三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

理事長杯予選

今日は練習不足の中、赤水の理事長杯予選に参加しました。赤水の理事長杯はネットによるストローク戦です。
予選で1ラウンドし、12名の予選通過者が予選のスコア+決勝2ラウンドのスコアの合計で争います。


3大競技の初戦だった社長杯は、大きなHCにより予選はトップでしたが、社長杯の決勝トーナメントからはマッチプレーになるため、予選のスコアは持ち越しになりません。
しかし、理事長杯はストローク戦なので予選のスコアも重要になります。


今日は前半は耐えていましたが、7番の3パットからスコアを崩すといういつもの悪いパターンになり、後半は気力もなくなり、球も曲がり、アプローチは寄らず、パットも入らずの辛いラウンドになりました。

1番417yパー4はドライバーは擦り球でしたが、フェアウェーセンターでした。UT23度でトップして手前のラフです。20yのアプローチは上手く打てましたが、止まらず奥に1m強転がります。
パーパットは左に切れてボギースタートでした。
赤水のグリーンは重く、芝目が強い感じで、短いパットがカップ手前でキュっと曲がるケースが今日は多々ありました。


2番391yパー4は、ドライバーは左に飛び、ラフでした。6Iで残り170yを狙いますが、ここもトップ気味に当たり手前にショートします。
ここも15yほどの打ち上げのアプローチをショートし、5mのパーパットも入らずのボギーでした。
練習不足のため、アプローチにイップスが出てきてしまっています。


3番181yパー3は5Iで左に打ってサブグリーン近くのラフでした。バンカー越の15yほどのアプローチはバンカーが怖くて強めに入り、グリーン奥に外します。
8yほどのアプローチは上手く打てず3mを残し、ボギーパットも外すダボになりました。
パーの前にダボが来ると、だいたいその日のスコアは良くなりません。


4番552yパー5は左ドックの左角に打ってしまい、セカンドはフェアウェーに出すだけでした。
UTで残り120yまで運び、9Iでピンの左奥にオンでしたが、5mのスライスラインのパーパットはわずかにショートし、ボギーでした。


5番388yパー4は、ドライバーショットが左に飛び、森の中だったので一旦フェアウェーに出しました。
6Iで打ち上げの150yを手前にショートし、7yのアプローチは2mも残しましたがどうにか入れてボギーでした。


6番436yパー4は、ドライバーショットはフェアウェーでしたが残り200y弱残ります。UT23度で打ったらピンの手前5mにナイスオンでした。
しかしバーディーパットはグリーンが重くてカップ手前で曲がりパーでしたが、やっと初パーです。


7番232yパー3は5Wでバンカーの淵ギリギリに飛び、ピンの手前8mにナイスオンでした。
しかしバーディーパットはガサガサと音がして転がらず、1.5mのパーパットも左を抜けてボギーでした。


傾向として3パットの後はトラブルになりがちですが、8番437yパー4でやってしまいます。
ドライバーショットは左に飛び、暫定球を打ちましたがどうにかラフで止まっていました。
ここからUT23度でオンを狙ったショットはわずかに花道からバンカーに転がります。
バンカーショットはあごに当たり、2度目のバンカーショットで7m手前にオンでした。
ボギーパットはまたガサガサと音がして転がらず、1m強も左に外すトリプルになりました。
OBのトリは仕方ないのに、素トリはいただけません。


9番517yパー5はドライバーショットが右にフェアウェーでしたが、前方の木が邪魔しています。
UT23度でかるくフックをかけ、残り110yのフェアウェーです。PWでピンの右奥にオンし、バーディーパットはカップ手前で反対に曲がりパーに終わります。


前半は2パー・5ボギー・1ダボ・1トリの10オーバー46でした。


HCが15.3あるのでまだ余裕でしたが、後半はすぐにHC分を使い切ってしまい、その後はズルズルとスコアを崩していきます。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。