三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

ゴルフにはいろんな楽しみがあるようだ

今日も午前中は雨模様でしたが、午後からは天気が回復してきました。
明日は楽天1人予約が成立したので、今週3度目の阿蘇大津GCでのラウンドになります。


今日はお休みで、テレビでゴルフ関連番組を見ていますが、CS放送にはたくさんのゴルフ関係の番組があるようです。


今の時間帯でもスカイAでは11月に行われた「第11回のじぎくオープンゴルフ選手権」の初日の中継録画の放映があっています。
ゴルフネットワークでは「プレ男レッスン」では鶴見功樹プロの英国式メソッドというレッスン番組が放映中です。


日テレジータスでは日本プロゴルフ選手権最終日の再放送があっているし、JSPORTS1では「村口史子のグッドゴルフ」が放送中です。


どれも見てみたいけど、今は英国式メソッドという響きに引かれて「プレ男レッスン」を視聴中です。


それにしても、これだけレッスン番組があるのはゴルフだけでしょう。
私は学生時代は卓球をしていましたが、卓球のレッスン番組なんてNHK教育の「テレビスポーツ教室」くらいしか見たことがありませんでしたし、現在もレッスン関係はないようです。


社会人になってテニスを始めましたが、卓球とは違って専門雑誌や中継などが多く、さすがメジャーなスポーツだなと思っていましたが、やはりレッスン関係の番組はほとんどありませんでした。


また高校生のソフトボールチームの監督をしている頃は、時代柄ネットでの情報は溢れていても、レッスン番組などはスポーツ教室など以外はなく、いかにゴルフが特殊なスポーツであるかを再認識していました。


それはゴルフが自己流でも一応クラブが振れるし、なかなか上達(スコア的に)しがたいスポーツであることが原因なのでしょう。
またアマチュアのプレー人口が比較的年齢が高い層に偏っていて、経済的に余裕のある人たちが多いというのも理由の一つかもしれません。


最近は「ラ〇ザップゴルフ」というCM絡みの番組までありますが、その中ではスイングを見てるとどう見ても100は叩かないだろうという人が、100オーバーのスコアから20打も縮め80台のスコアになったと言っています。


CMだと思って見ていれば、嘘っぽいのも納得はいきますが、真に受ける人もきっといるはずです。
別のドライバーのCMでも、200y飛ばない人が出てきて新製品を使って250yの距離を出し、驚きの表情を見せますが、最初の設定が嘘だろうというくらい、もともと立派なスイングの持ち主です。


出演者は予想するにトップアマに近い人か、プロ崩れのゴルファーを使っているのかもしれません。
ときどき別のCMに出ていた人が、初心者として別のCMに出ているのを見たこともあり、CMが対象としている初心者層は騙せても、ある程度の経験者なら、この飛ぶクラブというのがすぐに嘘っぽいということが分かるはずです。


番組を見ていて思うのが、現在のアマチュアのゴルフの楽しみは、いくつかに分かれてしまっているようで、そこからもまたいろんなタイプが派生していることです。そしてそれがテレビ番組の傾向にも表れています。


多くはゴルフの本質であるスコアを縮めるために練習に励む人たちですが、そのスコアを縮めるためのアプローチの仕方がそれぞれ違います。


まず、スイングに拘るグループです。彼らは、その時代のトッププロのスイングを最高のものと信じ、日々そのスイングを体得しようと練習に明け暮れます。
しかし、年毎に違うスイングのニューヒーローが現れるため、そのたびにスイング理論が若干変わっていきます。
ゴルフ雑誌は、そのニューヒーローのスイングを特集して、それこそ「これが最新のスイングだ!」とばかりに購買意欲を刺激します。
またゴルフレッスンは、それらを元にしてインストラクターが説明していきます。


しかし、長らくそんな雑誌を購読していると、全く正反対のことを平気で特集していることもあり、結局はスイング理論そのものが信用できないというのが本音です。


またゴルフギアの知識を仕入れ、中にはゴルフクラブメーカーの回し者かと思うほど、クラブやシャフトの知識が豊富なゴルファーも巷にたくさん出てきました。
このタイプのゴルファーは、技術を用具でカバー出来ると思っているようで、安定しないスイングの元に日々新しいクラブを試打するという迷路にハマっている感もあります。


どう見てもそんな経費が掛かっているとは思えないドライバー1本が7万円以上もするという、ある意味不思議な状況になっているのがゴルフの世界なのです。
新製品が出ると、古くなったクラブの価格が大きく崩れてしまうことが、いかに1本分に含まれる儲け幅が多いかが分かります。


ビンテージクラブの収集など、ゴルフのプレーとはかけ離れた趣味であればそれはそれで理解もできますが、スコアをクラブで補うという考えではいくらお金があっても足りないはずではないでしょうか。


テレビのゴルフ関連番組を見ていると、今日のアマチュアゴルファーの方向性にあった番組が作られているようで、ゴルフギアに拘る番組やスイング理論に拘る番組などは、まさしくそうしたゴルファーをターゲットにしているようです。


楽しみは人それぞれで文句を言うべきことではないのですが、マーケットのすそ野を広げて商売しようと思っている側に立ったのがやはりマスコミだなと思ってしまいます。
それでも、番組を見ているから、同じ穴のムジナかな?



アイフォンのバッテリーを交換する

今日の熊本は昨夜半からの雨が午前中降り続くという天気でしたが、気温は昨日から引き続き高めで、暖房は不要でした。


今日は午前中に買い物に行き、アイフォンのバッテリー交換に必要な両面テープを購入しました。
現在保有のアイフォンは2台目「6」ですが、既に手に入れてから2年3か月ほどになり、バッテリーの消耗度が激しく、かなり弱っていました。
寒い日のラウンドでは、スタート時にバッテリーの充電度は90%ほどあっても、途中で10%まで落ちていて、使用ができないレベルです。


そのため、最近は貼るホッカイロをアイフォンケースに張り付けて、保温することでバッテリーの低下を防ぐことにしていました。
しかし、すでにバッテリーの寿命は風前の灯だと思い、新しくアイフォンを購入するかバッテリー交換をするか悩んでいたのです。


1台目の「6」はauでしたが、ゴルフ場でカートの下敷きになって画面が映らなくなり、新しい機種「6s」を購入に行ったけど費用の点でdocomoに乗り換えて古い「6」にしていたのです。


先月から今月までは2年縛りが無くなっている期間で、思い切ってケーブルテレビのJ-COMのSIMプランに変えていました。
docomoで機種変するつもりならそのままにしていたのですが、まだ使えそうなアイフォンをもう少し使うつもりだったので、だったら月額使用料の安いSIMプランのほうが良いかなと思い、J-COMに変更していました。


しかし、バッテリーのことは想定外で、さすがに消耗が激しく、アプリのバッテリーチェックを使って調べてみると、要交換という結果が出てしまいます。
アップルストアに交換依頼をしようかと思っていましたが、近場では福岡にしかなく、それなりの経費と送付や受け取りまでの時間もかかりそうなので、自分で交換できないかネットで調べてみました。


すると、いくつか交換キットと共にバッテリーが売られています。新しいアイフォンだったら失敗するリスクを考えると踏み切れませんが、最悪失敗するならこれを契機とアイフォン8やアイフォンXに変えれば良いわけで、すぐに4千円ほどの交換キットをネットで注文しました。


注文して3日目にキットが送られてきます。
説明書を読むと、交換する参考にしたYouTube動画にあるような両面テープは付いてなく、自分で用意するようになっていました。
別の業者のもう少し安価な交換キットには付いていたのですが、高い方だから当然付いていると思っていたので、誤算でした。

普通の両面テープだと、次のバッテリー交換時に剥がすのが大変そうだと思いましたが、バッテリー1年持ってくれれば、その後は機種変するし、まあいいかと考えて、文具の両面テープを使用することにしました。


アイフォンと購入した工具や新しいバッテリーと並べて、説明書の手順に沿って作業を始めます。

(アイフォン左が新しいバッテリーで、手前はドライヤー)


始めると早速、壁に当たりました。アイフォンの画面に付属の吸盤を付けて引っ張って画面を外すのですが、その肝心の吸盤が全く使い物にならないのです。
仕方なく、台所にあったタオル掛けの吸盤を外して代用しました。
もっとも後でやり直したときは吸盤はなくても外すことはできたのですが、そのときは何も分からず困ってしまいます。

(画面部分を分離した後の様子。バッテリーはかなりの面積を占める。)


画面を外しても、上部が繋がっているので、慎重に蓋を開けるように上部を支点にして下から持ち上げてゆきます。
その後、説明書通りに上部の繋がったディスプレーケーブルブラケットのネジを5本外し、ブラケットを外してディスプレーケーブルを4本外したら、上部が完全に離れました。


その後は、バッテリーコネクタブラケットの2本のネジを外し、付属のステックを使ってコネクタを外すと、次はバッテリーを固定している両面テープを剥がす作業です。


これはネットで知ったのですが、ドライヤーで裏面から温めるとバッテリーを固定している両面テープが剥がしやすいとあったので、ドライヤーでしばらく温めます。
そして付属のピンセットの先端に両面テープの出ている部分を巻き付け、ゆっくりと回転しながらテープを巻き取ります。
テープは2本入っていて、途中で切れないよう慎重に巻き取りました。


実は、参考にしたYouTube動画では巻き取る途中に両面テープが切れた様子が映り、場面が変わった後にはバッテリーを傷つけて外した跡が写っていました。
バッテリーを傷つけると、危険な化学物質が漏れだすと注意書きにあったので、参考動画のようにはならないよう別のYouTube動画で調べた方法で外したのです。

(左が新しいもので、右が外したバッテリー)


別の業者のキットには巻き取り部分のある両面テープが付属していたのですが、購入したものには付いてなく、巻き取り部分を作らないで両面テープを直接新しいバッテリーの裏面に貼り付けました。
そして元の位置に戻し、バッテリーコネクタを繋ぎ、ブラケットをねじ止めしてバッテリーは交換完了です。


この後、ディスプレーケーブルを繋ぎ、ブラケットのネジを締めて完了でしたが、書くと簡単そうですが、なにしろ小さなネジのはめ込みにかなり苦労します。


ネジはとても小さなもので、それ用の小さなドライバーの先端は磁石なのですが、外すときは便利でも、嵌めるときは何度も何度も失敗してしまいます。
小さすぎて見えづらく、ちょっとでも当たると方向が変わってねじ止めの穴に入らないのです。
入ったと思っても、ドライバーの先にくっ付いて出てしまうし、これには何度もチャレンジが必要でした。


失敗してネジが跳ねてしまい、紛失の恐れもあるので、ここは最新の注意が必要でしたが、ネジの種類もいくつかあり、最後の1本がどうしても入りません。
理由は、別のネジ穴に間違えて最後のネジを差し込んでいたのですが、きちんと外した順番に分けて置いていても、小さくすぎて何かの拍子で簡単に動いてしまっていたのです。


終わって一度目は、電源を入れても反応がなく、もう一度開けてブラケットの中のケーブルの繋ぎを確認しました。
途中では諦めて新しいアイフォンを購入しようとまで思いましたが、そうこうして悪戦苦闘の上、やっと電源が入ったときは嬉しさ倍増でした。


慣れると簡単な作業だとは思いますが、ディスプレーのケーブルを繋ぎ直すことが案外難しく、小さな部分にどれだけ力を入れてよいのか不安でした。
きれいにカチリと入るわけでなく、外すときも見えない状態で外したため、付け方が分かりにくかったのです。
説明書には、その部分の画像がなく、一回目は適当に押し当てていたので繋がっていなかったようでした。


小さな部品などは、力を入れると脆そうだし、外すときも簡単に外れたので、嵌める力の入れ具合が未経験者では分かり辛かったのでした。


これでバッテリーはしばらくは保つはずですが、正規品でもないし、2年大丈夫かは未定です。
次にバッテリーが下手ったら機種変するつもりですが、少なくともあと1年は持ってほしいというのが本音です。


簡単な作業でも、小さな部品が多く、コツが分からないまま進めるのは、不安だらけです。
次に作業するならもう大丈夫でしょうが、何度も繰り返したくはない作業と言うのが本音です。
とりあえず、バッテリーチェックでも合格のようで、4千円の費用は元を取ったようです。
アイフォン6が無事に生還できてよかった、よかった。


無理攻めはしっぺ返しを食らうだけ

今日も昨日に引き続き、楽天1人予約で阿蘇大津GCに行ってきました。
天気予報では、昨日も気温が高かったのですが、昨日以上の気温が予想され、半袖を着て行こうか悩んだうえで結局、長袖のシャツにしましたが、半袖でも十分な気温でした。

ラウンド中は長袖シャツ1枚で腕部分をまくり上げて、ほぼ半袖シャツ状態でしたが、なにしろ帰りの車の温度計では外気温が20度もあったほどです。


今日の同伴者はお一人だけで、一度ご一緒した記憶のある方でした。昨年の12月中旬以来のラウンドとのことでしたが、前半こそ大叩きホールがありましたが、後半は好調な内容で4オーバーと立派なスコアメイクをされていました。
反面、私は前半こそ好調でしたが、後半は一転して攻めた結果が打ってはいけない場所に打ってしまい、大きくスコアロスを繰り返してしまいました。


やはり前半のようにセーフティーに打つのと、ピンを狙って打つのとでは後者では外した時の寄せが効かず、パターも難しくなります。
しかし、途中から右膝が痛み出し、諦めて余計な攻めをしなくなったら、またパーが来るというちぐはぐなラウンドになってしまいました。


昨日は前半のインがスコアが悪く、後半のアウトが良かったのですが、今日は反対で前半のインがスコアが良く、後半はスコアを落としていきます。


前半が2オーバーだったので、今日は80切りができると思って臨んだ後半の1番パー4でやってしまいました。

 (1番パー4と右の木の先が10番パー4で両ホールは並行している)


ドライバーショットは当たり、フェアウェー中央でした。同伴者はかなり後ろの右ラフで、そこからUTで見事にピン手前にオンされます。
実はスタートの10番でも同様の展開で、そのとき先にUTで左奥のピン手前にオンされたのを私はセーフティーに8Iで右手前にオンさせ、2パットだったのですが、その10番を思い出し、逃げちゃダメと思ってしまい、左に振ってあるピンを狙ってしまいます。


今日は風がいつもと違い、右前方からの西南の風を読んでいず、高く上がったショットは手応えはあったのに、風でやや左に切れ、グリーンエッジの傾斜部分にバウンド後に左に落ちてバンカーに入ってしまいました。
風で流されなければ、右への傾斜でピンに絡む場所でしたが、風を読み切れないショットを打ったツケでした。
ピンまでは6yほどでしたが、バンカー縁から強烈な下りになっていて、カラー近くのエッジ付近を狙ったバンカーショットはわずかに足らず、止まってしまい、エッジからのパターは今度は当然止まらず、4mオーバーした返しのパットも決まらずのダボになってしまいました。


これで前半の大きめのクラブでゆったりスイングして、とりあえずオンして2パットを狙うというゴルフが一転してしまいます。


2番パー4こそ2パットのパーでしたが、3番パー4ではまた風に惑わされます。
ティーショット時にアゲインストで、セカンドで待っている間はフォローになったり右前方からのフック風になったりしていて、すっかり1番の西南の風つまり左前方からの風が基本であること忘れてしまっていました。
7Iのショットは大きく右に持って行かれ、バンカーインで1番と同じようにバンカー淵から下る状況だったので、今度は無理せず一旦出して、カラーまで転がったのをパターで寄せたボギーでした。


4番パー3では寄せた1mを外すボギーになり、この辺りで攻めることしか頭の中には無くなりました。
5番パー4では短いBグリーンへのセカンドで手前のピンを狙ってギリギリのクラブのウェッジで、バンカー先のピンに真上から落とそうと狙ったけど、1mショートし、真上からバンカー淵の斜面に落ちてしまいます。
バンカーの斜面から球の一部しか見えない強烈な目玉になっていて、ここは一回で出ずに次のバンカーショットも寄らず、ダボになってしまいます。


6番パー5ではパーオンした5mほどを強めに狙ってしまい、返しも外す3パットに繋げてしまいます。
やることなすこと裏目になり、このままずるずると後半は10オーバー以上はするかもと思いました。


すると6番から7番に向かう途中で、傾斜を上っていると右ひざが痛み出してしまいます。
実は昨日のラウンド後にも右膝と左足付け根痛みがあったのですが、傾斜を上るときに、その痛みが出始め、ひざの曲げ伸ばしができなくなりました。


その結果、大きくスイングが出来なくなったのですが、その分余計な攻めの意識がなくなったのが幸いしたのか、7番パー3も8番パー4も悪いショットを上手くアプローチでカバーしてパーセーブに繋げ、最終ホールも3打目が7Iでしたが、上手くパーオンし、ひざを曲げることが出来ずにライン読みができないため、狙わずに丁寧に2パットのパーとするという皮肉な結果になりました。


やはり前半のスコアで好調と錯覚してしまい、ピンを狙うゴルフに変えたのが墓穴を掘る結果となりました。
丁寧にピン側でなく広い反対側に乗せ、パターを頑張る方がスコアは纏まるようです。
バーディーチャンスを作っても、入れることが出来なければ無理攻めは無駄になり、安全に攻めて無難に2パットで凌ぐ方がスコアロスが少ないゴルフになります。


今日は前半の無理しない攻めと、後半の無理攻めの両極端になってしまいましたが、やはりアマチュアには狙ってもバーディーなんか来ないし、狙えばしっぺ返しを食らうだけだと実感しました。


右膝の痛みと、左足付け根に痛みが出始めたので、明日は雨の予報でもあり休養日にするつもりですが、ちょうどネットで注文していたアイフォンのバッテリーが配達されてきたので、明日はバッテリー交換にチャレンジします。


アイフォンショップへ依頼する経費をケチって自分で変えることにしましたが、上手くできるか不安でもあります。
失敗したら、良い機会だから新しいアイフォン8かXを新規購入しようかなとも思いますが、、、。