憶しています。
1回チョロったのがご愛敬ですが、このドライバーは武器になると思いました。


明日はいつものグランビリィオ西コースなので、いつもの飛距離と比較ができそうです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。