三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

隨縁CC恵庭C後半

先ほど放屁をされた方が、折り返しのトイレに駆け込み、しばらく時間ができます。アウトからインへは係の人がカートに乗せてくれますが、今日のラウンドは歩きで、キャディーバックを積んだ立ち乗りカートが1台だけあり、交互で運転する形態です。
コースを知らないので、ほとんど運転はせず、歩くことにしました。


10番403yパー4は、まっすぐなミドルです。ここはドライバーショットがフェアウェーで、残り180yを5Iでピンの右1mにナイスショットしてしまいます。このバーディーパットは慎重に決め、後半早々の幸先良いスタートになります。
それにしても距離は残してもフェアウェーキープが絶対だと感じます。


11番370yパー4はやや右曲がりでセカンドは砲台グリーン狙いになるミドルです。
ここはドライバーショットがナイスショットしてフェアウェーで距離が出ます。残り120yのやや上りを9Iでピンの左3mにナイスオンでした。
しかしこのパットはわずかに左を抜け、連続バーディーにはなりませんでしたが、手応えあるショットができ気分は上々です。


12番514yパー5は真っすぐのロングです。ここもドライバーショットが当たり右目のフェアウェーでした。残り260yを5Wで花道まで運びます。残り30yほどのアプローチは52度でピンの右手前1mに付け、ここも慎重に決めてバーディーでした。


13番368yパー4は左ドックのミドルです。ここはドライバーでやや軽めに打ち、曲がり角のフェアウェーでした。残り120yをPWでピンの左4mにナイスオンでしたが、このバーディーパットはわずかに右を抜けパーに終わります。


14番154yパー3は、当初は7Iで打とうかと思っていましたが同伴者がいつも1番手上げるという話を聞き、6Iでピンの右3mにナイスオンしニアピンゲットでした。
しかし、ここはカップ先の下りが気になり、上りを打ち切れずにパーに終わりますが、インは全てこれまでバーディーパットが打てていて、同伴者から前半とは違う人みたいだと言われてしまいます。


15番425yパー4は真っすぐなミドルです。ここもドライバーショットは当たりましたが、やや右のラフに入ります。
残り180yを5Iで狙いましたが、やはりラフでクラブが抜けず、グリーン手前のバンカーでした。
バンカーは水を含んでかなり重く、バンカーショットは距離が出ず、10mの長いパーパットは寄せただけのボギーでした。
フェアウェーとラフでショットの難易度が大きく違います。


16番367yパー4は左ドックで、ティショットが真っすぐ突き抜けると230yで池に入るため、19度のUTでのティショットでした。
軽いドロー気味のナイスショットになり、残り150yを8Iで手前にオンでした。
10mほどのバーディーパットは打ち切れず、1.5mを残してしまいますが、このパーパットも最後の一転がりで入るパーで難を逃れます。


17番173yパー3はグリーン右がすぐ池になるショートです。ここはアゲインストのため、6Iか5Iかで迷い、5Iで左目を狙ってのショットでした。
軽くスライス球になり、風で右に切れて行きましたが、カップ右にナイスオンでした。
残念ながらニアピンは取れませんでしたが、7mのバーディーパットは寄せるつもりの軽いフックラインが思ったより伸びて、最後にカップインしバーディーゲットでした。


18番520yパー5は右200y付近から池があり、またグリーン右にも別の池があるロングです。
右の池は飛距離が出ると越せると思ってのショットは右目に出ます。ナイスショットと声がかかり安心してセカンド地点に行くと球が見えません。
ちょうど池がコース側に食い込んでいたため、池に入ったようです。
三打目は無理せず残り80y付近に7Iで刻み、フェアウェーから52度ピン筋に打ちましたが、4m手前でした。
奥からは傾斜が強いグリーンで手前は最高の場所でしたが、パーパットはわずかに右に切れボギーになりました。


後半は3バーディー2ボギーの1アンダーで回り、通算は6オーバーの78でのラウンドになりました。
後半は最後にもったいないボギーでしたが、会心のラウンドといえ、アンダーで回れたことは素直にうれしいことです。


北海道でのラウンドはこれで6ラウンド目になりますが、前回といい今回といい手応えのあるショットが何度も打てました。


しかし、歩きのラウンドそれも休みなしでの18ホールはかなり疲れます。
帰ってきて、右腰がかなり張っています。
明日の楽天1人予約は流れたので、週末は休養日に当てようかなと思っています。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。