三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

最北端の駅稚内

今日は10時に岩見沢を出て、日本海沿いを通るオロロンラインを利用して北上しました。

北海道は低気圧の影響で雨模様となり、冷たい強い風も吹いてます。


途中でナビの指示でオロロンラインから外れ、見たかったサロベツ原野もいつの間にか通り過ぎ、約6時間半ほどで稚内着でした。

まず野寒布岬に行きましたが、なにしろ風が強くて寒く、記念撮影をしてすぐに引き返しました。

市内に帰る途中、たぶん自衛隊のレーダー施設?かと思う光景が見え、ここは国境の街なんだという実感が湧きます。


おきまりの北防波堤ドームを見にいきましたが、思ったより大規模なものでした。

その後、稚内駅に行きました。

昨年行った指宿の最西端の駅である西大山駅から3,000キロ余りの最北端の行き止まりの駅がここ稚内駅です。

車輪止めのモニュメントが駅前にありました。

ここで先に来ていた流離のゴルファーと落ち合い、車中泊に良い場所を教えてもらいます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。