三重苦ゴルファーの日記

還暦を超えた、飛ばない寄らない入らないの三重苦を持つおっさんゴルファーの日記です。

新日本海フェリーに乗ってもうすぐ北海道へ

舞鶴港を5月22日23時半に出港した新日本海フェリーの「あかしあ」に乗っています。
16時頃になったら奥尻島を過ぎ積丹半島に近づいている地点のようで、ネットにもときどき繋がるようになりました。


小樽港着は5時間後の21時前ですが、これからも北海道が大きいことがわかります。
フェリー乗船時間は約20時間で、北海道の最初の地点である大島に接近する時間が14時半だったので、北海道の西側を航行するだけで6時間が必要になり、全行程の約3分の1近い時間が北海道圏内の航行なのです。


フェリー内は個室を貸し切っているので、テレビを見たり、大浴場に行ったりする以外はベッドに寝転がっていて、とても快適です。
船内にはレストランやブッフェ、売店などもあり、食事をしたり必要なものは買うことはもちろん可能です。
しかし食料品は舞鶴のスーパーで買い込んだものを持ち込んでいて、新日本海フェリーの会社には悪いけど、船内のレストランやブッフェは利用していません。


個室には湯沸かしポットもあるため、お昼はカップ麺でした。食に拘りがないし、かなり食べ物の好き嫌いが激しいので、多くの物が食べられないという理由もあります。

出港前には、舞鶴湾を眼下に見通せる五老岳公園に行きました。標高は301mですが山頂に展望塔が立っていました。
上らなくても眼下には舞鶴湾が見えたので、有料の塔には上らず終いでした。

20時には港に行って手続きを済ませ、乗船の列に並びました。自分の車は16台目で今日はそう多くないのかなと思っていましたが、出航前にはそれなりの台数が並んでいて、この航路が便利なことが良くわかります。

(フェリーはバックで入港してきました。入港の様子を間近でみるのも楽しみでした。
この「あかしあ」は総トン数は約17000トンで全長225mと巨大な船です。こんな巨大船が時速50キロという船としてはかなりの速度で日本海を疾走するのです。)


車列にはもっと前にも並べたのですが、昨年見た荷物を積み込む作業を間近で見たい思いい、折り返しで先頭になりそうな時間まで待って3列目の先頭に位置しました。
見たかったのは、トレーラーの荷台を積み込む作業で、引っ張る部分のトラックが見事な切り返しで、荷台を次々と船内に運ぶ様子を見たかったのです。


トレーラーの曲がり方はかなりのテクニックを要すると思いますが、狭い通路を巧みに切り返してまるでジャックナイフのような形にトレーラーと運転席が折れ曲がるのが見たかったのです。
この辺りは自分でも幼児性が抜け切れていないのですが、迫力ある音とスピードに時間を忘れて見入っていました。
動画で撮影したので、画像は載せられないのが残念です。


いったん乗ってしまえば約20時間の船内の旅になり、車に戻ることができなくなるため、必要な荷物を船内に運び入れます。
必要か必要でないか分からないものまで満ちこんだので、バッグが4個にもなりました。
パソコン、C-PAPの機械、着替えの入ったバッグ、食料や飲料水を入れた保冷バッグです。


朝10時頃に小樽発の「はまなす」とすれ違いました。ちょうどその時間は大浴場に行っていたのですが、館内放送で進行方向右側に10分後に見えると案内があり、船室が進行方向右側だったので、慌てて上がって部屋に戻りました。


窓から外を見ると曇りです。まもなくして僚船がかなり遠くに見え始めました。「はまなす」も「あかしあ」も同型の船でそれぞれ時速50キロで航行するので、相対速度は100キロになり、ぐいぐいといった感じで近づいてきます。

(後ろの白波の長さが、高速で移動している証拠です。昨年小樽港で模型を見たのですが、スクリューが2個ありうち1個のスクリューが逆回転してメインのスクリューが作ってしまう推進力と反対の力を打ち消す仕組みで、結果として高速走行ができるようになったと書いてありました。)


すれ違い風景も動画に撮ったのですが、お互いに汽笛を鳴らしていたようです。


今日は小樽港に着いたら、そのまま新篠津村の道の駅「タップの湯」まで1時間ほど移動し、今晩は車中泊して、明日の午前中に岩見沢の栗沢クラインガルテンの入居手続きを行う予定です。


午後からは岩見沢雉ケ森CCの1人予約を入れていますが、今現在ではだれも入ってこないので、流れそうです。
その場合は、ゴルフ5美唄コースへ行って、薄暮ラウンドをするつもりです。
ゴルフ5の薄暮プレーは友の会の料金だと3,700円ということなので、まず友の会に入会して利用することになります。


ネット環境が不安定のようで、ときどき繋がらなくなり、一度は作った記事が消えてしまました。
自動でバックアップしてあったので、最初から作り直す必要がなかったことが幸いでしたが、海上なのでまたいつ不安定になるかわかりません。
アップできるうちにアップしておきます。


一路、舞鶴を目指して

今朝は自宅を3時に出て、4時前には高速に乗りました(^^)


深夜割引を利用すると植木インターから舞鶴西インターまで10,400円の料金です。

ただ高速道路の運転はとっても退屈です。


急ぐ旅でないため、安全運転を心掛けていますが、そのため余計に単調なドライブになってしまいます。


自宅を出発してから2時間ほどで九州と本州を繋ぐ関門橋を渡りました。


最初の休憩は出来るだけ距離を稼いでと思ってましたが、さすがに単調な運転だと眠気を催し、とうとう予定外のSAで止まり、30分ほど仮眠しました。

(どこのSAか分からず停車しました。)

(広島の宮島SAにも寄りました。)


その後は予定のSAでも止まり、残りの距離などを調べましたが、まだ三分の一も走ってません💦

その後は快調に進み、10時過ぎには岡山県の吉備SAに到着し、遅めの朝食兼昼食をとっています。


人気ナンバーワンとあったデミカツ丼を注文しましたが、個人的には卵でとじたカツ丼の方が好みです。


うどんまで付いてたので食べ切れませんでした💦


朝は肌寒く、ジャンパーを引っ張り出して着て運転していましたが、天気が良いため途中からは半袖になり、とうとうエアコンも付けて走るようになりました。


ここまで来れば残り距離は300キロを切るはずで、車の燃料補給をして舞鶴を目指します。

いよいよ今夜に北海道に向け出発

ずっと先だと思っていた北海道行がとうとう今晩(正確には明日の早朝)になりました。


明日22日の夜に京都の舞鶴港から出港する小樽港行の新日本海フェリーに乗船するため、今晩3時に出発する予定です。
熊本ICの先の植木ICから高速道路に乗り、一路舞鶴市を目指します。


舞鶴港までの陸路は約800キロですが、ほとんどは高速道路のため、ある程度の時間の見込みは立ちやすいのです。
新日本海フェリーの出航時間は22日の23時30分なので、10時間かかるとしても午前中に出発すればよいのですが、高速道路の深夜割引を使うためには、4時までに料金所を通過する必要があります。


深夜割引は3割引きなので、それを使えば舞鶴西ICまで10,400円で行くことができ、約4千円がお得になります。


いったん乗ってしまえば途中下車することもなく、高速道路だけの旅になりますが、数か所のSAで休憩を入れる予定です。
昨年もお昼過ぎには舞鶴に着いてしまい、市内の温泉施設でゆっくり休んで出航時間を待っていました。


新日本海フェリーは約1,000キロを20時間で走り切ります。全長が200mを超える大型船が時速50キロで海上を疾走するのは驚きでした。
昨年、新日本海フェリーの「あかしあ」に乗るまで、船と言えば有明海の長崎航路のフェリーしか乗ったことがなく、長崎航路のフェリーは内海用の小さな船だったので、「あかしあ」の巨大な姿に圧倒された記憶があります。


フェリー内では新日本海フェリーの企画商品「春旅GOGO割」を利用するので、ツインの個室を1人で独占して利用できます。
夜中に出航して翌日の20時過ぎに小樽港に到着ですが、ほぼ1日をフェリー内で過ごすことになり、鍵付きの個室は快適です。


船内には大浴場もあり、映画の上映などもやっているようですが、昨年はお風呂には2回行ったものの、それ以外の施設利用はせずにずっと海を眺めていました。
ぼーっと海を眺めながら、時間を潰すというぜいたくな時間を持てるのが船旅の醍醐味です。


23日の夜に小樽港到着後は、新篠津村まで移動し、タップの湯に入ってその夜はニューしのつゴルフ場の駐車場で車中泊をする予定です。
今日は札幌も25度というニュースがあり、夜の気温はどうなのかなと心配ですが、車中泊は寒さより暑さが大敵です。
寒ければ寝袋に潜ればよいけど、暑いのは窓を開けると蚊が入ってくるし、エアコンは夜中に付けられないし、暑さを凌ぐには大変です。


24日の9時までには岩見沢に移動し、栗沢クラインガルテンの入居手続きをして、約2か月間の岩見沢生活の開始です。
昨年も利用しているため、大体のことは分かっていて、昨年使いきれなかったゴミ袋なども持っていく予定です。


24日の午後には楽天1人予約で岩見沢雉ケ森CCに13時スタートで予約を入れていますが、2人目が入らずに流れそうです。
もし流れた場合は、ゴルフ5美唄コースまで行って、友の会入会手続きに合わせて薄暮ラウンドでもしようかなと思っています。


そんな感じで北海道の初ラウンドはまだ決まっていませんが、翌日の25日には早来CCの北コースをバリューゴルフの1人予約で予定していて、こちらは他県からの旅行者など他に3人の予約が入っていて、成立の見込みが高く、こちらが最初のラウンドになるかもしれません。


最初のラウンドということで、セルフプレーの南コースではなくキャディー付きの北コースにしてみました。


基本的に安価なラウンドをするため、キャディーは付けない方針なのですが、北コースはキャディー付きのみのラウンドのようで、最初だし1回はラウンドしてみたいと思ったコースでもあり決めました。


明日は2時起きなので、今日は早めに寝なければならないけど、果たして眠れるか心配です。
もっとも寝れなくても、途中のSAで仮眠するし、フェリー内では睡眠時間はたっぷりあるので、大丈夫かなと思っています。


明日の日記はスマホからのアップで、フェリー内は電波が届かないのでネットには繋げれません。
レンタルのモバイルWiFIを持ち歩くため、電源さえあればネット環境は準備できるのですが、さすがに日本海の上では電波が入らなそうです。


忘れ物の内容準備して、今日は早めに就寝する予定です。
明日は10時間の高速道路の旅になります。