三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

LPGAでの小橋絵利子プロの位置

今日から宮城県の利府ゴルフ倶楽部で「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」が開催されています。


本年度からツアー出場資格を得た小橋絵利子プロは、初日の今日は72のパープレーで首位とは4打差の 22位タイスタートです。


LPGAツアーも本年度はミヤギ杯を含めて残り10試合になりました。最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップには出場資格に制限があり、賞金シードを争う選手には残り試合はたった9試合ということになります。


小橋絵里子プロの本年度のこれまでの戦績は、先週までの記録になりますが27試合に参戦して予選通過は14試合、賞金ランキングは11,787,833円で64位という苦しい立場にあります。


LPGAでは2018年度から新しい取り組みとして、第2シードを取り入れる予定です。
まだ詳細は不明ですが、これまで賞金ランキング50位までの選手にシード権を与え、シード権を喪失した選手はクオリファイトーナメント(QT)に回って翌年のシード権を争うことになっていました。


新制度では、51位~60位の10名程度の選手を第2シードとして翌年の出場資格を与え、ステップツアーの賞金ランキング上位者5名ほどとQT通過者35名ほどの計40名も同じく第2シードの選手となります。
第2シードの選手には、8月頃にリランキングというその時点での賞金獲得額による順位の見直しがあり、その後の出場資格が変わるというシステムです。


小橋絵里子プロは、昨年のQT31位という資格で今年はツアーに参加資格を得ています。
昨年はステップアップツアーが主戦場で2戦で優勝して得られたLPGAツアーへのスポット参戦を2回経験していますが、フル参戦は今年からです。


4月にあったバンテリンレディースの練習グリーンで見ていましたが、まだ新参者といった感じで、中央を使って堂々とロングパット練習していた不動プロに比較して、隅っこのカラー近くでパット練習していた姿が初々しかったものです。


さて現在の64位という賞金ランキングでは、第2シードでも圏外となり、昨年のようにQTに回るかステップツアーに戻ることになります。


今年の小橋絵里子プロの戦績を見てみると、ベスト10以内が1回しかありません。7月27日から開催された「いい部屋ネットレディス」で7位タイ(獲得賞金2,880,000円)というのが最高の成績です。


昨年度の賞金ランキング50位は20,135,833円であり、60位でも15,050,611円というのが凡その目標額です。


プロゴルフの賞金は10位以内と下位では大きく差があります。40位程度では30万~40万円程度の賞金額でしかなく、獲得賞金2千万円を目標にすると残り9試合で平均100万円の賞金か、3試合のベスト10入りが不可欠になります。


27試合で約半数が予選落ちでベスト10入りが1回というこれまでの記録を見れば、残り9試合でのシード権獲得はかなり厳しいと言わざるを得ないのです。


しかし、ゴルフは調子の波というものがあります。昨年のステップアップツアーで2勝目を挙げたのが、ちょうどミヤギテレビ杯が開催される時期と同じ昨年の9月21日だったのです。


ミヤギテレビ杯は首位と4打差22位タイというスタートでしたが、明日も好スコアを出し、日曜日の決勝で上位に食い込めばまだ望みはあります。


細かく見れば、パー4の平均スコアは全選手中44位ですが、パー5が65位、パー3にいたっては70位という記録になっています。
これはサンドセーブ率が76位となっていることから、そこが課題と言えるのかもしれません。
また平均パット数も72位と悪く、サンドセーブ率の悪さがパット数の悪さにリンクしているのかもしれません。


フェアウェーキープ率は21位と他の記録に比べ格段に良く、フェアウェーからのセカンド以降のショットの正確性がもう少し必要なようです。


実際にバンテリンレディースでマーカーとして間近でプレーを拝見しましたが、ショットメーカーだと思いました。
しかし、ラウンド中の余裕がなく、いっぱいいっぱいでのラウンドだったと記憶しています。
口で言うのは簡単ですが、もう少し心に余裕を持ってもいいのかなと思いました。
ラウンド中に、季節の移り変わりを実感するとか、オンオフをラウンド中にできるようになることが課題かもしれません。


もちろん、1年生としてのツアー参加でそこまで余裕はないのでしょうが、無我夢中でも結果が出ないなら、ときには良い意味で手を抜くことも大事ではないでしょうか。


まずは目の前の試合に集中することは大事ですが、心に余裕を持って時にはギャラリーに手を挙げてニッコリしましょうね。




買っちゃった「ゼクシオ9」ドライバー

買ったのはゼクシオ9というドライバーです。

ゼクシオというドライバーには、シニア向けの大型ヘッドのクラブというイメージがありましたが、もう正真正銘のシニアでもあり、飛距離に悩んでいるから「まぁいいか」というのが理由です。


実は50度のフォーティーンDJ-22を探しにゼビオに行き、そこにいるネットサークルの知り合いのフィッター資格を持つ彼にお願いしてウェッジは注文したのですが、ついでに軽い気持ちで「安くていいドライバーはない?」と聞いたら、値段が下がったからと言って勧めてくれました。


「シャフトがしっかりしているから叩けると思います。」というもので、シャフトには聞いたことのないMIYAZAKIという名前が入っています。


ネットで調べてみたら、MIYAZAKIとはダンロップの宮崎工場で作られているシャフトのようで、純国産ということを謳い文句にしているようです。
当初は種類が少なかったけど今は、Miyazaki [カウラ]シリーズとMiyazaki [コスマ]シリーズがあり、大まかに分けるとカウラシリーズはアベレージ向け、コスマシリーズはプロ・上級者、アスリート向けという位置づけのようです。


そしてカウラシリーズの中には、KORI(氷)、MIZORE(霙)、MIZU(水)、KIRI(霧)の4タイプがあり、それぞれにR、SR、S、Xというフレックスが揃っています。


コスマシリーズには、Black、Indigo、Blue、Silverという4タイプがありますが、色のネーミングなのにシャフトの色はなぜか全てブルー系です。
Blackの中に5~8まであり、例えばBlack5のRは重量が55.5gトルク4.8となり、Black8はXのみで重量86gトルク2.6となっています。


買ったゼクシオ9に装着されていたシャフトは、カウラのMIZU6でメーカーのカタログでは次のようになっています。
フレックスS、重量65g、中調子、トルク3.4と書いてあります。
残念ながらこうしたものには疎い私なので、今のクラブと比較してどうなのか分かりません。


ただメーカーのHPには、International Flex Codeという概念が書いてあり、シャフト全長を4分割し、各部分の相対的な硬さを1~9で表示してあるそうです。
この表記では、買ったゼクシオ9のシャフトは5554とあり、手元からの3段階
部分は真ん中の5で先の部分がやや柔らかい4という表示になっています。


カウラのMIZUだけでも9種類あり、KORI(氷)、MIZORE(霙)、MIZU(水)、KIRI(霧)の中には計算上は4×9=36通りのシャフトがある計算です。
コスマシリーズにも同様に36通りのシャフトがあり、どれも4桁の数字の組み合わせがほぼ違うのです。(よく見ると一部同じ数字のものはありますが重量が異なるので36通りのシャフトといえます。)


これまでのR、SR、S、Xといったアバウトな表記でなく、細かい表記なんだと感心しました。


まぁ、これまでどんなスペックのドライバーを使っていたのか自分では分からずにいましたし、知ったからどうだということはないので「ふ~ん」というのが実際の感想ですが、いろいろ考えるものだと思いました。


現在のr7ドライバーのロフトが10.5度だったので、同じロフトを希望したのですが「ゼクシオは球が上がりやすいので、9.5度でも大丈夫だと思います。」と言われ、鳥かごの中で9.5度の試打クラブで打ってみました。


重さは若干軽めですが、シャフトはしっかりした感じです。他の試打クラブも打ってみましたが、中にはシャフトがたわみすぎる感じのものもあり、力を入れるとヘッドが遅れて上手く当たりません。


このゼクシオ9ドライバーは、打った時左に行かない手応えはありました。
機器の計測でも、安定したフェード軌道で220~230yほどを記録していて、これだったら安心して打てると思い、即買いしてしまいました。


メーカーのHPでもゼクシオ9は、飛距離に悩むシニア向けでヘッドスピードが40前後を想定しているとあります。
ゼクシオというブランド自体が、ダンロップゴルフではスリクソンと並ぶ2大看板であり、使用者数はナンバー1という謳い文句です。


メーカーの知名度・販売力の大きさが原因でしょうが、使い易さがあればこその人気だと思います。
わざわざ難しいクラブを使わなくても、自分に合ったクラブを使った方が結果は良いだろうし、今更見栄は張らなくてもいいというのが自分の考えです。
ヘッドスピード40でも昨日はショットナビで計測して最長は247yだったので、ゼクシオ9に替えたらもっと効率的に飛ばせるのではと期待しています。


ヘッドスピードから見ても最適のドライバーのようだし、お店の鳥かごの中での計測より「+10ヤードは飛びますよ!」という言葉を信じて、期待したいと思います。


練習場で打ってみたいのですが、練習場の年間会員資格は喪失しているし、体調は悪いし、もしかしたら来週の火曜日のラウンドでいきなり投入になるかもしれません。





危うく90叩きか?

今日は熊本のネットサークルの月例コンペがくまもと中央CCであり、参加しました。
実は体調不良が続いていて、朝も熱発していていました。
そのため、医師から処方してもらった薬をスタート前に飲んだのですが、それがよくなかったようです。


薬の注意書きには、服用後眠気を起こすので車の運転は避けるようにとあり、しばらく頭がボーっとしてしまいます。


そんな中での朝8時のスタートでしたが、ドライバー以下ショットが全く当たりません。
それに合わせてメチャ重の広大なグリーンに乗せての3パット連発でした。
カラーからパターで打っているので記録上は2パットとなっていますが、実質的には3パットが多かった感じです。

また、中央CCは曲げると枝が張る松の木が密集していて、即1ペナみたいになり、ただでさえ不得意なコースなのに、こんなにショットが暴れるとスコアメークになりませんでした。


結果はブービーメーカーとなる最下位でしたが、アウトの2番目のニアピンを取り、最初のホールのニアピン該当者がいなかったため、キャリーオーバーということで参加費の回収だけはできました。


今日はラウンドの内容は全く良いところはなく、反省すべきことは全てでした。
遅いグリーンに対応できないのは、まだまだ未熟な証拠であり、しっかり打たなければならない場面で打てないのは、パターの打ち方が悪いだけです。


終わってから、光の森にあるゼビオに行き、ずっと欲しかった50度ウェッジを買いたいと、ネットサークルの知り合いのフィッターに尋ねました。
しかし、既に新品は廃盤のようで、新しいシリーズになってしまっています。


ゼビオはゴルフパートナーと同系列のお店なので、その彼に中古を探してもらったら、兵庫県に新品があるみたいで、値段を聞いたら1.2万円とのことですぐに取り寄せをお願いすることになりました。


ただしゼビオでは扱えないとのことで、家の近くのゴルパに電話してもらい、ゴルパの店長に取り寄せを彼から依頼してもらいました。


実は1か月前にそのゴルパに行き、在庫のあった中古が1.5万円、新品が1.7万円と言われたことがあったのです。
中古の程度はほぼ新品に近いものだったので、それを買うかと思いましたが、ゼビオの彼に頼んだら新品がもっと安くなるかもと期待していたのでした。


在庫はなかったけど、取り寄せは遅くとも土曜には店に来るとのことで、1か月前に買わなくて良かったと思いました。


ウエッジの依頼を終えたころ、一緒にラウンドしたネットサークルのメンバーが数名やってきました。


うち3人はドライバーの飛距離が欲しいからという理由です。とくに左利きのミケル君は、今週末からのクラチャン予選に出場予定で、飛距離が欲しいとマイドライバーを持参していました。

フィッターの彼が持っていたシャフトを差し替えて、打たせてみたら、なんと250yオーバーを記録します。
ここの距離測定器はかなりシビアで、なかなか250yを越える人はいないのに、普段210y~230yの飛距離のはずがシャフト交換だけで飛距離が伸びました。


フィッターの彼が言うに、「これはプロ支給品で、シャフトの表記と中身は全然違うもの。」と言います。
某女子プロが使っているシャフトだということです。


フィッターは、「いくらでもいいですよ。」と言って結局1万円でミケル君は購入することにしました。


私や他のメンバーは「金で飛距離を買った!」とはやし立てましたが、実はその前に私も「安価なクラブはない?」と尋ねて、試打したドライバーを購入していたのです。
私の試打結果は220y~230yほどでしたが、安定したフェードの球筋が気に入ったのでした。


他のメンバーから、「ここにも飛距離を金で買った人がいる!」と言われましたが、「自分は飛距離ではなく安定性を買ったんだ!」と言い返しました。


その後はいろんなクラブで試打して遊んでいましたが、ついでにヘッドスピードを測ったら、なんと39~40程度と出て内心ショックでした。
確かにゆっくり振っているのですが、こんなに遅いのかと改めて思い、それでも時には250y近く飛ぶのであるから、まぁ効率的ではあるかなとは思いました。


購入したドライバーについては、次の記事で紹介します。