三重苦ゴルファーの日記

67歳になった飛ばない・寄らない・入らないの三重苦を持つシニアゴルファーの日記です。

今日も雨

 今日は14日の土曜日ですが、昨日のうちにプロから「大雨のためレッスンは中止」と連絡があっています。
 熊本市の雨は降り続いてはいるものの、そこまで酷くはない状況ですが、長崎から佐賀、福岡筑後地域には線状降水帯がかかり、佐賀の六角川に氾濫情報が出ていて、今後の被害が心配です。


 家の近くの井芹川の様子が気になり、河川水位情報を調べてみましたが、現在のところ「平常」という状況です。

     

(昨日のお昼前には3m近くになり氾濫危険水位まで上昇しています)


 私が小学生の頃は、この井芹川は毎年2~3回は氾濫していましたが、現在は川幅を広くする護岸工事により氾濫は無くなったものの、井芹川に流れ込む小さな河川が水位の差で溢れてしまい、川の西側は慢性的な洪水に悩まされていましたが、ポンプ場が完成してからはその心配も少なくなっています。


 2~3日前の町内放送で、このポンプ場のポンプがパンクしたと言っていて心配しましたが、そのとき溢水が心配された建売住宅を見に行ったら大丈夫そうでした。

(正面の建物はこの1か月内に建てられた建売住宅ですが、田圃の中に宅地造成して急遽作られたもので、左の小さな川が溢水しないか心配していました。これは一昨日の様子です)


 現在のところ雨は小康状態ですが、テレビでは明日にかけて激しい雨になると言っていて、九州北部にかかっていた線状降水帯が少し南下するのではとも言っていて、明日までは安心はできません。


 この2週間ほどは体調不良でしたが、今日はほぼ平常の体調に戻っています、この数日は熱発もなく、昨夜は頭痛がして薬を飲み、早めに寝ましたが、今朝の体調は普段通りになっています。


 雨に閉じ込められると暇つぶしが必要になり、時間があると私はスマホゲームの「数独」で時間を潰すことにしています。
 そこ「数独」は始めてから5年以上経ちますが、計算するとかなりの時間をこのゲームに費やしたことになります。

(左は開始前で、右は中央のマスに最後の7を入れると画面が変わってしまうので、7を入れる前に撮影しています)


 上は私が利用している「数独」の画面ですが、無料で利用しているため開始10~30秒ほどCMが入り、左の画像の右上の「0.15」は開始後の15秒はCMだったというものです。
 クリア時間は真ん中上の時間で分かり、この問題は約14分かかったというもので、早ければ3分くらい、長ければ2時間ほどかかることもざらにあります。


 Wikipediaによると、「数独(すうどく)は、3×3のブロックに区切られた 9×9の正方形の枠内に1〜9までの数字を入れるペンシルパズルの一つである。ナンバープレース(ナンプレ)とも呼ばれる」とあります。
 2012年にアイルランドの数学者が「数独においてヒントが16個以下のものは解法を持ちえない」ことを証明したのですが、一般的なヒントは24個前後であり、上の画像のヒントも24個になっています。


 調べてみると「数独」の世界大会も行われているようで、第2回大会では日本がチーム優勝を果たしていて、何事も上には上があるものだと思いました。
 ゴルフと同様に、競技レベルまで目指そうという意識は私には皆無で、自己流で毎日パズルを解いているレベルです。

     

 分からなかった部分がある閃きで一気に解法に向かうことが魅力の一つである、すでに5千回以上もやっていますが、連勝記録を作ろうとしても、ときどきバグってしまい、それまでの連勝が勝手にクリアされてしまうこともたびたびで、5238回ー5228回=10回が途中で勝手にクリアされた回数です。
 記録を保持する機能がないのが、玉に瑕だというものです。


 一時期は連勝が2千回を超えたときもありましたが、バグって画面が固まり、一瞬で記録がパーになってしまい、そんなときは何度も止めようと思いましたが、ずるずると続いているのは暇つぶしのちょうどよいためです。
 それにしても5千回ということは、クリアに15分だとしても、75,000分=1,250時間もこのゲームで私の人生を使っているもので、いかに暇な時間が多いかが分かり唖然としてしまいました。