三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

風に弱い球

今日は新篠津村にある河川敷のゴルフ場のニューしのつゴルフ場のコンペに参加しました。
毎週月曜日と木曜日に開催されていて、参加費は300円と安価でラウンド代と合わせても3,500円という手ごろな料金です。


河川敷だから簡単なコースかと思っていましたが、風が強く、自分の球がこんなに風に弱いのかと実感させられました。


同伴者は、このコンペの取りまとめをされているという方と、年配の女性の方でしたが、かなりお二人とも苦労されていました。


1番499yパー5は川を左手に見ながら真っすぐ伸びるロングです。河川敷なので右ドックや左ドックといった曲がるホールはなく、真っすぐなホールだけになります。
ここはドライバーショットが左に引っかかりラフでした。セカンドを23度UTで打つとテンプラになり、再度左ラフから同じUTでやはり同じようなテンプラです。52度でピン奥にオンしましたが、グリーンの速さが分からず6mを3mもオーバーしてしまいます。
実は練習グリーンに向かっていたら、予定時間よりかなり早く1番ティーにカートが向かおうとしていて、パットは練習なしだったのです。
結局ティー横で4組も待つという羽目になり、幸先悪い3パットダボのスタートでした。


2番369yパー4はドライバーショットが当たりましたが、右のややラフにかかります。
9Iで狙ったら右からの風に負け、左手前のラフでした。
しかし、PWで1mに寄せパーゲットです。


3番355yパー4は右に池があると言われ、ドライバーショットは左に飛び危うくOB杭の手前でした。
8Iでやはり風に負けて左のラフに外し、PWの転がしは右に出て4mにしか付かずパーパットは左に外すボギーでした。


4番354yパー4はドライバーショットはフェアウェーでした。しかしPWでのショットは大きく左に持っていかれ、グリーンの左傾斜で左に跳ねて不運なOBになりました。
打ち直しは手前のエッジで、そこからPWで寄せて1パットのダボになりました。
ずっと右からのアゲインストの風ですが、ショートアイアンは高さが出るため思った以上に風に乗ってしまいます。


5番182yパー3は折り返しになり、ここから左からのフォロー気味の風になりますが、苦労が始まります。
ここは5Iで打ちましたが右に持っていかれバンカーインでした。バンカーショットは5mにしか付かず、2パットのボギーになりました。


6番359yパー4は、ドライバーショットが右に飛んで隣のコースに入ります。
同伴者から隣のコースに入ると1ペナでコース内に戻して打つように言われ、ラフから3打目を右6mにオンしましたが1番の下りを3パットしたのを思い出し、かなり弱めに打ってしまいショートして3パットのダボになりました。


7番144yパー3は8Iで左カラーでしたが、パターで上手く寄せてパーでした。


8番405yパー4は、ドライバーショットが大きく右に持っていかれます。7Iで左の池を気にして右のラフに外し、アプローチは寄らず入らずのボギーでした。


9番515yパー5は、ここもドライバーショットが大きく右に持っていかれます。ここは球が見つからず、OB区域の草の茂みの中に入ったようです。
プレ4から残り200yをティーアップするとフックすると思い、芝の上か23度UTで打つとピンの右3mにナイスオンでした。
パーチャンスでしたが、パットは左に外れボギーでした。


前半は、折り返しからフォローの風が左から右だったため、ドライバーショットが大きく右に持っていかれます。
フェアウェーも右に傾斜しているようで、転がりがあり、ラフからのショットにかなり苦戦し、10オーバーの46でした。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。