三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

事故後のラウンド

今日はいつも通り、楽天の1人予約「2人目まで誰でも無料」プランで阿蘇グランビリィオゴルフ場まで出かけて行きました。


朝起きた時、両手の掌底の痛みがあり、クラブが握れるか不安でしたが、クラブはグランビリィオにお泊りしているので、とりあえず向かいました。


今日の同伴者は奈良から単身赴任してきている方で、それなりお上手でしたが、後半は残念ながらスコアを崩されました。


練習グリーンでパターを持って素振りをしてみましたが、やはり違和感があります。
しかし、痛いというほどはなく、どうにかクラブは振れるだろうとスタートしました。


1番パー4はいつもどおり19度UTで打ちましたが、全く当たらず右に飛び出してしまいます。
1ペナは確実だし、ロストも考えられるので、打ち直しを選択し、改めてUTで打ったらやはり右に出てバンカー横のラフでした。
8Iのショットは当たらず、花道から奥のピンへのアプローチは打った瞬間大きいという手応えだったのに、ダイレクトでカップインし、とんでもないボギーでした。


2番パー4ではドライバーショットが弱弱しくスライスし、右の林の中でした。木の枝の下を7Iで抜きましたが、花道でした。
手前のピン位置に対してのアプローチは奥に付けてしまい、下りの3mは入れきれずのボギーでした。


3番パー5はやっとドライバーが当たり、フェアウェーです。23度UTで右目のフェアウェーに運び、残り90yを52度でピン手前7mにナイスオンでしたが、バーディーパットは打ち切れずショートしてパーでした。


4番パー3は23度UTのショットが当たらず右手前のバンカーでした。距離のあるバンカーショットは52度で打ちましたが、砂が全くないバンカーで上手く当たらず、右の5番ティーまで転がってしまいます。
そこからアプローチを3mに付けましたが、ボギーパットは左に外すダボでした。


5番パー4はドライバーが右目に飛びましたがフェアウェーキープです。23度UTで花道から転がして乗せようと打ちましたが、思ったよりフックしてしまい、危うく池ポチャでした。
幸い、カラーで止まり、7mのバーディーパットは1mオーバーしましたが返しを入れてパーでした。


6番パー4はドライバーショットが右ドックのコースを突き抜け気味のフェアウェーです。6Iでつま先下がりから打ちましたが、上手く当たらず右手前のラフでした。このアプローチをトップしてしまい、左奥からの再度のアプローチを50センチに寄せてボギーでした。
いろんなミスが出てしまいます。


7番パー3は奥のピンに8Iでセンターにオンでした。段上のカップに10mほどを1m弱に寄せ、パーは取れたと思ったパットを右に押し出してしまいます。
きちんとカップを見ないパットをしてしまったミスでした。


8番パー4はドライバーショットが右目のフェアウェーで、つま先上がりのライからフックを予想して8Iで打ったらフックの係が悪く、右手前にオンでした。
段上のカップに打ち切れず、1m強ショートしてこのパーパットも外すボギーでした。


9番パー5はドライバーショットが右目に飛び、右手前のバンカーインでした。23度UTでフックを予想して打ったら、真っすぐに飛んで木の枝に当たり、カート道路横に落ちていました。
カート道路からの救済を受け、残り150yを手前でいいと思って8Iで打ったらピン奥にオンしていました。
15mほどの長いバーディーパットは2mもショートし、また3パットだ嘆きながらのパットはどうにかカップインし、パーでした。


前半は5ボギー1ダボの43というスコアで、パット数は16でしたが、7番8番の連続3パットは頂けません。
しかし、途中でリタイヤかなとと思いながらのラウンドは、どうにかできそうで安堵しました。


10番パー4は昨日の因縁のホールです。ここは19度UTが当たらなかったけどどうにかフェアウェーに止まります。
7Iで左目からオンし、残った8mの段差を上ってピン回りは下るラインを強く打ってしまい、2mの返しも膨らましすぎて3パットのボギーになりました。


11番パー4は左の池を怖がったショットは正面のバンカー手前のラフでした。7Iで刻んでフェアウェーから52度70yを狙いましたが、やや大きく、パーパットは距離合わせしてボギーでした。


12番パー3は今日は中段のピン位置で6Iで打ったらピンの右奥にナイスオンでした。4mのバーディーパットは入るかもと思いながら打ったらフックして左を抜けパーに終わりました。


13番パー5はドライバーショットが右に飛び、ラフに入ります。安全にと思い、6Iでショットしたら右に飛び出しラフに沈みます。
ここはいつも通りにUTで打つべきでした。
7Iでの3打目は低い当たりになり、手前のバンカー淵のラフでした。52度でのアプローチは手前にオンし、残った5mは左に外すボギーでした。


14番パー4は、いつもどおり19度UTでのショットでしたが全く当たらず右に飛び出します。
クローバーの密集した林の中のラフから9Iで打ちましたが、上手く当たらず花道に止まりました。このアプローチを奥に付けてしまい、2m弱を左に外すボギーでした。


15番パー4はドライバーショットはフェアウェーセンターでしたが、PWで狙ったセカンドが大きくフックし、左のラフに入ります。
アプローチは上手く当たらず、残った5mのパーパットも決めきれずのボギーでした。
どうもこのホールは相性が悪いようです。


16番パー5は、ドライバーが当たらず左のフェアウェーでした。23度UTでどうにかギリギリグリーンが狙えるフェアウェーまで運び、左足下がりのライからの90yのショットは切りすぎて手前にオンし、3mも戻ってしまいます。
段上のカップへのファーストパットは、1m弱に付け、ここは外せないと慎重に打ってパーゲットでした。


17番パー3はPWでダフってしまい、手前のラフでした。52度で50センチに寄せ、ここもパーゲットでした。


18番パー4は、最近なかなかパーが取れないホールで、今日は思い切って左目を狙って打ちました。
するとよい具合に右目に出た球はフェアウェーです。プッシュアウト打法が上手く行きました。
そこからグリーン面が見えない残り150yを7Iで打ちましたが、段下の右目にオンでした。
ファーストパットはしっかり打ち、1m弱を残したパーパットもカップを見ない打ち方でカップインし、このホール久しぶりのパーゲットでした。


後半は、5ボギー41というスコアで、パット数は18でした。


通算は、12オーバーの84で、パット数は34でした。


今日のピン位置は「C」という位置でしたが、グランビリィオのカップ位置は手前から〇ヤード右から〇ヤードなどの表示ではなく、A、B、Cという大雑把なもので、その中で手前か奥かはその日によって変わります。
カップの切り位置で、パットのラインが大きく違い、特に段差が絡む場合はタッチが難しくなります。
今日は同伴者もチャンスを外しまくり、「そんなに早くないのに~」と首を捻っていました。


スタートホールでは、手首の痛みが気になりましたが、途中からは気になることもなく、ラウンドはできました。
しかし、後半はグリーン上で立ち眩みがし始め、体調不良は良くなっていないなと感じました。


身体が変にふわふわしていて、ショットも正確性を欠くようです。
明日は久しぶりの中央CCでのラウンドですが、歩きは無理かなと思っています。
カート利用ですよね?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。