三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

台風18号の影響はなかった

数日前から台風18号が九州直撃するとの予報が出て、ニュースなどでは危険啓発の記事が多く出ていました。
しかし、幸いなことに熊本への影響はほとんどなかったようです。


以前、社会教育施設に勤務していた頃、施設にはボートやキャンプ場があり、台風の進路予想についてはかなり事前に調べていました。


社会教育施設は、小中学校や高校から集団宿泊訓練などの利用が多く、4月から9月までは予約が埋まっています。
そこに台風来襲となると、まず受け入れを中止するかどうかの判断に迫られ、中止するならいつからするかということも大きな問題になります。


基本的には安全第一で、少しでも台風の影響がある場合は海の活動は中止していましたが、受け入れ中止となると予約した側の都合も大きく影響します。


ほとんどが2泊3日で受け入れていましたが、台風来襲の恐れがある場合、最初から断るケースや途中で早めに帰ってもらうケースなどもあり、台風の速度によっては様子を見ながら最後まで受け入れることもありました。


ただ問題だったのが、海に浮かぶ10艇のボートを引き上げて艇庫に収納するかどうかの判断と、キャンプ場のテントを収納するかどうかの判断です。
それぞれ5人程度が取り組んでも、半日かかる作業なので、できれば受け入れ中止を判断して入所者がいなくなってから作業したいところですが、入所者がいる間は数名がその世話に携わるため、人手が足りないことになります。


所員は嘱託4人を含めても総勢14人しかいなかったし、交代勤務で1日あたり2人は常に休みという勤務体系だったため、台風にかかる対応マニュアルにはなかなか踏み切れないところでした。


予報通り台風が来てくれるとスムースに進みますが、たいていは進路が遅れ気味なのです。
つまり予報だけに頼らず、自分たちで予想することも必要でした。


直撃すると判断するとその3日前から受け入れを中止し、まず電話連絡をしなければなりません。
来所予定側も、学校関係者は子どもの引率があるので、台風が来る場合は早めに中止を決めてくれますが、そうでない社会人などはぎりぎりまで決めてはくれません。
そのため受け入れできないと連絡すると、もう今の段階で?と思われがちですが、台風対策のための準備には丸2日はかかるので事情を話して了解してもらうしかありません。


正直な話、所員も面倒くさい台風対策は取りたくないのが本音です。
15人乗りのボートは重さが1t以上もあり、浮かんでいるならまだしも、陸上ではかなりの大きさと重さになります。


海の上で台車に乗せ、電動ウインチで引き上げる作業は危険も伴います。引き上げる場所はコンクリートの斜面になっているのですが、そこまでボートを持ってきて、斜面を下した台車の上にぴったりハマるように少しづつ引き上げながら位置調整を行います。この作業は全て海の中での作業になります。
この作業が10艇分あり、ほかにエンジン付きの指導艇の引き揚げ作業もあります。


またキャンプ場のテント撤収作業は、常設のテントなのでかなり重い素材で作られた頑丈なものを剥いでたたむ作業はきついものです。
暑い時期は、テントの中に入っての作業はかなり辛く、できればボート撤収作業のほうが楽だと感じていました。


それが終わって各部屋の施錠の確認や飛びやすいものの整理などを行い、宿直者を決めて残りは帰宅させることになります。
誰もいない施設内で宿直すると、かなり不安になります。周りは海と森しかなく、ゴーゴーと海からの強風が窓ガラスを叩く音で一睡もできない夜になっていました。


今回の台風18号は、数日前から様々な予報や気象図を見ながら、九州の南部に来るのではと予想していました。
台風の勢力も950hPa以下での接近であれば危機感が湧きますが、今回は九州接近前に970hPaまで勢力が衰えるようなので、我が家の台風対策は二階の窓のシャッターを閉めただけでした。


たぶん、台風に慣れた九州在住の者にとって、台風はよほどの規模でないとあまり大きな対策は取らないと思います。
もちろん油断は禁物ですが、今回のように九州南部に上陸するような台風は、熊本への影響は少ないことが経験上分かっています。


それは台風は左回りの渦を巻いていますが、今回は熊本は台風の進行方向の左側に当たり、風が九州山地でブロックされるからです。


熊本人が恐れる台風のコースが、天草沖を通るルートです。リンゴ台風と呼ばれた平成3年の台風19号がまさしくこのルートを取っています。
長崎上陸時に940hPaという強い勢力の台風で、熊本には夕方に最接近したこともあり、窓から前の家の瓦が真横に次々と飛んでいく様子を目のあたりに見ました。


幸い風が東からの風だったため、その家の瓦の直撃は避けられましたが、それでも当時住んでいた家が住めなくなるほどの被害でした。


台風にしろ地震にしろ自然災害に人間は無力になります。だから被害に直面したときはまず自分の命を守ることが最優先事項になります。
家が壊れても立て直すことはできるし、ライフラインが断たれてもいつか復旧はするものです。


何もなくなったとしても、どうにか生きていけるもので、命が無くなってはどうしようもありません。
まだ10月までは台風シーズンになります。大きな台風が来なければいいなというのが正直なところです。

















雨の中のリタイヤ

今日も楽天1人予約の「2人目まで誰でも無料」プランで阿蘇グランビリィオゴルフ場に行ってきました。
着いた頃は雨も降っておらず、予報も曇りだったので大丈夫かなと思っていたところ、台風18号の影響による雨雲が広がり始め、本格的な雨になってしまいます。


今日も朝から熱を測ったら37.4度あり、咳も止まらないため睡眠も満足できていません。
通常だったらラウンドする状態にはないのですが、既にラウンドが決定しているし、今日の同伴者は大分から来られる方なので、ドタキャンはできないと思って出かけて行きました。


スタート前に「体調不良なので、途中でリタイヤすると思いますが、その場合も最後までご一緒します。」と告げてのスタートです。


1番パー4では19度UTのショットは左フェアウェーでしたが、8Iのセカンドが大きくフックしOBになってしまいます。
打ち直しはセンターにオンし、奥のカップへの10mほどのパットは距離感良く2パットに纏めダボスタートでした。


スタート早々のOBはかなりやる気を削ぐもので、雨も止みそうもなく、いつ止めようかと思い始めました。


2番パー4は、ドライバーショットが右曲がりのコースを突き抜けラフに入ります。
PWのショットは当たらず、右に飛んでグリーン右手前のラフでした。
ここは52度で上手く寄せてパーゲットでした。
このパーで、とりあえず前半だけはラウンドしてみようと思います。


3番パー5は、ドライバーショットが当たらずチーピン気味に左ラフでした。雨に濡れた深いラフからUTで打ったら飛ばず、目の前のバンカーの淵にある深いラフに止まります。
もう一度UTでフェアウェーまで出し、残り160yを7Iで打ったらまた当たらず、手前の深い凹みのラフでした。
アプローチは止まらず、カラーからの下りの5mは1mオーバーし、返しも外すダボになりました。


4番パー3は昨日と変りピン位置が奥でしたが、5Iで届くかなと思ったショットは皮肉にも昨日のピン位置に止まります。
奥の段下になるカップに8mのバーディーパットは転がらず、2mのパーパットも決めきれないボギーでした。
この辺りから雨が本降りになり、慌てて木の下でカッパを着ました。


5番パー4はドライバーショットはフェアウェーに飛びましたが、残り160yを7Iで打ったら水分で滑ってしまい、距離が出ません。
アプローチは奥に付き、下りの4mは入る気もせず、2パットのボギーでした。


雨の中のセルフプレーは、使わないクラブを雨に合わないようにしなければならず、どうしてもプレーが早く雑になってしまいます。
手袋も濡れるし、いつも手袋を外してパットをするのですが、そのまま打ってしまっています。


6番パー4は、ドライバーショットがフェアウェーで残り160yを今度も7Iで打ちます。
先ほどはしっかり打とうとして、スリップした感があったので、今度はゆっくり目に打ったら方向性良く、グリーンセンターにオンでした。
途中に尾根が走る7mのバーディーパットはわずかに右に外れ、パーでした。


7番パー3は8Iでピン筋に打てましたが、やや奥に止まります。軽い下りの4mのバーディーパットは左を抜けてパーに終わりました。


8番パー4はドライバーショットの当たりが薄かったけど、左フェアウェーでした。
UTでグリーンを狙いますが、右に飛んでラフに入ります。52度でのアプローチは止まらずピン奥に転び、下りの3mは入らずのボギーでした。


9番パー5はドライバーが当たらず、右のラフでした。そこからUTで打ち、3打目もUTで残り90yのフェアウェーです。
52度のショットは手前にオンし、8mのパーパットは寄せてのボギーでした。


前半は4ボギー2ダボの8オーバー44となり、パット数は18でした。


ここで同伴者にプレーを止めると告げ、10番以降はカートの運転に専念して、ピンを持ったり「ナイスショット」と声をかけたりとしたら、同伴者が前半は8オーバーだったのに、後半は良いゴルフを展開されます。
結局、後半は4オーバーで回られ、強い雨の中のラウンドでしたが、好スコアになりました。


前が詰まっていたし後ろが来ていなかったので、途中途中でグリーン上で切れ方の確認をしました。
しかし雨でかなり重くなっていたので、参考程度にしかならなかったようです。


今日は雨のラウンドになり、熱発の身としては早々に引き上げたいところでしたが、西コースはいったんスタートすると9番と10番の折り返し地点はクラブハウスから遠いという配置なので、止めても引き返せないのです。
カートは2人乗りで小さく、容赦なく左右から雨が降り込みます。カートを運転しながら傘をさすという変な乗り方をしていました。


これで来週の火曜日までラウンドはありません。しばらく休養して体調を戻さなくてはと思っています。








体調不良の中での好スコア

今日も引き続き、阿蘇グランビリィオゴルフ場で楽天1人予約の「2人目まで誰でも無料」プランでラウンドしました。


今日の同伴者はHNが「力み気味」さんで、なかなか良い言葉だと思い、ショットの度に「力むな!」と自分に言い聞かせてのラウンドです。


今日も最初に同伴者に対し「体調が悪く、途中でリタイヤするかもしれません。それでも最後までご一緒しますので。」と断りましたが、前半のスコアが良かったため、最後まで頑張ってしまいました。


今日の好調の原因はアプローチが良かったのと、決めたい距離を決めれたパットの出来です。
それでも苦手とするホールでは、それぞれキチンと叩いているし、これは大きな反省点です。


1番359yパー4は、打ち下ろしになるミドルです。ここは19度UTで打ちましたが、左目に飛びラフに入ります。
残り145yを8Iで右に吹かし、ラフから52度で上手く寄せてパーゲットでした。


2番368yパー4は、ドライバーショットがあまり当たらなかったけどフェアウェーです。7Iで左奥のピンに対して右奥にオンし、9mのバーディーパットは1m弱ショートしましたが、2パット目を入れてパーゲットでした。


ショートパットが入るか入らないかが肝で、最近はショートパットはもちろんパットの際はカップを打ち終わっても見ないように心がけています。
ラインとタッチを決めたら、ただ打つだけで、入るか入らないかは神のみぞ知るという心境です。


3番539yパー5は、ドライバーショットがスライスして右の林に中でした。
前方が木でブロックされていて、6Iでフェアウェーに出すべく打ちましたが、枝に当たって距離が出ません。
フェアウェーから6Iで刻みを選択しましたが、今度は大きくフックさせてしまい、残り80yのラフに入ってしまいます。
52度で当たらずに手前のバンカーインだけは避けようと強めに打ったら、ピン筋には飛びましたが、やはり止まりません。
段差の尾根のトップになる奥のラフまで転がっていて、ここは下りなのでパターで打ったら入りそうでしたがわずかに左に外れ、お先にのボギーでした。


4番196yは打ち下ろしになるパー3です。いつもはアゲインストなので23度UTを使いますが、今日は無風なので5Iでのショットでした。
いい感じで飛びましたが、傾斜で奥に転んでしまいます。
ここのグリーンは3分の2のところに奥に傾斜する段があるのです。
6mのバーディーパットは上りを打ち切れず、1m弱ショートしましたが、頭を上げないパットで「カラン」という音が聞け、パーゲットでした。


5番378yパー4は左曲がりでグリーン手前に池が広がるHDCP1の難ホールです。ここは当たりが薄かったけど左目に飛んでフェアウェーでした。ピンが左奥で残り170yと読みセンターででいいかと6Iで軽めに打ったら思いのほかナイスショットになり、グリーンをオーバーしてしまいます。
ラフから下りのアプローチを上手く1mに寄せ、このパットも入らなければ仕方ないと頭を上げないパットで打つと「カラン」という音が聞こえパーゲットでした。


6番378yパー4は右ドックのミドルです。ここは軽いフェードでフェアウェーキープでした。
7Iで残り155yを打ったら大きくグリーン奥にオンでした。途中に尾根の段差がある10mのバーディーパットは、上手く寄せて50センチを入れてパーでした。


7番141yパー3は9Iでピン奥4mにナイスオンでした。しかし、このバーディーパットは左を抜けてパーに終わります。


8番380yパー4は、右にティーショットが飛びやすいミドルです。ここは左を狙ってフェアウェーでしたが、残り145yを8Iで右に吹かしてしまいます。
ラフからのアプローチはフックと読んで打ったら真っすぐにカラーまで転がります。
ピンを抜きカラーから3mをパターで狙いましたが、わずかに外れボギーでした。


9番545yパー5は左ドックのロングです。ここはショートカットに成功しましたが、もちろん2オン狙いには距離が残りすぎます。
23度UTで残り100y内のフェアウェーを狙うと、今日は絶好の位置に止まります。
残り90yのフェアウェーから52度で高く打ったショットはカップの右10センチにナイスオンでした。お先にと入れてバーディーゲットです。


前半は思ったよりショットにアプローチ・パターと良く、取りこぼしを最小限に止め、最後にイージーバーディーが来て、1バーディー2ボギーの1オーバー37でした。
パット数は13ですが、カラーからパターを何度か使っているので感覚的にはもう少し打っている感じです。


スコアが悪ければ前半で止めようかと思っていましたが、ここで止めるのはもったいないと後半も引き続きラウンドすることにしました。


10番332yパー4は19度UTでフェアウェーに運び、PWでピンの左奥3mナイスオンでした。
しかし、下りのスライスと読んだバーディーパットはまっすぐ左を抜けパーに終わります。


11番403yパー4は左曲がりで左に池がグリーンまで続くHDCPは4ですが、たぶん西コースで一番の難ホールです。
ドライバーショットはどうしても左の池を怖がり右目に打ってしまい、突き抜けてバンカーインでした。PWでフェアウェーに出し、52度でグリーンを狙いますが、やはり引っ掛けると池というプレッシャーから右に逃げてしまいます。
尾根の上にあるラフから1m強に寄せましたが、このボギーパットは決めきれずダボになってしまいます。
ここはボギーはOKですが、ダボは痛いスコアになります。


12番167yパー3は、奥だと200y近く手前だと150yほどとグリーンが縦長なのが特徴のショートホールです。
今日は手前のピン位置だったので8Iでピン手前にナイスオンでした。5mほどのバーディーパットは右に外してパーに終わります。


13番510yパー5は真っすぐで左に池が続くロングです。ここはグリーン手前に大木が2本そびえていて、セカンドをフェアウェーのどこに打つかを考えさせるホールです。
ここはドライバーショットがナイスショットでフェアウェーでした。いつもはミドルアイアンでピンを狙う帯上のフェアウェーに刻みますが、今日は思い切って距離を出そうと5Wで打ってみました。
しかし、見事にチョロってしまい、残り110yのフェアウェーです。
9Iで右目に飛んだショットは右の大木の枝に当たり、幸いなことにグリーン手前にオンでした。
段下からの8mのバーディーパットは、真っすぐと分かっているラインだったので距離感だけ注意して打つと、真ん中からカップインし、バーディーゲットでした。
ここはミスが幸いし、チャンスが生まれ、結果的にバーディーでしたが、このホールは左右にカップが切られることはなく、何度も段下から打っているので真っすぐと分かっていました。


14番337yパー4は軽く左曲がりのミドルです。ここはいつも19度UTで打ちますが、UTだと右に出てもバンカーまでは届かないからです。
今日はナイスショットでフェアウェーセンターとなり、8Iで奥のピンに対して手前にオンでした。6mのバーディーパットは左に外し、お先にのパーでした。


15番353yパー4は、クランク状のコースで、グリーンは砲台の3段グリーンになります。最近は何気にパーが取れないホールになっています。
ここはドライバーショットが真っすぐにフェアウェーでした。しかし、フェアウェーが大きくうねり、やや左足上がりのライからPWで右のバンカーに入れてしまいます。
バンカーショットは下りのグリーン面を意識しすぎてショートし、カラーからパターで距離合わせしてボギーでした。


16番505yパー5は、短そうだけどここもグリーンがコースとは左に一段下になるトリッキーなロングです。
ドライバーショットはナイスショットで久しぶりにショットナビで距離を測ったら257yでした。
しかしここでもグリーン方向には大木がブロックしていて、刻むしかありません。
6Iで刻んで残り60yの打ち下ろしを見事にダフり、手前のラフに入ります。
奥のピンにロブ気味に打ったらピンの根元に落ちて、1m弱の下りが残ります。
今日は1mは入ると自分に言い聞かせ、カップを見ないパットは「カラン」と音が聞こえ、パーゲットでした。


ここまで3オーバーだったので、ここでやっと80切りを意識します。


17番128yパー3は今日はピン位置が奥で、135yほどと読み、9Iで打ったらやや右目に飛んでカラー近くのラフに止まっています。
傾斜が下りでピンまで5mという位置だったので、パターを選択してアプローチしました。
もしかするとカラーで止まるかもと思いましたが、弱めに打ったアプローチはウネウネとカップに近づき、あわやというところまで寄り、パーゲットでした。
ここの寄せ1パーは疲れがピークの中、嬉しいものでした。

    (17番パー3は阿蘇五岳に向かってショットします。左奥が杵島岳)


最終18番380yパー4は、11番と並ぶ難ホールです。
左にOBが続き、それを嫌って右に打つと林やバンカーがあり、グリーンは狙えないことになります。
OBを打つよりましかとやや右目を狙ったドライバーショットは大きくスライスして、並行してある東コースの9番のバンカーまで曲がっていました。
52度でのバンカーショットは、ホームランするとOBになるため難しいショットになり、18番の右のバンカーにまた入ります。
残り150yかなりの打ち上げになる3打目は6Iで真っすぐは木々がブロックしているので、スライスをかけて打ちましたが、花道左のラフに止まります。


このラフからロブで打ったらピンの奥1.2mに付きました。下りのどっちに切れるか分からないラインでしたが、同伴者が同じような位置から先に打ってくれて、真っすぐだと分かり、慎重に真っすぐ打ってどうにかボギーで凌ぎました。


最後は、同伴者のナイスアシストがあり、後半は1バーディー、2ボギー、1ダボの3オーバー39で回ることができました。
パット数は、13でしたが後半もパターでアプローチしていて、実感はもっと打っている感じです。


通算は4オーバー76となり、パット数は驚異の26パットでした。


現金なもので、疲れで身体はガタガタなのに、好スコアを出そうとショットの際はアドレナリンで出てくるようです。
同伴者がほとんどカートに乗らない方で、おかげでカートを占有でき、歩く必要がなかったことも最後までラウンドできた要因です。


いよいよ明日が4連チャンの最終日です。今日のパターの打ち方をまたできるよう強く意識してみようと思っています。