三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

アベレージゴルファーの勘違い(補足)

前回「アベレージゴルファーの勘違い」ということでショートゲームの重要性を書きましたが、その追加を書いておきます。


ゴルフは、アマとプロという2種類のゴルファーがいて、アマの中の上級者と言われる人の中にもプロに近いゴルファーとアマチュアそのものというゴルファーがいます。


一般にアベレージゴルファーは、テレビなどでプロのゴルフを見て「ゴルフはパーオンが基本」だと勘違いしています。
そしてその勘違いの元、プロのようなショットを目指して練習に明け暮れ、結果的に中途半端なレベルで終わり、いつまで経っても90を切れないレベルで低迷してしまいます。


ゴルファーの中でプロと名が付く者たちとその予備軍である学生などの競技ゴルファーなどを除くと、残りはいわゆる「上級者」と呼ばれるスコアを纏める力を持った者と、それ以外のスコアを纏める力がない者がいて、後者が「アベレージゴルファー」と呼ばれる人たちです。


上級者とアベレージゴルファーとの差は、実はほとんどありません。それどころか、ショット力はアベレージゴルファーの方が高い傾向にあり、スイングだけ見てみればプロに近いようなショット力を持った方々も多いようです。


では、なぜアベレージゴルファーはスコアを纏める力がないのでしょうか?


その答えは、スコアを纏める力の大事な部分の練習を疎かにしているからにほかなりません。
スコアを纏めるための練習をしないから、スコアを纏めることができないのは当然といえば当然なのです。


アベレージゴルファーは、上級者のゴルフを見てもその凄さに気づけないようです。
もちろん、プロのプレーを見るとそのスイングに憧れ、自分もプロのようなプレーをしたいと思いますが、身近な上級者のプレーを見ても「あんなゴルフだったらいつでもできるだろう。」と錯覚してしまうのです。


しかし、できると思ったゴルフをアベレージゴルファーはできないからいつまで経ってもアベレージゴルファーから抜け出せないのです。
彼らが身近な上級者を見てその凄さに気づかないのは、見る物差しがテレビで見る一流プロゴルファーが基準なので、その目からは上級者のスイングは上手くは見えず、そればかりかショットは自分の方が上手く打てるなどと勘違いするからです。


同伴者のプレーを見て、その人の実力が分かるのはそれなりの実力者(ローハンディ者)になります。
アベレージゴルファーは、同伴者のドライバーショットが見事な当たりだったら「上手い人」と思いますが、実力者は飛距離がある=上手い人とは見ません。
ナイスショットはその1度だけかもしれず、トータルしてミスの少ないショットを放つスイングの持ち主なのか、もしくはグリーンを外してもしっかりリカバリーできるアプローチ力を持っているかで判断します。


スイングだけをとっても、無理なく力感のないスイングをしているかで判断でき、力が入りまくったスイングで例え300yを飛ばしたとしても評価は上がりません。


もし自分の見る目が正しいかどうかを知りたければ、上手いと思った同伴者に「失礼ですがオフィシャルハンディーはおいくつですか?」と聞いてみれば分かります。
上手いと思った相手が実は11~15程度ということはよくあることで、そのレベルではショット力だけ高いゴルファーも多いのですが、真の実力者はスタートホールでドライバーでナイスショットを放った方ではなく、ミスショットを打ったけど、寄せ1でしぶとくパーセーブした目立たない方なのかもしれません。


つまり見る目がない者=アベレージゴルファーはドライバーショットの飛距離だけで相手の実力を判断しがちです。
それは自分の中のゴルフの比重がドライバーショットに大きく傾いている証拠で、ショートゲームなどに目が向いていないからです。


だからこそ、上級者のゴルフを見ても「あんなゴルフなんか自分はいつでもできる。」と錯覚してしまい、いつまで経ってもスコアを纏める技術であるショートゲームの練習を疎かにしてしまいます。


プロのようなスイングでゴルフがしたいというゴルファーであれば、ドライバーショットだけを練習し、その代わりスコアメイクは諦めることです。


一般的なゴルファーには「スコアを纏める力を持った者=上級者」と「スコアを纏める力がない者=アベレージゴルファー」がいて、その双方の能力差や練習時間はほぼ同じです。


どんなに飛距離が出ても1ラウンドでOBを2個も打ってしまえば、ダボ2つは確実になってしまい、それだけで4オーバーです。
アマの上級者を80が切れる者と定義すれば、79で回るための余裕はすでに3打しか残らなくなり、これでは80切りは大変だと分かります。


OBを常に打つゴルファーは、無駄にスイングスピードが速すぎて余計なサイドスピンを発生させているはずです。
それより、ゆったりしたスイングを目指せば、たとえ少しは飛距離が落ちても擦ったりのミスは無くなり、結果的に飛距離が安定することになります。


フォームがどうとかスイングがどうとか考えずに、スイングスピードコントロールにだけ気を付ければ、OBを打つ回数は激減することになります。


実は30yのアプローチ練習を繰り返すことで、このスイングスピードをコントロールする力が付いてくるのです。
30yは誰でも飛ばせる距離なので、スイングをコントロールすることは必然になります。


最初は、同じスイングスピードでスイング幅だけを小さくして距離を合わせようとしますが、そのうちにスイング幅を変えずにスイングスピードを遅くすることで距離合わせができることが分かるようになります。
この後者の方法はかなり難しいことで、ゆっくりスイングすることは簡単そうで実は練習しないとできないことだと理解できるはずです。


短いアプローチを練習することでスイングスピードのコントロール力が高まり、ドライバーショットへもそれが好影響を与えることに繋がります。結果としてスコアメイク力は格段に上がるはずです。


プロは魅せることも仕事なので、きれいなスイングやアマチュアが真似できない豪快なショットは必要ですが、アマチュアはそうではありません。


要はクラブヘッドと球が当たる瞬間が大事であり、きれいなスイングを目指したとしても、それはそのまま正確なショットが保証されるということではないのです。
人間は機械ではないので、常に正確なヒットはできず、そのミスヒットしたときのケガの程度を最小限にするというリスク管理が必要です。


スイングスピードをコントロールできていれば、たとえミスヒットしたとしても大きな擦り玉にはならず、コース内に収まるショットになります。
スイングアークだけでなくスイングスピードにも気を配ることが、アベレージゴルファーを脱して上級者の仲間入りする本当の近道だと思っています。


そのスイングスピードコントロールを体得できる練習が30yのアプローチ練習であり、スコアメイクの肝でもあるグリーン回りのアプローチ力も併せて高められる一石二鳥の練習なのです。



アベレージゴルファーの勘違い

ゴルフはスコアを少なくするのが目標のゲームです。一般的にアベレージゴルファーには100の壁、90の壁があると言われ、それなりの上級者になると80の壁、75の壁が出てきます。


この壁を乗り越えたゴルファーは、そのための方法をある程度掴むことができるのですが、壁を乗り越えきれないゴルファーはいろいろ悩むことになりがちです。


100が切れない、90の壁が超えれないアベレージゴルファーで多いのが、プロのようなスイングができなければ80切りのスコアは出せないと勘違いすることです。


70台のスコアもアンダーパーの70から7オーバーの79まで幅広く、上級者のアマチュアにとっては75というスコアがまた1つの壁になりがちですが、これらのスコアを出すために共通する大事なことは、アベレージゴルファーが勘違いしているようなプロのスイングではありません。


もちろんプロのスイングが出来ればできるに越したことはありませんが、それができるゴルファーならプロになれるはずですし、トップアマにもなれるはずです。
そんなスイングが出来なくても、アマチュアには多くの上級者いわゆるスコアを纏める力を持つゴルファーは存在します。


時々一緒にラウンドする「アプローチの達人」と私が勝手に呼ぶ今年70歳になる方は、元シングルプレーヤーです。
年齢の影響で飛距離が全くなくなり、一緒にラウンドする場合もゴールドティーを使用されます。


阿蘇大津GCのゴールドティーは、レギュラーティーからはほとんどが30y~50y前にありますが、1打目の球の位置はレギュラーティから打つ私の球とほぼ同じか私が前になる場合が多いのです。


普通だったら、そんな飛距離が劣るゴルファーにスコアで負けるはずないと思いがちですが、私が7Iや8Iで打つ場合でも3Wで手前から転がしてグリーンに近づけ、時にはオンする場合もあります。
外しても手前からのアプローチでピンに絡ませ、パーが狙えるゴルフをされます。


ちょうど「指宿のチャンピオン」と呼ぶ鹿児島喜入カントリーのマッチプレーで何度も優勝された方と同じゴルフを展開されているのです。


彼らに共通しているのは、飛距離がない分をカバーできるフェアウェ―ウッドの巧みな使い方とアプローチなどのショートゲームの上手さで、私などより格段に上手だということです。


以前、歌手のさとう宗幸さんは所属のクラブチャンピオンになるために練習場で毎日30yの距離を打ち続けたと言っていました。
つまり250yのショットを練習するよりも30yの距離感を養う方が、ゴルフのスコアメイクには格段に有意義だということです。


それなのに練習場で短い距離を徹底的に練習するゴルファーはそう多くは見ません。
ほとんどが練習初めにおざなりに短い距離を打って、すぐに7Iやドライバーを持ちたがります。
まるで短い距離のショット練習は、球がもったいないとでも思っているかのようです。


本来は、そこに力を入れて練習したゴルファーがスコアを縮めることができるのですが、そこをアベレージゴルファーは知らないのか無駄な練習に大事な時間を費やしてしまうようです。


ゴルフにはドラコン選手権など飛距離を求める競技もありますが、本来はスコアを争うストロークプレーが現在の主流のゲーム方式です。
であるなら、1打でもスコアを縮めるために有意義なアプローチの距離感を持てる練習をすべきではないでしょうか。


なぜ30yのアプローチ練習をするのかというと、要は距離感を養う意識を練習で持つことの大切さを会得するためです。
ドライバーショットの練習をメインにしかしないゴルファーは、距離感など養えるはずもありません。
そんなゴルファーは他人より飛べば満足であり、飛距離自慢をしたいだけなのでしょう。


しかし、ゴルフは離れた直径108ミリのカップに自分の球をできるだけ少ない打数で沈めるのが基本的なルールのゲームです。
例え300yのショットが打ててもその価値は、たった10cmのパットと同じなのです。
そういうゴルフゲームの不条理性をしっかり認識して、グリーン回りのショートゲームを練習することでリカバリー力を高めた方がスコアメイクには有益です。


繰り返しますが、スコアを縮めたいのであればショートゲームの練習をメインにすべきです。
練習場の自分の打席前の30y付近に山のように球がある状況に喜びを覚えるようになれば、きっと常時80台のスコアでは回れるようになるはずです。


そしてそれ以上のスコアを望むときに、初めてショットの質向上を図ればよいのです。


久しぶりの積雪

今日も1人予約が流れたので百花園ゴルフ場にでも行こうかなと思っていましたが、朝起きてみると周りが真っ白になっていました。


天気予報では曇り時々雪でしたが、夜半に降ったようで屋根や芝生の上はわずかですが積雪が観測されています。
もっとも熊本で日中に積雪が残ることはほとんどなく、この後は溶けてしまうのでしょうが、こうした景色は年に数度しかない貴重な光景です。


現在もかなり綿雪みたいなものが落ちて来ていますが、これが夜間だったらもっと積もるものでしょうが、今後はどうなるでしょう?


しかしこれで熊本のゴルフ場はほとんどがクローズになっているかもしれません。
熊本のゴルフ場は平地に作られたコースはなく、全て山の斜面か台地の上にしかないので、標高が低い我が家周辺が積雪になればどこのゴルフ場でもここ以上の積雪があっているはずです。


最近の天気予報の正確性には驚きです。以前は参考程度でしたが、今は時間ごとの降雨確率の精度も高まり、ゴルフの計画にも役立っています。


以前、レッスンを受けていた頃、教わっていた先生はマナーなどに特にうるさい方でした。
スマホ(携帯)が無かったころのゴルファーなので、「ラウンドの約束をしたら、雨が降ろうと雪が降ろうと自分で判断せず、スタート時間の最低でも30分前にゴルフ場に行くようにしなさい。そこで皆で中止にするかを決めなればよいことです。」と強く言われていました。


これは勝手に中止だと自己判断しても、気象条件の変わるゴルフ場ではラウンド可能というケースがあり、その場合は同伴者に迷惑をかけるという理由からです。
今はスマホですぐに連絡を取ることが出来ますが、当時はまだスマホはなく携帯がやっと普及していた頃であり、まだまだ誰もが持っていなかったのです。
その意味では、便利な世の中になったなというのが実感です。


これを書いていたら、ちょうど9時になり空が明るくなってきました。
雪は小止みになったのでもう積もることはないでしょうが、天気予報では最高気温が今日が4度で明日は3度と出ています。
明日までは寒い一日になりそうで、明日の1人予約もさっき1人のキャンセルがあり流れてしまいそうです。


今日もテレビでゴルフ関係番組を見ることになりそうです。